2024年02月27日

人と話をして、反省自戒する(CLACLA日記)

 今日も、どんよりとした感じが強い。
 朝は雪か霰か、白いものが降っていた。

 寒さが強い。。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気温が下がり、とたんに耳鳴りが増す。
 体調、芳しからず。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分頃に寝床に就く。


 6時台に起きて、amazon music unlimitedでジャン=ピエール・ランパルとジャン=ピエール・ヴァレーズ指揮パリ室内管弦楽団が演奏したベンダのフルート協奏曲ホ短調L2.4、クヴァンツのフルート協奏曲ハ短調、フリードリヒ大王のフルート協奏曲ニ長調から第2楽章を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、しばらく人と話をしたのち、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 反省自戒すること多し。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、小川金男の『皇室の茶坊主』を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルが演奏したワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』第1幕への前奏曲と愛の死を聴き、レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したブラームスの交響曲第1番と第2番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の改稿作業を行ったりする。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月26日

三連休明け(CLACLA日記)

 三連休明け。


 青空は見えつつも、どんよりとした感じも強い。
 小雨もぱらついていた。

 気温はまだまだ低く、寒さを感じる。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度と花粉のトリプルパンチ!!!
 体調、未だよろしからず。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時半過ぎに寝床に就く。


 7時に起きて、amazon music unlimitedでフォルテピアノのバルト・ファン・オールトとウルスラ・デュッチュラーが弾いたモーツァルトの4手のためのピアノ・ソナタハ長調K.521と変ロ長調K.358(186c)を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでオールトとデュッチュラーが弾いたモーツァルトのアダージョとアレグロヘ短調K.594と2台のピアノのためのフーガハ短調K.426を聴いたりしながら、夕飯の準備をすませる。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『遠山の金さん2』第17話の拾い観をする。
 丘みつ子がメインのゲスト。
 ほかに、北原義郎、五味龍太郎らも出演していた。


 夕飯後、amazon music unlimitedでオールトとデュッチュラーが弾いたモーツァルトの2台のピアノのためのソナタニ長調K.448を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の改稿作業を行ったり、小川金男の『皇室の茶坊主』<創元社>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでアルトゥール・ロジンスキー指揮ニューヨーク・フィルが演奏したエネスコのルーマニア狂詩曲第1番、リストのメフィスト・ワルツ第1番、ヴォルフ=フェラーリの歌劇『スザンナの秘密』序曲を聴き、アレクサンドル・ルーディン指揮ウラル・ユース交響楽団が演奏したミヤスコフスキーの交響曲第17番と第20番、レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したブラームスの交響曲第4番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『皇室の茶坊主』を読み進めたりする。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月25日

久しぶりに落語会を愉しんだ(CLACLA日記)

 雨降り。
 どんよりとしたお天気の一日。

 気温は上がらず、じめ寒い。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度と寒さのトリプルパンチ!!!
 体調、今一つ。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたのち、2時少し過ぎに寝床に就く。


 なんと11時過ぎになって起きる。
 体調を崩して以来、睡眠時間が長くなっているのだ。

 午前中から午後にかけて、amazon music unlimitedでレナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したモーツァルトの交響曲第29番と第35番「ハフナー」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、小川金男の『皇室の茶坊主』<創元社>を読み進めたりする。


 12時台に外出し、阪急で河原町へ。
 丸善京都本店で用件を片付け、買い物をしたのち、誓願寺へ。
 四百年前の落語を聞く会を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 出演者の三遊亭はらしょうや月亭天使さんと話をしたほか、はらしょう繋がりの演劇関係の各位とも久しぶりに話をすることができた。
 終了後、観客として来ていたなじみの顔触れで少しコーヒーをのみながら話をし、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『サニー・フランシスのマサララジオ』を聴く。
 今夜も面白し。


 夕飯後、amazon music unlimitedでリヤ・ペトロワとダンカン・ウォード指揮ロイヤル・フィルが演奏したウォルトンのヴァイオリン協奏曲、ペトロワとピアノのアダム・ラルームが演奏したレスピーギのヴァイオリン・ソナタを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の改稿作業を行ったり、『皇室の茶坊主』を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでグイド・カンテッリ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したシューマンの交響曲第4番を聴き、ニュー・ミュージック弦楽4重奏団が演奏したメンデルスゾーンの弦楽4重奏曲第2番と第5番、バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したブラームスの交響曲第3番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『皇室の茶坊主』を読み進めたりする。


 今日は、少しだけ甘いものを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月24日

昼過ぎ、図書館へ行った(CLACLA日記)

 晴天。

 気温は低めで、寒さを強く感じる。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 体調、まだしっくりこない。
 咳込みも続く。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでズビン・メータ指揮フィレンツェ5月音楽祭管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第1番と第2番、KBS京都で霜降り明星のオールナイトニッポンを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたのち、2時直前に寝床に就く。


 9時半に起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。
 その間、CDでチャールズ・グローヴズ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したルロイ・アンダーソンのプリンク・プレンク・プランク!を聴く。

 午前中から午後にかけて、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』、amazon music unlimitedでクリストフ・シュペリング指揮ダス・ノイエ・オルケスター他が演奏したレーガーとマーラーの管弦楽伴奏歌曲集、ギドン・クレーメルとレナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルが演奏したネッド・ローレムのヴァイオリン協奏曲、バーンスタイン指揮フランス国立管弦楽団が演奏したルーセルの交響曲第3番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 14時台に外出し、下京図書館へ。
 借りていた本を返却し、予約しておいた小池水音の『息』<新潮社>と小川金男の『皇室の茶坊主』<創元社>を新たに借りる。
 で、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでルドルフ・ゼルキンが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」と第23番「熱情」を聴き、メータ指揮フィレンツェ5月音楽祭管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」と第4番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の改稿作業を行ったり、『皇室の茶坊主』を読み始めたりする。


 夕飯後、amazon music unlimitedでオイゲン・ヨッフム指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したブルックナーの交響曲第1番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『皇室の茶坊主』を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでジョン・ラター指揮マンチェスター・カメラータが演奏した『クラシカル・トランクウィリティ〜管弦楽編曲集』を聴き、 テノールのクラウス・フロリアン・フォークトがアンサンブル・アハトの伴奏で歌ったシューベルトの歌曲集『美しき水車小屋の娘』、クリストファー・ギルドが弾いたウィリアム・ワーズワースのピアノ独奏曲全集を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『皇室の茶坊主』を読み進めたりする。


 今日は、山崎製パンの小豆の甘納豆を食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月23日

天皇誕生日(CLACLA日記)

 天皇誕生日。
 世は三連休の一日目。
 弥栄弥栄。


 どんよりとした感じが続く。
 青空も見えてはいたが。

 気温も上がらず。
 まだまだ寒い。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 体調、未だ芳しからず。
 咳込みも続いている。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでクイン・グエンが弾いたタイユフェールのピアノ作品集、ジョン・バルビローリ指揮ハレ管弦楽団が演奏したドビュッシーの牧神の午後への前奏曲、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたのち、2時少し前に寝床に就く。


 10時台に起きる。

 午前中から午後にかけて、CDでアルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団が演奏したロッシーニの歌劇『コリントの包囲』序曲、歌劇『セミラーミデ』序曲、歌劇『ウィリアム・テル』序曲、歌劇『アルジェのイタリア女』序曲、ドーマスが演奏したブラームスのピアノ4重奏曲第1番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。

 滝口悠生の『水平線』<新潮社>を読了する。
 読み応えのある作品だった。


 14時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、CDでジョン・ウィリアムズ指揮ボストン・ポップスが演奏したジョン・ウィリアムズ自身のオリンピック・ファンファーレ、映画『11人のカウボーイ』序曲、帝国のマーチ、ミッション・テーマ、『スター・ウォーズ』のメイン・タイトルを聴いたりしながら雑件を片付け、amazon music unlimitedでオットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したストラヴィンスキーのバレエ音楽『プルチネッラ』組曲を聴き、ヴァイオリンのタスミン・リトルとピアノのマーティン・ロスコーが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第8番、第9番「クロイツェル」、第10番、TBSラジオ『ハライチのターン』アフタートークのポッドキャストを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の改稿作業を行ったりする。


 夕飯後、amazon music unlimitedでクシシュトフ・カチカとフェリペ・トリスタン指揮ヤナーチェク・フィルが演奏したライネッケのフルート協奏曲とペンデレツキのフルートと室内オーケストラのための協奏曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。

 入浴後、amazon music unlimitedでマレク・ヤノフスキ指揮ドレスデン・フィルが演奏したシューベルトの交響曲第7番「未完成」と第8番「ザ・グレート」を聴き、ジャン=ニコラ・ディアトキンが弾いたショパンのピアノ・ソナタ第3番と前奏曲全曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 今日は、山崎製パンの吹雪まんを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月22日

山本陽子が亡くなった(CLACLA日記)

 今日もどんよりとしたお天気。

 気温がぐっと下がり、寒さが厳しい。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度と花粉のトリプルパンチ!!!
 咳込み、未だ続く。
 うんざり。


 山本陽子の時代があった。
 日活ニューフェイスの一人として芸能界にデビューしたが、映画の世界では今一つ人気が上がらなかった彼女だけれど、テレビドラマに転じて活躍の幅を広げた。
 また、いわゆる商業演劇の世界でも重要な役回りを演じた。
 山本山のCMが端的に象徴するような、着物の似合うしっとりとした和風の美人という風情。
 しかし、今風の芯の強さもしっかり持っていた。
 『黒革の手帖』の主人公など、強さと弱さ、新しさと古さ、そうした彼女の魅力がよく表れていた。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時半過ぎに寝床に就く。


 7時に起きて、amazon music unlimitedでフォルテピアノのバルト・ファン・オールトとウルスラ・デュッチュラーが弾いたモーツァルトの4手のためのピアノ・ソナタヘ長調K.497とハ長調K.19dを聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 CDで近衛秀麿指揮ベルリン・フィルが演奏したハイドンの交響曲第91番を聴いたりしながら、夕飯の準備をすませる。


 夕飯後、amazon music unlimitedでアントニー・ヴィト指揮ノールショピング交響楽団他が演奏したペンデレツキのトランペット・コンチェルティーノ、ヴァイオリンとヴィオラのための2重協奏曲、交響曲第6番「中国の歌」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の改稿作業を行ったり、滝口悠生の『水平線』<新潮社>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィルが演奏したリストの交響詩『前奏曲』を聴き、ヴァイオリンのタスミン・リトルとピアノのマーティン・ロスコーが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第6番と第7番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『水平線』を読み進めたりする。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月21日

雨降り 咳込む(CLACLA日記)

 雨降り。
 どんよりとしたお天気の一日。

 気温も下がる。
 じめじめとじめ寒し。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 咳込みも続く。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、2時に寝床に就く。


 9時台に起きる。

 午前中から正午過ぎにかけて、amazon music unlimitedでイーゴリ・マルケヴィチ指揮ロンドン交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」、ヴァイオリンのタスミン・リトルとピアノのマーティン・ロスコーが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番「春」、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、滝口悠生の『水平線』<新潮社>を読み進めたりする。


 13時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでピエタリ・インキネン指揮ドイツ放送フィルが演奏したドヴォルザークの交響曲第7番と第8番を聴き、アンドルー・デイヴィス指揮BBCフィルが演奏したストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲(ジェームズ・エーネスの独奏)、ロシア風スケルツォ、組曲第1番と第2番、バレエ音楽『ミューズを率いるアポロ』、ダニエル・バレンボイム指揮シカゴ交響楽団他が演奏したサン・サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、『水平線』を読み進めたりする。


 夕飯後、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 『角田龍平の蛤御門のヘン』は、情報社会学者の塚越健司さんがゲスト出演。

 入浴後、amazon music unlimitedでグイド・カンテッリ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」(1955年録音)を聴き、ヴァイオリンのスーイエ・パクとピアノのローランド・ペンティネンが演奏したシマノフスキの神話、ヴァイオリン・ソナタ、ロマンス、夜想曲とタランテラ、アイタコ・エニアの子守歌、ベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したマーラーの交響曲第10番から第1楽章を聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 今日は、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月20日

朝から霧がひどかった(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気が続く。
 朝から霧がひどかった。

 夕方以降、気温が下がったか。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度と花粉のトリプルパンチ!!!
 体調、よろしからず。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時半過ぎに寝床に就く。


 7時に起きて、amazon music unlimitedでフォルテピアノのバルト・ファン・オールトとウルスラ・デュッチュラーが弾いたモーツァルトの4手のためのピアノ・ソナタニ長調K.381、フーガト短調K. 401、幻想曲ヘ短調K.608、アンダンテと5つの変奏ト長調K. 501を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 夕飯後、amazon music unlimitedでヴァイオリンのタスミン・リトルとピアノのマーティン・ロスコーが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第2番、第3番、第4番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の改稿作業を行ったり、滝口悠生の『水平線』<新潮社>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでグイド・カンテッリ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第29番を聴き、カール・ベーム指揮ウィーン・フィル他が演奏したモーツァルトの歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』全曲(1974年、ザルツブルク音楽祭ライヴ録音)を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『水平線』を読み進めたりする。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月19日

月曜がどんよりとしたお天気はつらいなあ(CLACLA日記)

 雨降り。
 どんよりとしたお天気の一日。

 日中、さらに気温が上がる。
 が、じめじめむしむしとして快ならず。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 体調、まだ芳しからず。
 鼻のぐじゅぐじゅがひどし。
 うんざり。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時10分過ぎに寝床に就く。


 7時に起きて、amazon music unlimitedでフォルテピアノのバルト・ファン・オールトが弾いたモーツァルトの小品集を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時18分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 夕飯後、amazon music unlimitedでヴァイオリンのタスミン・リトルとピアノのマーティン・ロスコーが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第1番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、滝口悠生の『水平線』<新潮社>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでグイド・カンテッリ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したモーツァルトの音楽の冗談を聴き、
ワイス・カプラン・スタンプ・トリオが演奏したベートーヴェンのピアノ3重奏曲第7番「大公」、イーゴリ・マルケヴィチ指揮ロンドン交響楽団が演奏したチャイコフスキーのマンフレッド交響曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『水平線』を読み進めたりする。


 今日も、仕事先でいただいたチョコやお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 月曜がどんよりとしたお天気はつらいなあ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月18日

体調、なかなか快復せず(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはあるも、青空も見える。
 明日はまた雨らしいが。
 うんざり。

 日中、気温も上がる。
 その分、花粉も飛ぶ。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 体調、なかなか快復せず。
 花粉症も徐々に強く出ている。


 世論調査で岸田内閣の支持率が14パーセントで、不支持率が80パーセントを超えたという。
 当然だろう。
 というか、いつまでこういう状況を許容していればよいのか。

 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、1時少し前に寝床に就く。
 KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴こうと思っていたが、ついついうとうとしてしまい、気がつくとほとんど終わりの時間だった。


 10時少し前に起きる。

 午前中から正午過ぎにかけて、amazon music unlimitedでシモーネ・ラムスマとロバート・トレヴィーノ指揮マルメ交響楽団を指揮したラウタヴァーラのファンタジア、イン・ザ・ビギニング、2つのセレナード、失われた風景を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、滝口悠生の『水平線』<新潮社>と灰原薬の『応天の門』13<同>を読み進めたりする。


 12時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでヨハネス・クルンプ指揮エッセン・フォルクヴァンク室内管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第1番、第28番、第41番「ジュピター」を聴き、イーゴリ・マルケヴィチ指揮ロンドン交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第4番、マルケヴィチ指揮ニュー・フィルハーモニア管弦楽団が演奏した幻想序曲『ハムレット』、ワイス・カプラン・スタンプ・トリオが演奏したベートーヴェンのピアノ3重奏曲第5番「幽霊」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたりする。

 『応天の門』13を読了する。
 ああ、面白かった!!!


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『サニー・フランシスのマサララジオ』を聴く。
 今週も面白し。


 夕飯後、amazon music unlimitedでソプラノのアンナ・ルチア・リヒターとヤクブ・フルシャ指揮バンベルク交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第4番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『水平線』を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでオットー・クレンペラー指揮ニュー・フィルハーモニア管弦楽団が演奏したシューマンの交響曲第1番「春」と劇音楽『マンフレッド』序曲を聴き、アニア・ドーフマンが弾いたショパンのワルツ集(14曲)、ワイス・カプラン・スタンプ・トリオが演奏したベートーヴェンのピアノ3重奏曲第6番、MBSラジオのヤンタン日曜日を聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月17日

買い物の前、図書館へ行った(CLACLA日記)

 どんよりとした感じから晴天へ。

 日中、気温が上がる。
 寒暖差がこたえる。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 体調、未だ快復せず。
 花粉症も強くなっている。
 うんざり。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、1時少し前に寝床に就く。

 またぞろ同じマンションの馬鹿がかまびすしい。
 馬鹿は死ぬまで治らない。

 10時少し前に起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。

 午前中から午後にかけて、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』、amazon music unlimitedでインバル・セゲフとマリン・オールソップ指揮ロンドン・フィルが演奏したクラインのダンスとエルガーのチェロ協奏曲、ワイス・カプラン・スタンプ・トリオが演奏したベートーヴェンのピアノ3重奏曲第3番と創作主題による14の変奏曲Op.44を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、滝口悠生の『水平線』<新潮社>を読み進めたりする。


 14時台に外出して下京図書館へ。
 借りていた本を返却し、予約しておいた灰原薬の『応天の門』13<同>を新たに借りる。
 で、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでゲルハルト・マルクソン指揮アイルランド国立交響楽団が演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『マクベス』と交響詩『英雄の生涯』、デヴィッド・ジンマン指揮ピッツバーグ交響楽団が演奏したダニエルプールの管弦楽のための協奏曲とアニマ・ムンディ、ワイス・カプラン・スタンプ・トリオが演奏したベートーヴェンのワイス・カプラン・スタンプ・トリオが演奏したベートーヴェンのカカドゥ変奏曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、『応天の門』13を読み始めたりする。


 夕飯後、NHK・FMの『クラシックの迷宮』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『水平線』と『応天の門』13を読み進めたりする。
 『クラシックの迷宮』は、先ごろ亡くなった小澤征爾を偲ぶ特集で、小澤征爾がNHK交響楽団を指揮したメシアンのトゥランガリラ交響曲などが放送されていた。

 入浴後、amazon music unlimitedでクラウディオ・アラウとアルチェオ・ガリエラ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を聴き、イーゴリ・マルケヴィチ指揮ロンドン交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第3番「ポーランド」、マルケヴィチ指揮ニュー・フィルハーモニア管弦楽団が演奏したチャイコフスキーの幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』、スイス・チェンバー・ソロイスツが演奏したチェルハのヘルダーリンの8つの断章、オーボエ5重奏曲、9つのバガテル、シギスヴァルト・クイケンさん指揮エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団が演奏したハイドンの交響曲第82番「熊」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月16日

焦っても仕方ない(CLACLA日記)

 晴天へ。

 気温が下がり、寒さが厳しい。
 寒暖差がこたえる。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 体調、なかなか快復せず。
 休めということだ、これは。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、1時50分に寝床に就く。


 10時20分過ぎに起きる。
 近頃にない朝寝坊。
 それだけ、身体の調子がよくないということだろう。

 午前中から午後にかけて、ABCラジオの『きっちり!まったり!桂吉弥です』、amazon music unlimitedでアンドルー・マンゼ指揮ハノーヴァーNDRフィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第5番と第7番、ワイス・カプラン・スタンプ・トリオが演奏したベートーヴェンのピアノ3重奏曲第2番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、滝口悠生の『水平線』<新潮社>を読み進めたりする。


 14時台に外出して用件を片付けたのち、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでイーゴリ・マルケヴィチ指揮ロンドン交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第1番「冬の日の幻想」と第2番「ウクライナ」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『水平線』を読み進めたりする。


 夕飯後、amazon music unlimitedでヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルが演奏したラヴェル編曲によるムソルグスキーの組曲『展覧会の絵』(1986年録音)を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『水平線』を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでアリエル・カルテットが演奏したブラームスの弦楽4重奏曲第2番とバルトークの弦楽4重奏曲第1番、クリストフ・エッシェンバッハとティモス・カルテット他が演奏したシューベルトのピアノ5重奏曲「ます」他、アコーディオンのニコラ・ジョリチとマンハイム・プファルツ選帝侯室内管弦楽団が演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのチェンバロ協奏曲ト短調BWV1058とニ短調BWV1052、ピアソラのバンドネオン協奏曲「アコンガグア」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『水平線』を読み進めたりする。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 焦っても仕方ない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月15日

よく降るなあ(CLACLA日記)

 雨降り。

 じめじめとして快ならず。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!!
 体調、未だよろしからず。
 本当は予定があって有給をもらったが、仕方ない。
 あえてだらだらと過ごすことに決める。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、1時半過ぎに寝床に就く。


 9時台に起きる。

 午前中から午後にかけて、amazon music unlimitedでエルヴェ・ニケ指揮ル・コンセール・スピリチュエル他が演奏したヴィヴァルディのグローリアニ長調RV589、詩篇第121篇「われ喜びに満てり」RV607、マニフィカトト短調RV610a、詩篇第147篇「エルサレムよ、主を讃めたたえよ」RV609、ABCラジオの『ますだおかだ増田のラジオハンター』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 ヴィヴァルディは、女声合唱と弦楽合奏による演奏。
 正直、物足りない。
 というか、そもそも合唱曲自体それほど積極的に聴かないのに、女声のみの合唱やら男声のみの合唱やらには全く食指が動かない。


 身体がだるく、うとうとしながらNHK・FMの『クラシック・カフェ』を久しぶりに聴く。
 なんとかという合成音のような読み方をする女性はだいぶん前に辞めたらしい。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでペーター・シュライア一指揮カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ室内管弦楽団他が演奏したモーツァルトの歌劇『カイロの鵞鳥』、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル他が演奏したベートーヴェンの劇音楽『レオノーレ・プロハスカ』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、滝口悠生の『水平線』<新潮社>を読み進めたりする。
 未完のオペラ『カイロの鵞鳥』は、モーツァルトの没後200年を記念して1990年に録音されたエリック・スミスによる編集稿。
 手元にCDがあって、何度も繰り返し聴いたものだった。
 指揮者で歌い手の一人でもあるシュライアーやディートリヒ・フィッシャー=ディースカウなど達者な歌手陣揃い。
 ただ、amazon music unlimitedには尻切れトンボの箇所があるのが残念。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『天を斬る』第13話の拾い観をする。


 夕飯後、amazon music unlimitedでレナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・スタジアム交響楽団が演奏したブラームスの交響曲第4番、カメラータ・バキエンシスが演奏したテレマン、モルターのフルート、オーボエによる4重奏曲集、ベン・キムとコンセルトヘボウ室内管弦楽団が演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第17番と第23番、ワイス・カプラン・スタンプ・トリオが演奏したベートーヴェンのピアノ3重奏曲第1番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『水平線』を読み進めたりする。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 夜になって、雨が激しく降る。
 よく降るなあ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月14日

地震が起きた(CLACLA日記)

 晴天が続く。
 いいお天気、いい青空の一日。

 日中、さらに気温が上がる。。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 花粉のせいもあって、体調未だ不調なり。
 鼻はぐじゅつき喉は枯れる。
 どうにもこうにも。


 伏見を震源とする地震が発生した。
 仕事中だったので、そこまで驚かずにすんだが、自分のマンションだったら慌てふためいてしまったのではないか。
 能登半島地震の際にも恐怖を感じたが。
 他人事ではない。

 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時少し前に寝床に就く。
 昨日ほどではないが、何度か目が醒める。


 7時に起きて、amazon music unlimitedでフォルテピアノのバルト・ファン・オールトが弾いたモーツァルトの小品集を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 バレンタインデーということで、チョコやお菓子をいただく。
 ありがたいかぎり。


 夕飯後、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、滝口悠生の『水平線』<新潮社>を読み進めたりする。


 入浴後、amazon music unlimitedでアラン・トゥルーデル指揮ラヴァル交響楽団が演奏したレスピーギの組曲『鳥』、日没(イザベル・バイラクダリアンのソプラノ独唱)、ボッティチェッリの三幅対、リュートのための古風な舞曲とアリア組曲第1番、クリスチャン・レッタが弾いたベートーヴェンのディアベッリの主題による変奏曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品の第1稿を完成させる。


 今日は、仕事先でいただいたチョコやお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月13日

4連休明け 花粉禍のスタート(CLACLA日記)

 4連休明け。


 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 朝は冷えるも、日中は気温が上がる。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 体調、非常によろしからず。
 花粉禍のスタートなり。
 うんざり。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、CDでクリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックが演奏したハイドンの交響曲第77番と第76番を聴き、21時過ぎには寝床に就く。
 が、細切れ睡眠でしっかり眠れた感じはせず。


 6時台に起きて、amazon music unlimitedでフォルテピアノのバルト・ファン・オールトが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第16番、歌劇『後宮からの逃走』序曲他小品集を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時25分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 夕飯後、amazon music unlimitedでヘルマン・クレバースとベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲、リヒャルト・シュトラウスの交響詩『ドン・ファン』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。

 灰原薬の『応天の門』12<新潮社>を読了する。
 ああ、面白かった!!
 まだ文章を読む気力も書く気力もなし。


 入浴後、amazon music unlimitedでグイド・カンテッリ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌを聴き、トリオ・オリゴが演奏したベートーヴェンのクラリネット チェロとフォルテピアノのための3重奏曲変ロ長調Op.11「街の歌」と変ホ長調Op.38(7重奏曲Op.20の編曲)を聴いたりしながら作業を進める。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月12日

体調不良(CLACLA日記)

 花粉症の発症などで、昨日今日と体調不良が続く。
 うんざり。


 14時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅する。


 夕方になって、amazon music unlimitedでレナード・バーンスタインがウィーン・フィルを弾き振りしたモーツァルトのピアノ協奏曲第17番を聴いたりしながら夕飯の準備をすませる。

 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『遠山の金さん2』第15話の拾い観をする。
 瞳順子、水上保広(阪東妻三郎の子息)、森幹太、岩尾正隆、結城市朗(山本一郎名義)、子役の福田信義がゲストで出演。

 夕飯後、amazon music unlimitedでバーンスタイン指揮ニューヨーク・スタジアム交響楽団が演奏したシューマンの交響曲第2番を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 今日は、抹茶カステラを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月10日

今日も図書館へ行った(CLACLA日記)

 青空も見えてはいたが、どんよりとした感じが強し。
 雨も降る。

 日中、気温が上がる。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチへ…。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでドミニク・ケリが弾いたリストの3つのシューベルトの行進曲、シューベルトの4手のための「ハンガリー風ディヴェルティメント」からのハンガリーのメロディ、シューベルト:ウィーンの夜会 - 第6曲、フォルテピアノのバルト・ファン・オールトが弾いたモーツァルトの前奏曲とフーガK.394、ピアノ・ソナタ第15番、組曲K.399、ジーグ「ライプツィヒ・ジーグ」K.574、KBS京都で霜降り明星のオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 9時台に起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。
 その間、CDでアルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団が演奏したロッシーニの歌劇『ブルスキーノ氏』序曲を聴く。

 その後、午前中から午後にかけて、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』、amazon music unlimitedでソプラノのアドリアンヌ・ピエチョンカがウルフ・シルマー指揮ミュンヘン放送管弦楽団の伴奏で歌ったワーグナーのアリア集とヴェーゼンドンク歌曲集、リヒャルト・シュトラウスのアリア集、シュロモ・ミンツとクラウディオ・アバド指揮シカゴ交響楽団楽団が演奏したメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、レナード・バーンスタインがロサンゼルス・フィルを弾き振りしたガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルー他を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、滝口悠生の『水平線』<新潮社>と灰原薬の『応天の門』11<同>を読み進めたりする。


 14時過ぎに外出して仕事関係の予定をすませ、ついでに下京図書館へ。
 予約しておいた灰原薬の『応天の門』12<同>を新たに借りる。
 で、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedで小澤征爾指揮シカゴ交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第5番とムソルグスキーの交響詩『はげ山の一夜』を聴き、小澤征爾指揮シカゴ交響楽団が演奏したリムスキー=コルサコフの交響組曲『シェエラザード』とボロディンの歌劇『イーゴリ公』から「だったん人の踊り」、レナード・バーンスタイン指揮イスラエル・フィルが演奏したストラヴィンスキーの交響曲ハ調と3楽章の交響曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、作品の改稿作業を行ったり、『水平線』を読み進めたりする。

 『応天の門』11を読了し、12を読み始める。
 面白いので、ついつい読み進めてしまう。


 夕飯後、NHK・FMの『クラシックの迷宮』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『水平線』を読み進めたりする。
 『クラシックの迷宮』は、「混迷の時代の“雪解けクラシック”」と題し、いわゆる雪解け時代に旧ソ連を訪れた西側諸国の音楽家たちによる演奏記録を特集していた。

 入浴後、amazon music unlimitedで小澤征爾指揮水戸室内管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第1番とピアノ協奏曲第1番(マルタ・アルゲリッチの独奏)を聴き、ウィリアム・スタインバーグ指揮ボストン交響楽団他が演奏したホルストの組曲『惑星』、アンドラーシュ・ケラー指揮コンチェルト・ブダペストが演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『水平線』と『応天の門』12を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月09日

小澤征爾に関する覚え書き(CLACLA日記)

 晴天。
 いい青空、いいお天気の一日。

 日中、気温も少し上がったか。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 頭も身体も重たし。


 結局、小澤征爾の実演に接することはできなかった。
 当然、機会がなかったわけではないが、どこかで躊躇したのは、日本フィル分裂に際する彼の行動にどうしてもぬぐい切れない不信というか、すっきりとしない感情を抱いていたからだ。
 思想信条的にも、僕は小澤さんや山本直純が結成した新日本フィルより、日本フィルの側に立っていた。
 だから、落合陽一のような人物が関係するようになった今の日本フィルには、かつてほどのシンパシーは感じていない。
 小澤征爾が世界的な指揮者であることは言われずともわかっているし、彼の遺した録音の中のいくつかは非常に魅力的なものだとも思う。
 日本ばかりか、アジアにとっても、小澤さんがクラシック音楽の世界で果たした役割はあまりにも大きいものだろう。
 五族協和の旗印を心底信じていたアジア主義者小澤開作の子として旧満洲で生まれた彼にとって、それは大いなる名誉でもあったろう。
 小澤さんは後輩の育成にも熱心だった。
 実演に接することはなかったが、齋藤友香理や三ツ橋敬子が指揮をした2009年の小澤征爾音楽塾の発表コンサートで、観客席から若い指揮者へステージマナーを教えていたのを目にして、彼らしいなと感じたものだ。
 小澤さんの人生の後半は闘病の連続だった。
 それでも、なんとか現役であろうともがき続けた小澤さんの姿を目にするのは、正直辛かった。
 井上道義が余力を残す中で引退を決めたのも、先輩である小澤征爾のあり様に対する強い想いの表れではないか。
 特に、2022年11月に小澤さんが指揮したベートーヴェンの『エグモント』序曲を目にし耳にしたときは、なんともたまらない感情に囚われた。
 もしそれでも演奏するならば、師の斎藤秀雄が亡くなる直前に指揮したモーツァルトのディヴェルティメントK.136の第2楽章にすればよいのにとも思った。
 けれど、小澤さんはまだ現役でありたいと念じていたのかもしれない。
 昨年、「小澤征爾が亡くなった」と知る夢を見た。
 88歳の死は、彼自身にとってはまだまだ早過ぎるものだったのではないか。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでフォルテピアノのバルト・ファン・オールトが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第11番「トルコ行進曲付き」、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、1時40分に寝床に就く。


 7時台に起きて、CDでアルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団が演奏したロッシーニの歌劇『セビリャの理髪師』序曲、歌劇『ラ・チェネレントラ』序曲、歌劇『どろぼうかささぎ』序曲を聴き、準備をすませたのち8時台に外出する。

 で、かかりつけの病院で診察してもらい、買い物をすませてからスギ薬局で薬を受け取り帰宅した。


 帰宅後、午前中から午後にかけて、ABCラジオの『きっちり!まったり!桂吉弥です』、amazon music unlimitedでオールトが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第12番、アナ・ベアトリス・マンサニーリャ指揮カメラータ・アトランティカが演奏したアゼヴェードの弦楽のためのシンフォニエッタ、フラゴーソのロマンティック協奏曲から第1楽章「前奏曲」(マンサニーリャの独奏)、アゼヴェードの弦楽のための音楽〜ベーラ・バルトークの思い出に、ブラガ・サントスの弦楽のための協奏曲、園子ミリアム・ヴェルデとタビタ・ベルグルンド指揮オスロ・フィルが演奏したブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番とヴォーン・ウィリアムズの揚げひばり、園子ミリアム・ヴェルデとジョシュア・ワイラースタイン指揮オスロ・フィルが演奏したバーバーのヴァイオリン協奏曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 15時台に再び外出し、下京図書館へ。
 借りていた本を返却し、予約しておいた滝口悠生の『水平線』<新潮社>と灰原薬の『応天の門』11<同>を新たに借りる。
 そのあと、京都芸術センターで用件を片付け、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでクラウディオ・アラウとアルチェオ・ガリエラ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したウェーバーのピアノと管弦楽のためのコンツェルトシュテュックを聴き、メゾソプラノのクリスタ・ルートヴィヒがジェフリー・パーソンズのピアノ伴奏で歌ったブラームスの歌曲集(16曲、1969年録音)、クルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が演奏したメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」、バリトンのホーカン・ハーゲゴードがマズア指揮ニューヨーク・フィルの伴奏で歌ったマーラーのさすらう若人の歌、TBSラジオの『ハライチのターン』アフタートークのポッドキャストを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、作品の改稿作業を行ったり、『水平線』と『応天の門』11を読み始めたりする。


 夕飯後、amazon music unlimitedでヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮フィラデルフィア管弦楽団が演奏したハイドンのトランペット協奏曲(デヴィッド・ビルジャーの独奏)と交響曲第86番、小澤征爾指揮ウィーン・フィル他が演奏したモーツァルトの歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』冒頭部分を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『水平線』を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedで小澤征爾指揮シカゴ交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第5番とシューベルトの交響曲第7番「未完成」を聴き、小澤征爾指揮パリ管弦楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第4番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 今日は、山崎製パンの小豆の甘納豆を食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月08日

眼鏡を忘れた(CLACLA日記)

 ようやく晴れたなと思ったら、またぞろどんよりとしたお天気へ。
 なかなかすっきりとしない。

 寒さもまだまだ厳しい。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 体調、芳しからず。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、日付が変わる少し前に寝床に就く。


 7時ちょうど起きて、amazon music unlimitedでフォルテピアノのバルト・ファン・オールトが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第7番、サルティの歌劇『二人が争えば3人目が得をする』のミンゴーネのアリア「子羊のように」による8つの変奏曲K.460 (454a)、「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲(きらきら星変奏曲)K. 265、クラヴィーアのための8つのメヌエットとトリオK.315g聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 いつもと別に眼鏡を置いていて、仕事先に持って行くのを忘れてしまった。
 なんとか裸眼で乗り切ったものの、首、肩、背中のこり、はり、痛みが今日一日で一気に増してしまった。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『天を斬る』第12話の拾い観をする。


 夕飯後、amazon music unlimitedでオールトが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第8番と第9番、6つのドイツ舞曲K.509を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の改稿作業を行ったりする。

 井上荒野の『僕の女を探しているんだ』<新潮社>を読了する。
 『愛の不時着』へのオマージュとして執筆された連作短篇集。
 『愛の不時着』を観たことはないが、面白かった。


 入浴後、amazon music unlimitedでテノールのリチャード・タッカーがファウスト・クレーヴァ指揮コロンビア交響楽団の伴奏で歌ったプッチーニのオペラ・アリア集を聴き、飯森範親指揮日本センチュリー交響楽団が演奏したハイドンの交響曲第67番、第68番、第11番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月07日

今日は遠出をせず(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはあるも、青空が見えた。

 まだまだ寒い。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでステンハンマル・カルテットが演奏したステンハンマルの弦楽4重奏曲第1番、第2番、第3番、第4番、組曲『ロドレッシの歌』からエレジーと間奏曲、KBS京都であののオールナイトニッポン0を聴いたりしながら作業を進めたのち、4時過ぎに寝床に就く。


 9時40分過ぎに起きる。

 午前中から正午過ぎにかけて、amazon music unlimitedでステンハンマル・カルテットが演奏したステンハンマルの弦楽4重奏曲第5番「セレナード」、ヘ短調、第6番、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、井上荒野の『僕の女を探しているんだ』<新潮社>を読み進めたりする。。


 13時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでが演奏したマルティン・ヴァルベルグ指揮オルケルテル・ノルドが演奏したモーツァルトの交響曲第25番、グレトリーの組曲『セファールとプロクリス』、モーツァルトの劇音楽『エジプト王タモス』組曲を聴き、カール・ベーム指揮ウィーン・フィル他が演奏したヒンデミットの木管とハープのための協奏曲、ブルックナーの交響曲第7番(1964年9月6日/ルツェルン・クンストハウス、ライヴ録音)、ジャン・マルティノン指揮パリ音楽院管弦楽団が演奏したアダンのバレエ音楽『ジゼル』、フォルテピアノのバルト・ファン・オールトが弾いたロンドニ長調K.485、ピアノ・ソナタ第5番、ロンドイ短調K.511、ピアノ・ソナタ第6番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、作品の改稿作業を行ったり、『僕の女を探しているんだ』を読み進めたりする。


 夕飯後、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『僕の女を探しているんだ』を読み進めたりする。
 『角田龍平の蛤御門のヘン』のゲストは、剃刀負け弁護士軍団の長谷川さんと大谷さん。

 入浴後、amazon music unlimitedでジョン・バルビローリ指揮ロンドン交響楽団が演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『英雄の生涯』を聴き、トリオ・メトラルが演奏したショーソンのピアノ3重奏曲とラヴェルのピアノ3重奏曲、テノールのリチャード・タッカーとソプラノのアイリーン・ファーレルがファウスト・クレーヴァ指揮コロンビア交響楽団の伴奏で歌ったヴェルディのオペラ・デュエット集を聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 今日は、山崎製パンのアーモンドカステラを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 今日は遠出をせず。
 朝からの予定も変更した。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月06日

人と話をすると刺激を受けるし、愉しい(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気が続く。
 朝は小雨もぽつぽつと降っていた。
 が、16時頃になってようやく青空が見える。

 まだまだ寒い。
 関東は今日も雪だった。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 頭と身体が重たし。
 首、肩、背中のこり、はり、痛みがひどい。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、CDで福田進一が弾いた武満徹編曲によるギターのための12の歌から「星の世界」と「インターナショナル」を聴き、23時40分台に寝床に就く。


 7時ちょうど起きて、amazon music unlimitedでフォルテピアノのバルト・ファン・オールトが弾いたモーツァルトの12の変奏曲K. 500、デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲K. 573、「女ほどすばらしいものはない」による8つの変奏曲K. 613聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、帰りがけしばらく人と話をし、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 年齢の上下を問わず、信頼のおける人と話をするといろいろと刺激を受けるし、愉しい。
 多謝。


 入浴後、amazon music unlimitedでヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィルが演奏したスメタナの交響詩『モルダウ』を聴き、オールトが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第1番、フィッシャーのメヌエットによる12の変奏曲K. 179 (189a)、ピアノ・ソナタ第2番、サリエリの「わがいとしのアドーネ」による6つの変奏曲K. 180、ピアノ・ソナタ第3番と第4番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の改稿作業を行ったり、井上荒野の『僕の女を探しているんだ』<新潮社>を読み進めたりする。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月05日

朝、強く雨が降っていた(CLACLA日記)

 夜から朝にかけて雨が降る。
 朝も強く降っていた。
 小粒の霰もまじっていたのではないか。
 夕方になって、ようやく雨はやんだ。

 じめじめとしてじめ寒い。
 関東は雪らしい。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 体調、今一つ。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、日付が変わる少し前に寝床に就く。


 7時ちょうど起きて、amazon music unlimitedでフォルテピアノのバルト・ファン・オールトが弾いたモーツァルトのN. ドゼードの「リゾンは森で眠っていた」による9つの変奏曲K. 264 (315d)、「美しいフワンソワーズ」の主題による12の変奏曲K. 353、ボーマルシェの歌劇『セヴィリアの理髪師』のロマンス「私はランドール」による12の変奏曲K. 354を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時16分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『遠山の金さん』2の第14話の拾い観をする。
 メインのゲストは大和田獏。
 ヒロインで小林かおり。
 悪役で稲葉義男、石山雄大、成瀬正孝、有川正治も出演していた。


 夕飯後、amazon music unlimitedでオールトが弾いたモーツァルトのグレトリの歌劇『サムニウム人の結婚』の合唱曲「愛の神」による8つの変奏曲K. 352、パイジエッロの歌劇『哲学者気取り』の「主に幸あれ」による6つの変奏曲K. 398 (416e)、クラリネット5重奏曲の終楽章の主題による6つの変奏曲K. 581/K. Anh. 137、グルックの『メッカの巡礼』による10の変奏曲K. 455を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の改稿作業を行ったり、井上荒野の『僕の女を探しているんだ』<新潮社>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでグイド・カンテッリ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したチャイコフスキーの幻想序曲『ロメオとジュリエット』とワーグナーのジークフリート牧歌を聴き、トリオ・ツィンマーマンが演奏したベートーヴェンの弦楽3重奏曲第2番、第3番、第4番、ミヒャエル・ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団が演奏したラヴェルのラ・ヴァルスを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『僕の女を探しているんだ』を読み進めたりする。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 絶望は虚妄である、希望がそうであるように。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月04日

京都市長選の投開票日(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空へ。
 ただし、明日は雨らしい…。

 日中もまだ寒い。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 右膝、痛し。
 そして、どうやら花粉が飛び始めているような…。
 頭と身体が重たい。


 京都市長選の投票日。
 前橋市長選では、野党候補が勝利した。

 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、2時40分台に寝床に就く。


 9時半過ぎに起きる。

 午前中から正午過ぎにかけて、amazon music unlimitedでロリン・マゼール指揮ベルリン放送交響楽団が演奏したファリャのバレエ音楽『恋は魔術師』(グレース・バンブリーのメゾソプラノ独唱)とバレエ音楽『三角帽子』組曲、ストラヴィンスキーの交響詩『夜鳴きうぐいすの歌』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。

 ジェフリー・ロバーツの『スターリンの図書室』<白水社>を読了する。
 その蔵書に遺した書き込みなどを通して、スターリンの思考志向嗜好について考察した一冊。
 いろいろと想い、いろいろと考える。


 13時過ぎに外出して京都市長選の投票をすませてから、下京図書館へ。
 借りていた本を返却し、予約しておいた井上荒野の『僕の女を探しているんだ』<新潮社>を新たに借りる。
 で、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでハンス・ペーター・オクセンホファー指揮フィルハーモニック・アンサンブル・ウィーン“モーツァルティステン”が演奏したハイドンの交響曲第101番「時計」、モーツァルトの弦楽のためのアダージョとフーガ、シューベルトの交響曲第5番を聴き、ピエール・モントゥー指揮ウィーン・フィルが演奏したハイドンの交響曲第101番「時計」、モントゥー指揮ロンドン交響楽団が演奏したブラームスのハイドンの主題による変奏曲、マゼール指揮フランス国立放送管弦楽団他が演奏したラヴェルの歌劇『子供と魔法』と歌劇『スペインの時』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、作品の改稿作業を行ったり、『僕の女を探しているんだ』を読み始めたりする。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『サニー・フランシスのマサララジオ』を聴く。
 今回も面白し。


 夕飯後、amazon music unlimitedでマリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したシベリウスの交響曲第1番、ブリテンの青少年のための管弦楽入門、ウェーベルンの夏風の中でを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『僕の女を探しているんだ』を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第5番を聴き、マゼール指揮ベルリン放送交響楽団が演奏したストラヴィンスキーのバレエ音楽『火の鳥』組曲、イーゴリ・マルケヴィチ指揮ロンドン交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第5番、MBSラジオのヤンタン日曜日を聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 今日は、山崎製パンの小豆甘納豆を食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 京都市長選は福山和人候補と接戦の末、自公立民の推す松井孝治候補が勝利した。
 いろいろと想い、いろいろと考えることあり。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月03日

明日は必ず投票に行く!!(CLACLA日記)

 節分。


 どんよりとした感じから晴天へ。
 が、再びどんよりとした感じへ。
 雨も降る。

 日中もまだ寒い。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 頭と身体が重たし。


 京都市長選の選挙戦最終日。
 明日は必ず投票に行く!!

 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでフィリップ・チウが弾いたピアノ独奏版によるラヴェルの弦楽4重奏曲、バーバラ・アシギナークの多彩なる虫たち、ピアノ独奏版によるラヴェルのバレエ音楽『マ・メール・ロワ』、レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したベートーヴェンのバレエ音楽『プロメテウスの創造物』抜粋を聴いたりしながら作業を進めたり、ジェフリー・ロバーツの『スターリンの図書室』<白水社>を読み進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 9時半過ぎに起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。
 その間、CDでバリトンのヘルマン・プライがヴォルフガング・サヴァリッシュのピアノ伴奏で歌ったシューベルトの『冬の旅』からおやすみ、菩提樹、郵便馬車を聴く。

 午前中から午後にかけて、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』、amazon music unlimitedでバーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したショスタコーヴィチの交響曲第6番と第9番、モーツァルトの交響曲第25番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、ジェフリー・ロバーツの『スターリンの図書室』<白水社>を読み進めたりする。


 14時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでエリザベート・レオンスカヤとミヒャエル・ザンデルリンク指揮ルツェルン交響楽団が演奏したシューマンのピアノ協奏曲とグリーグのピアノ協奏曲を聴き、ベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したブルックナーの交響曲第1番(1976年ライヴ録音)、リッカルド・シャイー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したブルックナーの交響曲第2番(1990年ライヴ録音)、シュロモ・ミンツとクラウディオ・アバド指揮シカゴ交響楽団が演奏したブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、作品の改稿作業を行ったり、『スターリンの図書室』を読み進めたりする。


 夕飯後、NHK・FMの『クラシックの迷宮』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『スターリンの図書室』を読み進めたりする。
 『クラシックの迷宮』は「山田太一・木下恵介・木下忠司」と題し、彼ら三人にまつわる音楽が放送されていた。
 昨年亡くなった山田太一の追悼を兼ねた特集である。
 片山杜秀らしい着目で実に面白い。

 入浴後、amazon music unlimitedでヴェルナー・エールハルト指揮ラルテ・デル・モンドが演奏したシュペルガーの交響曲第26番、第21番、第34番を聴き、朝比奈隆指揮大阪フィルが演奏したブラームスの交響曲第1番と第2番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 今日は、山崎製パンの千鬼まんを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月02日

早く『応天の門』の続きを読みたいなあ(CLACLA日記)

 どんよりとした感じから青空へ。

 まだまだ寒い。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 頭と身体が重たし。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでマルティン・シュタットフェルトとネヴィル・マリナー指揮アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズが演奏したメンデルスゾーンのピアノ協奏曲第1番、シュタットフェルトが弾いた厳格な変奏曲と無言歌集抜粋を聴いたりしながら作業を進めたり、ジェフリー・ロバーツの『スターリンの図書室』<白水社>を読み進めたのち、4時少し前に寝床に就く。

 灰原薬の『応天の門』9<新潮社>を読了する。
 ああ、面白かった!!!


 8時台に起きる。

 午前中から午後にかけて、CDでベルリン・フィル8重奏団員が演奏したブラームスの弦楽5重奏曲第1番から第1楽章、小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラが演奏したブラームスのハンガリー舞曲第5番と第6番を聴き、ABCラジオの『きっちり!まったり!桂吉弥です』、amazon music unlimitedでラン・シュイ指揮シンガポール交響楽団が演奏したスクリャービンの交響曲第4番「法悦の詩」、エフゲニー・スドビンが弾いたスクリャービンのピアノ・ソナタ第5番、スドビンとシュイ指揮シンガポール交響楽団他が演奏したスクリャービンの交響曲第5番「プロメテウス」、東京六人組が演奏したリヒャルト・シュトラウスの楽劇『サロメ』から7つのヴェールの踊り、ダンディのサラバンドとメヌエット、ラヴェルのラ・ヴァルス、ハチャトゥリアンのバレエ音楽『ガイーヌ』からレズギンカを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、ジェフリー・ロバーツの『スターリンの図書室』<白水社>を読み進めたり、『応天の門』10を読み始めたりする。


 14時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第1番を聴き、メゾソプラノのクリスタ・ルートヴィヒがジェラルド・ムーアのピアノ伴奏で歌ったシューベルト、ブラームス、ヴォルフ、リヒャルト・シュトラウス、マーラーの歌曲集(1957年録音)、クラウディオ・アバド指揮シカゴ交響楽団が演奏したプロコフィエフのスキタイ組曲『アラーとロリー』と交響組曲『キージェ中尉』、TBSラジオの『ハライチのターン』アフタートークのポッドキャストを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の改稿作業を行ったり、『スターリンの図書室』を読み進めたりする。

 『応天の門』10を読了する。
 ああ、面白かった!!!
 早く続きが読みたいなあ。


 夕飯後、amazon music unlimitedでグレゴール・ピアティゴルスキーとユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団が演奏したドヴォルザークのチェロ協奏曲とブルッフのコル・ニドライを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、『スターリンの図書室』を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでテノールのマウロ・ペーターがヘルムート・ドイチュのピアノ伴奏で歌ったシューマンの歌曲集(『詩人の恋』他)を聴き、朝比奈隆指揮大阪フィルが演奏したブラームスの交響曲第4番、ソプラノのアンネリーゼ・ローテンベルガーとロベルト・ヘーガー指揮バイエルン放送交響楽団他が演奏したシューベルトの劇音楽『キプロスの女王ロザムンデ』全曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めた。


 今日は、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月01日

今日から2月(CLACLA日記)

 今日から2月。
 今年もまだ11か月近くあると思っておこう。
 一日一日を大切にして、為したいこと為すべきことを為していく。
 そして、死を絶対に忘れないこと。


 どんよりとしたお天気から晴天へ。

 じめじめとしてあまり快ならず。
 夕方以降、寒さが厳しくなる。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 頭と身体が重たし。
 左目のぴくぴくはだいぶん治まってきたか。
 その代わり、偏頭痛が時折ある。
 悪い病気ではないかと心配だ。
 まだまだ死にたくない。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分台に寝床に就く。


 7時ちょうど起きて、amazon music unlimitedでソプラノのソフィー・カルトホイザーが大野和士指揮ラ・モネ交響楽団の伴奏で歌ったモーツァルトのアリア集を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、帰りがけ1時間ほど人と話をし、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『天を斬る』第11話の拾い観をする。
 メインのゲストは月形龍之介。
 その関係か、息子の月形哲之介も出演していた。
 ほかに、住吉正博や平沢彰も出演。


 夕飯後、amazon music unlimitedでデイヴィッド・ベイツ指揮ラ・ヌオヴァ・ムジカ他が演奏したパーセルの歌劇『ダイドーとイニーアス』、レナード・バーンスタイン指揮ロサンゼルス・フィルが演奏したバーバーの弦楽のためのアダージョ、バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したベートーヴェンの序曲『コリオラン』と劇音楽『エグモント』序曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、2月の創作について考えたのち新しい作品を書き進めたり、ジェフリー・ロバーツの『スターリンの図書室』<白水社>と灰原薬の『応天の門』9<新潮社>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでヴァイオリンのイザベル・ファウスト他が演奏したシューマンのピアノ4重奏曲とピアノ5重奏曲を聴き、テノールのクラウス・フロリアン・フォークトがゲリット・プリースニッツ指揮ミュンヘン放送管弦楽団の伴奏で歌ったオペレッタ&ミュージカル愛唱曲集『フェイヴァリッツ』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 なんだかもう花粉が飛んでいるのではと感じる。
 まだ2月だし、まだ寒いけれど。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月31日

今日で1月が終わる(CLACLA日記)

 今日で1月が終わる。
 一日一日を本当に大切にしていかなければ。
 そして、死を絶対に忘れないこと。


 雨降り。
 どんよりとしたお天気の一日。

 じめじめとしてじめ寒い。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 左目の下のぴくぴくも続き、偏頭痛もある。
 まだまだ死にたくない。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでテノールのヴィットリオ・グリゴーロがピエール・ジョルジョ・モランディ指揮パルマ・レージョ歌劇場管弦楽団の伴奏で歌ったオペラ・アリア集『ジ・イタリアン・テナー』、ピアノのオルガ・シェプスとクス・カルテットが演奏したヴァインベルクのピアノ5重奏曲を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時20分過ぎに寝床に就く。


 朝早くからいくつか予定をすませる。

 その後、午前中から正午過ぎにかけて、amazon music unlimitedでアンドリュー・デイヴィス指揮メルボルン交響楽団が演奏したユージン・グーセンスの幻想協奏曲(タスミン・リトルのヴァイオリン独奏)と交響曲第2番、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、ジェフリー・ロバーツの『スターリンの図書室』<白水社>を読み進めたりする。


 12時台に外出し、仕事関係の用件を片付け、下京図書館へ。
 借りていた本を返却し、予約しておいた灰原薬の『応天の門』9と10<ともに新潮社>を新たに借りる。
 で、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンが演奏したモーツァルトのセレナード第9番「ポストホルン」と交響曲第35番「ハフナー」他を聴き、トマス・ダウスゴー指揮スウェーデン室内管弦楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」と幻想序曲『ロメオとジュリエット』、エドワード・ガードナー指揮BBC交響楽団が演奏したウォルトンの交響曲第1番とヴァイオリン協奏曲(リトルの独奏)、レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したハイドンの主題による変奏曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたのち1月の創作について振り返ったり、『スターリンの図書室』を読み進めたり、『応天の門』9を読み始めたりする。


 夕飯後、仕事関係の予定をすませる。


 入浴後、amazon music unlimitedでヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィルが演奏したグルックの歌劇『アルチェステ』序曲、アンタル・ドラティ指揮ミネアポリス交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」を聴き、バーンスタイン指揮フランス国立管弦楽団が演奏したサン・サーンスの交響詩『オンファールの糸車』、メナヘム・プレスラーが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第31番、シューベルトのピアノ・ソナタ第21番、ショパンの夜想曲第20番、バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したベートーヴェンの劇音楽『シュテファン王』序曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日は、山崎製パンの千鬼まんを食す。
 サツマイモの入った蒸し饅頭なり。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 そして、来月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月30日

まだまだ春は遠いか(CLACLA日記)

 晴天。

 気温も上昇する。
 日中、少し穏やかな感じがした。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 心身ともに今一つの状態が続く。
 左目の下のぴくぴくも続いている。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、日付が変わる少し前に寝床に就く。


 6時台に起きて、amazon music unlimitedでフルートのジャン=ピエール・ランパルが吹いた『日本の調べ』を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、amazon music unlimitedでルイ・フレモー指揮バーミンガム市交響楽団が演奏したマスネの歌劇『ル・シッド』からバレエ組曲、組曲第4番『絵のような風景』、オラトリオ『聖処女』から前奏曲「聖処女の永眠」を聴く。


 夕飯後、amazon music unlimitedでメゾソプラノのクリスタ・ルートヴィヒとエードリアン・ボールト指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したマーラーのさすらう若人の歌とワーグナーのヴェーゼンドンクの5つの歌から第3曲「温室にて」、ルートヴィヒとアンドレ・ヴァンデルノート指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したマーラーの亡き子をしのぶ歌を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、ジェフリー・ロバーツの『スターリンの図書室』<白水社>を読み始めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでヴァイオリンのジュリアーノ・カルミニョーラ、チェロのソル・ガベッタ、ピアノのデヤン・ラツィック、ジョヴァンニ・アントニーニ指揮バーゼル室内管弦楽団が演奏したベートーヴェンの3重協奏曲とバレエ音楽『プロメテウスの創造物』序曲、劇音楽『エグモント』序曲、序曲『コリオラン』を聴き、ルートヴィヒとバスのヴァルター・ベリーがジェラルド・ムーアのピアノ伴奏で歌ったベートーヴェン、ハイドン、ロッシーニ、ブラームス、レーガー、リヒャルト・シュトラウス、ヴォルフ、パーセルの歌曲、2重唱集他を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 今日は、春の足音が少し聴こえたような。
 でも、まだまだ春は遠いか。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月29日

まだまだ死ねない(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気から青空へ。

 まだ寒い。
 特に朝が冷えた。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 左目の下のぴくぴくが続く。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時50分過ぎに寝床に就く。


 6時台に起きて、amazon music unlimitedでフルートのジャン=ピエール・ランパルがプラシド・ドミンゴ指揮ロイヤル・フィルの伴奏で吹いたオペラに関係した楽曲やアリアの編曲を集めた『オペラ座の夜』(モーツァルトの歌劇『魔笛』のタミーノのアリアは、ドミンゴ自身が歌っていた)を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 夕飯後、amazon music unlimitedでヴァイオリンのヤン・パスカル・トルトゥリエとルイ・フレモー指揮バーミンガム市交響楽団が演奏したラロのスペイン交響曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、ジェフリー・ロバーツの『スターリンの図書室』<白水社>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィルが演奏したハイドンの交響曲第94番「驚愕」を聴き、イルジー・ビエロフラーヴェク指揮BBC交響楽団が演奏したスークの交響曲第1番、ニーノ・グヴェタッゼが弾いたショパンの24の前奏曲、練習曲集作品10−6、ワルツ第9番、第3番、第10番、スケルツォ第2番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『スターリンの図書室』を読み進めたりする。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 まだまだ死ねない。
 まだまだ死にたくない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月28日

この週末もあまりのんびりできなかった(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気から雨降りへ。

 じめじめとじめ寒い。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 あと、木金土の自分の仕事で疲れ、ときどき左目の下がぴくぴくする。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 9時半頃起きる。


 午前中から午後にかけて、amazon music unlimitedでウラディーミル・ユロフスキ指揮ロンドン・フィルが演奏したラフマニノフの交響詩『死の島』と交響曲第1番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『サーカスから来た執達吏』を読み始めたりする。


 13時少し前に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでクリストフ・シュペリング指揮ダス・ノイエ・オルケスターとコールス・ムジクス・ケルン他が演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのカンタータ第33番『ただあなたにのみ、主イエス・キリストよ』を聴いたりしながら雑件を片付けたのち、フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮アントワープ交響楽団が演奏したシューマンの交響曲第1番「春」と第3番「ライン」を聴き、ジョルディ・サヴァール指揮ル・コンセール・デ・ナシオンが演奏したメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」(1834年最終稿)と同(1833年初稿)、エドワード・ガードナー指揮バーミンガム市交響楽団が演奏したシューベルトの交響曲第1番と第4番「悲劇的」、歌劇『フィエラブラス』序曲、レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したブラームスの大学祝典序曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、『サーカスから来た執達吏』を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『サニー・フランシスのマサララジオ』を聴く。
 今週もまた面白し。


 夕飯後、amazon music unlimitedでクリストフ・シュペリング指揮ダス・ノイエ・オルケスターとコールス・ムジクス・ケルン他が演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのカンタータ第94番『私はこの世に何を求めよう』、第111番『わが神のみこころが、常に成就しますように』、第113番『主イエス・キリストよ、この上なく貴き宝よ』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『サーカスから来た執達吏』を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィルが演奏したモーツァルトの歌劇『魔笛』から夜の女王のアリア(ウィルマ・リップのソプラノ独唱)と交響曲第40番を聴き、カール・ベーム指揮ウィーン・フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第1番、クリストフ・シュペリング指揮ダス・ノイエ・オルケスターとコールス・ムジクス・ケルン他が演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのカンタータ第135番『ああ主よ、この憐れな罪びとを』と第178番『主なる神、我らの側に留まりたまわず』、バーンスタイン指揮イスラエル・フィルが演奏したストラヴィンスキーのバレエの情景を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。

 『サーカスから来た執達吏』を読了する。
 ああ、面白かった!!!
 夕木さんの大正物はこれで全部読んでしまったことになるのかな?


 今日は、山崎製パンのきんつばを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 結局、この週末もあまりのんびりできなかった。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月27日

根を詰め過ぎて疲れた(CLACLA日記)

 晴天。

 気温は少しだけ上がったか。
 それでも、まだ寒さは厳しい。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでヘスス・ロペス=コボス指揮ローザンヌ室内管弦楽団他が演奏したロッシーニの歌劇『アルジェのイタリア女』全曲を聴いたりしながら作業を進めたのち、2時半過ぎに寝床に就く。
 『アルジェのイタリア女』は、タイトルロールのジェニファー・ラーモアはじめ、粒ぞろいの歌手陣で実に聴き応えがあった。


 9時半頃起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。
 その間、下京図書館へ行って借りていた本を返却し、予約しておいた夕木春央の『サーカスから来た執達吏』<講談社>とジェフリー・ロバーツの『スターリンの図書室』<白水社>を新たに借りる。


 午前中から午後にかけて、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』、amazon music unlimitedでエリアフ・インバル指揮スイス・ロマンド管弦楽団が演奏したバルトークの弦楽器・打楽器・チェレスタのための音楽と管弦楽のための協奏曲、リヒャルト・シュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』、交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』、交響詩『マクベス』、ジャン=ジャック・カントロフとエマニュエル・クリヴィヌ指揮オランダ・フィルが演奏したシューマンのヴァイオリン協奏曲、シューベルトの小協奏曲、ポロネーズ、ロンドを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『サーカスから来た執達吏』を読み始めたりする。


 15時近くに外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでダニエル・バレンボイム指揮イギリス室内管弦楽団が演奏したエルガーの小品集を聴き、ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団が演奏したシベリウスの交響曲第7番(1960年録音)と第2番(1957年録音)、レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルが演奏したウィリアム・シューマンの交響曲第3番、クリストフ・シュペリング指揮ダス・ノイエ・オルケスターとコールス・ムジクス・ケルン他が演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのカンタータ第5番『私は、どこへ逃れることができよう?』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、『サーカスから来た執達吏』を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『銭形平次』第115話の拾い観をする。
 昨年末に亡くなったばかりの中村メイコがメインのゲスト。
 ほかに、早川保も出演していた。


 夕飯後、NHK・FMの『クラシックの迷宮』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『サーカスから来た執達吏』を読み進めたりする。
 『クラシックの迷宮』は、イタリアの作曲家ルイジ・ノーノの生誕100年を記念した特集が組まれていた。

 入浴後、amazon music unlimitedでアルトのゲルヒルト・ロンベルガー、テノールのロバート・ディーン・スミス、イヴァン・フィッシャー指揮ブダペスト・フェスティヴァル管弦楽団が演奏したマーラーの大地の歌を聴き、カルミナ・カルテットが演奏したブラームスの弦楽4重奏曲第2番と第1番、ロジャー・ノリントン指揮ロンドン・クラシカル・プレイヤーズが演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『サーカスから来た執達吏』を読み進めたりする。


 今日は、あわしま堂の栗どら(焼き)を食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 根を詰め過ぎて、疲れた。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月26日

まず自分がしっかりしていかないと(CLACLA日記)

 晴天へ。

 昨日ほどではないが、それでも寒さが厳しい。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 頭と身体が重たし。


 盗人たけだけしい人間がごまんといるな。
 情けないったらありゃしない。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでソプラノのケリ・フュージとバリトンのロデリック・ウィリアムズ、マリオ・ヴェンツァーゴ指揮シンガポール交響楽団が演奏したバーナード・ハーマンの歌劇『嵐が丘』組曲、ジョシュア・タン指揮シンガポール交響楽団が演奏したバーナード・ハーマンのエコー、アサセッロ・カルテットが演奏したショスタコーヴィチの弦楽4重奏曲第10番と未完の弦楽4重奏曲、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンとマヂカルラブリーのオールナイトニッポンゼロを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時50分過ぎに寝床に就く。


 9時20分過ぎに起きる。

 午前中から午後にかけて、amazon music unlimitedでクラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルが演奏したブラームスの交響曲第2番(1970年録音)と大学祝典序曲(1967年録音)、アサセッロ・カルテットが演奏したショスタコーヴィチの弦楽4重奏曲第11番と第12番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 境家史郎の『戦後日本政治史』<中公新書>を読了する。
 飛ばし読み。


 午後、仕事関係の予定をすませる。
 その後、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 ついでにお米(10キロ)も買っておく。


 帰宅後、amazon music unlimitedでクシシュトフ・ウルバンスキ指揮NDRエルプ・フィルが演奏したストラヴィンスキーのバレエ音楽『春の祭典』を聴き、アサセッロ・カルテットが演奏したショスタコーヴィチの弦楽4重奏曲第13番、アンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団が演奏したルーセルの交響曲第3番と第4番、クリスチャン・ツィメルマンとレナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番と第4番、TBSラジオ『ハライチのターン』アフタートークのポッドキャストを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 夕飯後、amazon music unlimitedでツィメルマンとバーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」、クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮クリーヴランド管弦楽団が演奏したハルトマンの交響曲第2番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでヴィオラのローレンス・パワーとタカーチ・カルテットが演奏したブラームスの弦楽5重奏曲第1番と第2番を聴く。


 今日は、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 人様に偉そうなことを言う前に、まず自分がしっかりしていかないと。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月25日

寒さがこたえる(CLACLA日記)

 朝、雪が降っている。
 いったん止んだと思って外出したら、激しく降り出す。
 なんじゃらほい。
 その後止んで、青空に変わる。

 気温は低く、寒さがとてつもなく厳しい。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 寒さがこたえる。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、日付が変わってすぐに寝床に就く。


 7時ちょうどに起きて、amazon music unlimitedでテノールのリチャード・タッカーがピエール・デルヴォー指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団の伴奏で歌ったフランス・オペラ・アリア集(英語歌唱)を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時15分に外出する。
 上述の如く、タイミングを間違えた。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 凡ミスあり。
 うんざりする。


 夕飯後、amazon music unlimitedでアンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団が演奏したドビュッシーの管弦楽のための映像、原田知世が歌った『時をかける少女』、坂本九が歌った『ともだち』、『涙くんさよなら』、『上を向いて歩こう』、『明日があるさ』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、境家史郎の『戦後日本政治史』<中公新書>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでフィロン・トリオが演奏したブルッフの8つの小品を聴き、クラウディオ・アバド指揮ロンドン交響楽団が演奏したブラームスの交響曲第4番と悲劇的序曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 やるべきこと、やりたいことをしっかりやっていかないと。
 与えられた人生は一度きりなのだから。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月24日

雪、止んで欲しいなあ(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとしたお天気の一日。
 そして、雪が降り出した。

 寒さがとてつもなく厳しい。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 寒さで身体が縮こまる。


 京都市長選挙が始まった。
 朝から選挙カーがかまびすしい。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでヴァディム・ホロデンコが弾いた6つの前奏曲Op.13、5つの前奏曲Op.16、ピアノ・ソナタ第4番、悲劇的な詩Op.34、悪魔的な詩Op.36、8つの練習曲Op.42、ピアノ・ソナタ第5番Op.53、詩曲「焔に向って」、アサセッロ・カルテットが演奏したショスタコーヴィチの弦楽4重奏曲第8番と第9番を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時半過ぎに寝床に就く。


 9時過ぎに起きる。

 あまりの寒さに予定を変更する。

 午前中から正午過ぎにかけて、amazon music unlimitedでグイド・カンテッリ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第7番「未完成」を聴き、クラウディオ・アバド指揮ウィーン・フィルが演奏したブラームスの交響曲第1番、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、境家史郎の『戦後日本政治史』<中公新書>を読み始めたりする。


 12時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでマイケル・アレクサンダー・ウィレンス指揮ケルン・アカデミーが演奏したモーツァルトの序曲集を聴き、ディーター・クレッカー指揮コンソルティウム・クラシクムが演奏したヴィンターの7重奏曲、4重奏曲、8重奏曲、ズビン・メータ指揮ニューヨーク・フィル他が演奏したホルストの組曲『惑星』、レナード・バーンスタイン指揮イスラエル・フィルが演奏したチャイコフスキーの幻想序曲『ロメオとジュリエット』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、『戦後日本政治史』を読み進めたりする。


 夕飯後、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『戦後日本政治史』を読み進めたりする。
 『角田龍平の蛤御門のヘン』は、「誠のサイキックミーティング2024冬」。
 年に2回のスペシャルで、北野誠さんと竹内義和兄貴の出演。
 しかし、『誠のサイキック青年団』の終了からもう15年が経つのか。

 入浴後、amazon music unlimitedでルチアーノ・タランティーノが弾いたピアッティの無伴奏チェロのための12の奇想曲を聴き、アバド指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したブラームスの交響曲第3番とハイドンの主題による変奏曲、アサセッロ・カルテットが演奏したショスタコーヴィチの弦楽4重奏曲第9番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『戦後日本政治史』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 雪、止んでほしいなあ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月23日

厳しい寒さがやって来る(CLACLA日記)

 晴天。

 気温はまたもぐっと下がり、寒さが非常に厳しい。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 寒暖差がこたえる。
 頭と身体が重たし。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、日付変わってから寝床に就く。


 6時台に起きて、amazon music unlimitedでテノールのリチャード・タッカーがフランツ・アラーズ指揮コロンビア交響楽団の伴奏で歌ったウインナ・オペレッタ・アリア集(英語歌唱)を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 夕飯後、amazon music unlimitedでニコラウス・アーノンクール指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」、レナード・バーンスタイン指揮イスラエル・フィルが演奏したチャイコフスキーの幻想序曲『ハムレット』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、夕木春央の『時計泥棒と悪人たち』<講談社>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィルが演奏したシューベルトの交響曲第7番「未完成」(1950年コペンハーゲン・ライヴ録音)を聴き、アレクサンダー弦楽4重奏団が演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第16番、テノールのケネス・リーゲルとバーンスタイン指揮ボストン交響楽団他が演奏したリストのファウスト交響曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。

 『時計泥棒と悪人たち』と灰原薬の『応天の門』8<新潮社>を読了する。
 ああ、面白かった!!!


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 厳しい寒さがやって来る。
 被災地の方々のことを考える。
 ガザ地区やウクライナのことも考える。
 人に傷つけられた人やその家族のことも考える。
 人を傷つけた人やその家族のことも考える。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月22日

人生、何が起こるかわからない(CLACLA日記)

 どんよりとした感じから青空へ。

 気温も少し上昇したか。
 水曜日にはまた厳しい寒さになるらしいが。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 諸々あって、精神的にダル。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時50分頃寝床に就く。


 7時に起きて、amazon music unlimitedでテノールのリチャード・タッカーがネッロ・サンティ指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団の伴奏で歌ったヴェルディのオペラ・アリア集を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『遠山の金さん』2の第12話の拾い観をする。
 メインのゲストは、中村玉緒だ。
 明石家さんまにあのがははがははぶりを発見される前の、シリアスな演技。
 この頃の玉緒さんは、本当に薄幸の女性がぴったりだった。
 ほかに、悪役で西沢利明、西田良らも出演していた。


 夕飯後、amazon music unlimitedでレナード・バーンスタイン指揮イスラエル・フィルが演奏したチャイコフスキーの幻想序曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、夕木春央の『時計泥棒と悪人たち』<講談社>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでオットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第36番「リンツ」を聴き、アレクサンダー弦楽4重奏団が演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第14番と第15番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、灰原薬の『応天の門』8<新潮社>を読み進めたりする。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 人生、何が起こるかわからないということを痛感する。
 そのこともあって朝から精神的にきている。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月21日

記憶力は本当に大切だ(CLACLA日記)

 雨降り、どんよりとしたお天気から青空へ。

 気温は少し上がったか。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 身体はメンテナンスのおかげでだいぶん楽だ。
 ただし、寒暖差はこたえる。


 京都市長選挙が始まった。
 朝から選挙カーがかまびすしい。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、4時少し前に寝床に就く。


 9時過ぎに起きる。

 午前中から午後にかけて、CDでギターの福田進一が弾いたソルのモーツァルトの『魔笛』の主題による変奏曲を聴き、amazon music unlimitedでクラウディオ・アバド指揮シカゴ交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第1番「巨人」、ミッシャ・マイスキーとレナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したシューマンのチェロ協奏曲とを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、夕木春央の『時計泥棒と悪人たち』<講談社>を読み進めたりする。


 13時過ぎに外出し、下京図書館へ。
 灰原薬の『応天の門』7<新潮社>を返却し、予約しておいた8<同>を新たに借りる。
 その後、京都芸術センターで用件を片付けてから、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでジャン=リュック・タンゴー指揮ベルリン放送交響楽団が演奏したフランクの交響曲とショーソンの交響曲を聴き、ルネ・ヤーコプス指揮フライブルク・バロック管弦楽団他が演奏したグルックの歌劇『オルフェオとエウリディーチェ』全曲、ルイ・フレモー指揮バーミンガム市交響楽団が演奏したサン・サーンスの『ノアの洪水』前奏曲、ウェディング・ケーキ、アレグロ・アパッショナート、交響詩『死の舞踏』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、『時計泥棒と悪人たち』を読み進めたり、『応天の門』8を読み始めたりする。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『サニー・フランシスのマサララジオ』を聴く。
 今週も面白し。


 夕飯後、amazon music unlimitedでアンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団他が演奏したラヴェルのバレエ音楽『ダフニスとクロエ』全曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『時計泥棒と悪人たち』を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでギターのパスカル・ヴァロワが弾いた『ウィーン1840〜ロマンティックなウィーンの音楽』を聴き、アバド指揮シカゴ交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第5番とリュッケルトの詩による5つの歌曲(ハンナ・シュヴァルツのアルト独唱)、MBSラジオのヤンタン日曜日を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『時計泥棒と悪人たち』と『応天の門』8を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 記憶力は本当に大切だ。
 しつこいぐらいに物事は覚えておかなければならない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月20日

メンテナンスでだいぶん楽になった(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨も降る。

 じめじめとして快ならず。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 ただし、後述メンテナンスのおかげでだいぶん楽になる。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでジョシュア・ベルとエサ・ペッカ・サロネン指揮ロサンゼルス・フィルが演奏したシベリウスのヴァイオリン協奏曲とゴルトマルクのヴァイオリン協奏曲第1番、ルドルフ・ケンペ指揮ウィーン・フィルが演奏したヨハン・シュトラウスU世のポルカ『クラップフェンの森で』を聴いたりしながら作業を進めたのち、2時40分過ぎに寝床に就く。


 9時に起きて準備をしたのち、9時40分過ぎに外出する。
 で、仕事関係の予定をすませてから、身体のメンテナンスへ。
 昨日捻ってしまった右脚などをじっくりメンテナンスしてもらい、だいぶん楽になった。
 本当に助かる。
 そのあと夕飯用の買い物をすませて、正午少し前に帰宅した。


 帰宅後、午前中から午後にかけて、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』の最後、amazon music unlimitedでアレクサンダー弦楽4重奏団が演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第12番、ポール・トルトゥリエとルイ・フレモー指揮バーミンガム市交響楽団が演奏したラロのチェロ協奏曲とサン・サーンスのチェロ協奏曲第1番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、夕木春央の『時計泥棒と悪人たち』<講談社>を読み進めたりする。


 眠気に勝てず、少しうとうととした。


 その後、amazon music unlimitedでマルティン・ヨップ指揮マイン・バロックオーケストラが演奏したアーベルの後期交響曲集を聴き、トン・コープマン指揮アムステルダム・バロック管弦楽団が演奏したテレマンのターフェルムジーク抜粋、アンドレイ・ガヴリーロフが弾いたスクリャービンのピアノ作品集を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、『時計泥棒と悪人たち』を読み進めたりする。


 夕飯後、amazon music unlimitedでジャン=フランソワ・パイヤール指揮パイヤール室内管弦楽団が演奏したモーツァルトのセレナード第10番「グラン・パルティータ」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『時計泥棒と悪人たち』を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでダニエル・バレンボイム指揮ロンドン・フィルが演奏したエルガーの威風堂々全曲、宮廷仮面劇『インドの王冠』抜粋、帝国行進曲を聴き、アレクサンダー弦楽4重奏団が演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第13番と大フーガ、ハンス・グラーフ指揮シンガポール交響楽団が演奏したクレナウのヴァイオリン協奏曲(ヘ・ジユの独奏)、ピアノ協奏曲(セーアン・ラストギの独奏)、交響曲第8番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『時計泥棒と悪人たち』を読み進めたりする。


 今日は、山崎製パンの吹雪まんを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日も雨らしい。
 うんざり。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月19日

本当に用心していかなければ(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気から青空に変わる。
 ただし、明日はまた雨らしい。
 うんざり。

 日中、気温も少し上がったか。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 頭と身体が重たし。
 うんざり。


 全ては会計責任者がやったこと。
 派閥解消で問題も解決…。
 そんな馬鹿な話があるか。
 これでも自民党を支持するのなら、それは相当頭が悪いか、自民党の政治家同様性根が腐っているのだろう。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでイヴァーノ・カイアッツァ指揮ラ・レアル・カペッラ・ディ・ナポリ他が演奏した『ナポリ18世紀の驚異 - 管弦楽曲と協奏曲集』、朝比奈隆指揮大阪フィルが演奏したブラームスの交響曲第3番を聴いたりしながら作業を進めたのち、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィルが演奏したニコライの歌劇『ウィンザーの陽気な女房たち』序曲を聴き、3時過ぎに寝床に就く。


 8時台に起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。
 その間、下京図書館へ行き、借りていた本を返却し、予約しておいた夕木春央の『時計泥棒と悪人たち』<講談社>、灰原薬の『応天の門』7<新潮社>、境家史郎の『戦後日本政治史』<中公新書>を新たに借りる。

 その後、午前中から午後にかけて、amazon music unlimitedでルドルフ・ケンペ指揮ウィーン・フィルが演奏したヨハン・シュトラウスU世のポルカ『浮気心』、アレクサンドル・ラザレフ指揮日本フィルが演奏したショスタコーヴィチの交響曲第15番、ラテン・アメリカ・カルテットが演奏したチャピの弦楽4重奏曲第3番と第4番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、蔵書の整理を行ったり、『時計泥棒と悪人たち』と『応天の門』7を読み始めたりしたのち、グイド・カンテッリ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したロッシーニの歌劇『どろぼうかささぎ』序曲を聴く。


 13時半過ぎに外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでウィーン8重奏団員が演奏したモーツァルトのピアノと管楽器のための5重奏曲とケーゲルシュタット・トリオを聴き、アレクサンダー弦楽4重奏団が演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第9番「ラズモフスキー第3番」、ドミトリー・リス指揮ウラル・フィルが演奏したラフマニノフの交響曲第2番、ギュンター・ヴァント指揮ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第38番「プラハ」、TBSラジオ『ハライチのターン』アフタートークのポッドキャストを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、蔵書の整理をすませたり、新しい作品を書き進めたり、『時計泥棒と悪人たち』と『応天の門』7を読み進めたりする。


 夕飯の準備中、床が濡れていて滑ってしまい、右膝を捻る。
 去年の夏に痛めて、ようやく秋の半ばに治まっていたというのに。
 どうにもこうにも。
 しかし、これから年齢を重ねていけばますますこういうことに気をつけていかねばならないのだ。
 そのことを痛感する。


 夕飯後、amazon music unlimitedでヴァント指揮ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第39番、第40番、第41番「ジュピター」を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『時計泥棒と悪人たち』を読み進めたりする。


 入浴後、amazon music unlimitedでリッカルド・シャイー指揮ミラノ・スカラ座管弦楽団と合唱団が演奏したヴェルディのオペラ合唱曲集を聴き、アレクサンダー弦楽4重奏団が演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第11番「セリオーソ」、アンドレア・バケッティが弾いたハッセのソナタ集を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。

 『応天の門』7を読了する。
 面白くって、ついつい読み終えてしまった。


 今日は、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 本当に用心していかなければ。
 まだまだ死ねない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月18日

寒い日の雨は嫌だな(CLACLA日記)

 朝から雨。
 どんよりとしたお天気の一日。

 じめじめとじめ寒い。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!
 頭と身体が重たし。
 耳鳴りもひどい。


 日本共産党の委員長に田村智子が就任するとのこと。
 いろいろと想い、いろいろと考えることあり。
 そういえば、京都市長選間際になって松竹某がまたぞろ騒いでいるらしい。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時50分過ぎに寝床に就く。


 7時に起きて、amazon music unlimitedでソプラノのレオンティーン・プライス、スキッチ・ヘンダーソン指揮RCAビクター交響楽団他が演奏したガーシュウィンの歌劇『ポーギーとベス』ハイライトを聴いたりしながら準備をすませたのち、8時17分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『天を斬る』第9話の拾い観をする。
 メインのゲストは、森光子。


 夕飯後、amazon music unlimitedでダニエル・バレンボイム指揮ベルリン・フィルが演奏したベルリオーズの幻想交響曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進める。

 森泉岳土の『ぼくの大林宣彦クロニクル』<光文社>を読了する。
 漫画家で大林宣彦の一人娘大林千茱萸の夫である森泉さんが、自らの「父」である大林監督との想い出について記した一冊。
 これは読んでおいて本当によかった。
 そして、大林監督の作品を改めて観たくなった。


 入浴後、amazon music unlimitedでジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団が演奏したハイドンの交響曲第93番と第94番「驚愕」を聴き、アレクサンダー弦楽4重奏団が演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 寒い日の雨は嫌だな。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月17日

阪神大震災から29年が経った(CLACLA日記)

 阪神淡路大震災から29年が経った。
 犠牲となった全ての方々へ、深く、深く、深く、深く、深く黙禱を捧げます。
 そして、現在の被災者の方々を想う。


 晴天。

 日中、気温も少し上がる。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気温が上がれば上がったで、寒暖差がこたえる。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでヴァンニ・モレット指揮アタランタ・フーギエンスが演奏したフランス革命後のミラノの交響曲集、ユストゥス・フランツとレナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したシューマンのピアノ協奏曲を聴いたりしながら作業を進めたのち、オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したブラームスの大学祝典序曲を聴き、3時20分に寝床に就く。


 朝早くからいくつか予定をすませる。

 その後、午前中から午後にかけて、amazon music unlimitedでウィンストン・ダン・フォーゲル指揮ショパン室内管弦楽団が演奏したイタリアの古典派作曲家のシンフォニア集、レナード・バーンスタイン指揮イスラエル・フィルが演奏したチャイコフスキーのスラヴ行進曲と序曲『1812年』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、森泉岳土の『ぼくの大林宣彦クロニクル』<光文社>を読み進めたりする。


 13時半過ぎに外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでクレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』、カリーナ・カネラキス指揮オランダ放送フィルが演奏したバルトークの4つの管弦楽曲と管弦楽のための協奏曲を聴き、ルイ・フレモー指揮バーミンガム市交響楽団が演奏したイベールの室内管弦楽のためのディヴェルティスマン、海の交響曲、バッカナール、ルイヴィル協奏曲、ボストニアーナ、ドビュッシーの牧神の午後への前奏曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、『ぼくの大林宣彦クロニクル』を読み進めたりする。


 夕飯後、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『ぼくの大林宣彦クロニクル』を読み進めたりする。
 『角田龍平の蛤御門のヘン』のゲストは、週刊ファイト記者の藤井敏之さんとビリーライレージム京都代表の松並修さん。
 プロレスの話で盛り上がる。

 入浴後、amazon music unlimitedでヴァイオリンの寺神戸亮とチェンバロのファビオ・ボニッツォーニが演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのヴァイオリン・ソナタ第1番、第2番、第3番を聴き、アレクサンダー弦楽4重奏団が演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第7番「ラズモフスキー第1番」と第10番「ハープ」、ピアノのダニエル・バレンボイムとズービン・メータ指揮ベルリン・フィルが演奏したリヒャルト・シュトラウスのブルレスケを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『ぼくの大林宣彦クロニクル』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 自分だっていつどうなるかわからない。
 今年は正月以来ずっとそのことを考えている。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月16日

いやあ、寒いなあ(CLACLA日記)

 昨夜から朝にかけて雪が降る。
 どんよりとした感じはありつつも、日中は晴れた。

 気温は下がり、寒さが非常に厳しい。
 被災地の人たちのことを想う。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 身体の凝り、張り、痛みがひどし。
 頭も重たし。
 耳鳴りも続く。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時50分過ぎに寝床に就く。


 6時台に起きて、amazon music unlimitedでソプラノのレオンティーン・プライスがフランチェスコ・モリナーリ=プラデッリ指揮RCAイタリア・オペラ管弦楽団の伴奏で歌ったオペラ・アリア集を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 帰りユニクロに寄ったが、結局何も買わず。


 夕飯後、amazon music unlimitedでバリトンのディートリヒ・フィッシャー=ディースカウがヴォルフガング・サヴァリッシュのピアノ伴奏で歌ったリヒャルト・シュトラウスの2つのリートop.26、4つのリートop.27から「心を鎮めるのだ、安らかに」、「ひそやかな誘い」、「明日には!」、3つのリートop.29から「たそがれの夢」と「夜の散歩」、3つのリートop.31から「静かな散歩」、5つのリートop.32、4つのリートop.36から「ばらのおび」と「熱愛」、6つのリートop.37から「幸せに満ちたりて」、「きみを愛す」、「春日 (はるのひ)さん」、「祝婚歌」、8つのリートop.49から「若者の誓い」、6つのリートop.56から「見いだしぬ」と「夕暮れの船旅」、6つのリートop.67から「旅人の心は憩い」、5つの小さなリートop.69から「かわらぬもの」、「森を行く」、「ひどいあらしの日」、4つの歌op.87から「近づく老年」、「それが最後だった」、「明るい陽のなかで」、ルイ・フレモー指揮バーミンガム市交響楽団が演奏したラヴェルのボレロを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、森泉岳土の『ぼくの大林宣彦クロニクル』<光文社>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団が演奏したモーツァルトのセレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、歌劇『劇場支配人』序曲、歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』序曲、歌劇『フィガロの結婚』序曲、歌劇『魔笛』序曲、フリーメーソンのための葬送音楽を聴き、アレクサンダー弦楽4重奏団が演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第3番と第4番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『ぼくの大林宣彦クロニクル』を読み進めたりする。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 いやあ、寒いなあ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月15日

うんざりしている暇はない!(CLACLA日記)

 朝から雨が降っていたが、その後徐々に青空が見えてくる。

 気温は上昇せず。
 寒さが厳しい。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 頭と身体が重たし。
 耳鳴りが続く。
 うんざり。


 それでも岸田内閣を支持する人がいるというのだからあきれる。
 まあ、岸田内閣で得をする人間がいるということなのだろう。
 うんざり。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分過ぎに寝床に就く。


 6時台に起きて、amazon music unlimitedでバイロン・ジャニスが弾いたピアノ名曲集を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『遠山の金さん』2の第11話の拾い観をする。
 メインのゲストは今出川西紀、トメは大奥の権力者役の東恵美子。
 ほかに、風見章子、中山昭二、山本昌平も出演していた。


 夕飯後、amazon music unlimitedでルイ・フレモー指揮バーミンガム市交響楽団が演奏したビゼーの交響曲第1番とデュカスの交響詩『魔法使いの弟子』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、森泉岳土の『ぼくの大林宣彦クロニクル』<光文社>を読み始めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでチェロのピエール・フルニエ、ヴィオラのエイブラハム・スカーニック、ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団が演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ドン・キホーテ』を聴き、バリトンのディートリヒ・フィッシャー=ディースカウがヴォルフガング・サヴァリッシュのピアノ伴奏で歌ったリヒャルト・シュトラウスのセレナーデ、6つのリート作品19、素朴な歌作品21、アレクサンダー弦楽4重奏団が演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第2番と第6番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 うんざりしている暇はない!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月14日

生きていかなければ(CLACLA日記)

 晴天。

 ただし、気温は上がらず。
 寒さが厳しい。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 寒さもあって、凝り、張り、痛みがひどし。
 頭も重たく、耳鳴りも強い。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、4時近くに寝床に就く。


 9時過ぎに起きる。

 10時ごろ、マンションの管理会社の人に元日の地震で破損した部分の修繕をしてもらう。

 その後、午前中から正午過ぎにかけて、amazon music unlimitedでクラウディオ・アバド指揮ウィーン・フィルが演奏したブラームスのハンガリー舞曲集全曲(21曲)、レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したブラームスのヴァイオリンとチェロのための2重協奏曲(ヴァイオリンのギドン・クレーメルとチェロのミッシャ・マイスキーの独奏)と悲劇的序曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、森茂暁の『足利義満』<角川選書>を読み進めたりする。


 13時台に外出して仕事関係の用件を片付けたのち、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでグレン・グールドが弾いたベートーヴェンのバガテル集を聴き、バリトンのディートリヒ・フィッシャー=ディースカウがヴォルフガング・サヴァリッシュのピアノ伴奏で歌ったリヒャルト・シュトラウスの8つのリート作品10から6曲と5つのリート作品15から2曲、アレクサンドル・ラザレフ指揮日本フィルが演奏したショスタコーヴィチの交響曲第11番「1905年」と第12番「1917年」、バーンスタイン指揮イスラエル・フィルが演奏したチャイコフスキーのイタリア奇想曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、『足利義満』を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『サニー・フランシスのマサララジオ』を聴く。
 今週も面白し。


 夕飯後、amazon music unlimitedでルイ・フレモー指揮バーミンガム市交響楽団が演奏したビゼーのローマを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。

 『足利義満』を読了する。
 南北朝合体を成し遂げ、公武両面で絶大な権力を持ち、日明など海外との交流にも積極的だった室町幕府を代表する三代将軍足利義満について、彼が遺した古文書などを検証しつつ詳述した一冊だった。
 学ぶところ少なからず。

 入浴後、amazon music unlimitedでラルス・フォークトがパリ室内管弦楽団を弾き振りしたモーツァルトのピアノ協奏曲第9番「ジュナミ(ジュノーム)」と第24番を聴き、アレクサンダー弦楽4重奏団が演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第1番と第5番、MBSラジオのヤンタン日曜日を聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 今日は、山崎製パンの小豆の甘納豆を食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 生きていかなければ。
 まだまだ死ねない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月13日

夕方以降、冷え込んでくる(CLACLA日記)

 青空も見えたが、どんよりとした感じが強い。

 気温、上昇せず。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 気圧と湿度のダブルパンチ!!


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでオットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』第1幕への前奏曲と愛の死を聴き、マーティン・ジョーンズが弾いたミニョーネのピアノ作品集を聴いたりしながら作業を進めたのち、4時近くに寝床に就く。


 8時半過ぎに起きる。

 午前中から午後にかけて、CDでハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン・フィルが演奏したシューベルトの軍隊行進曲とニコライの歌劇『ウィンザーの陽気な女房たち』序曲を聴き、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』、amazon music unlimitedでレナード・スラットキン指揮セントルイス交響楽団が演奏したコープランドのオルガンと管弦楽のための交響曲、舞踏交響曲、交響曲第2番「短い交響曲」、管弦楽のための変奏曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、森茂暁の『足利義満』<角川選書>を読み進めたりする。


 12時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでテノールのチャールズ・カストロノヴォとイヴァン・レプシッチ指揮ミュンヘン放送管弦楽団が演奏したプッチーニの歌曲集と管弦楽曲集を聴き、クラウディオ・アバド指揮ウィーン・フィルが演奏したベートーヴェンの歌劇『レオノーレ』序曲第1番、第2番、第3番、歌劇『フィデリオ』序曲、レナード・バーンスタイン指揮イスラエル・フィルが演奏したストラヴィンスキーのバレエ音楽『火の鳥』組曲とバレエ音楽『ペトルーシュカ』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、『足利義満』を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『クラシックの迷宮』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『足利義満』を読み進めたりする。
 『クラシックの迷宮』は、アレクサンドル・チェレプニンの生誕125年を記念した特集が組まれていた。

 入浴後、amazon music unlimitedでウラディーミル・アシュケナージさんが弾いたラヴェルの夜のガスパール、亡き王女のためのパヴァーヌ、高雅にして感傷的なワルツを聴き、カルロ・マリア・ジュリーニ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したフランクのプシュケとエロス、交響曲、広瀬悦子が弾いたバラキレフのピアノ作品集を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『足利義満』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢!!


 夕方以降、冷え込んでくる。
 大地震で避難している人たちのことをどうしても考えてしまう。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月12日

改めて音楽を聴くことのできる幸せを噛み締める(CLACLA日記)

 青空は見えるも、どんよりとした感じが強し。
 雨も降る。

 じめっとした寒さだ。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでバリトンのディートリヒ・フィッシャー=ディースカウがクリストフ・エッシェンバッハのピアノ伴奏で歌ったシューマンの「ヴィルヘルム・マイスター」による歌曲集Op.98aから4曲、4つの軽騎兵の歌、5つの陽気な歌から3曲、スペインの愛の歌から4曲、4つの詩Op.142から3曲、美しいヘートヴィヒ、2つのバラードOp.122、6つの初期の歌WoO121、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル他が演奏したプッチーニの歌劇『ラ・ボエーム』第1幕、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 8時台に起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。
 その間、amazon music unlimitedでオットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したワーグナーの歌劇『ローエングリン』第1幕への前奏曲と第3幕への前奏曲を聴く。

 その後、午前中から午後にかけて、amazon music unlimitedでアンドレ・プレヴィン指揮ロンドン交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第7番、小澤征爾指揮旧日本フィルが演奏した石井眞木の遭遇II番と武満徹のカシオペア、イーゴリ・マルケヴィチ指揮コンセール・ラムルー管弦楽団が演奏したハイドンの交響曲第103番「太鼓連打」と第104番「ロンドン」、マルケヴィチ指揮スペイン放送交響楽団が演奏したウェーバーの劇音楽『プレチオーザ』序曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、森茂暁の『足利義満』<角川選書>を読み進めたりする。


 午後、仕事関係の予定をすませる。


 その後、amazon music unlimitedでマルクス・ポシュナー指揮リンツ・ブルックナー管弦楽団が演奏したブルックナーの交響曲第1番(第1稿/レーダー版)を聴き、TBSラジオ『ハライチのターン』アフタートークのポッドキャスト、クラウディオ・アバド指揮ウィーン・フィルが演奏した劇音楽『アテネの廃墟』序曲、『献堂式』序曲、命名祝日のための序曲、序曲『コリオラン』、劇音楽『エグモント』序曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、『足利義満』を読み進めたりする。


 18時少し前に外出し、ヨドバシカメラ・マルチメディア京都で用件を片付けてから、高倉塩小路に移転した京都市立芸術大学へ。
 堀場新吉記念ホールで、京都市立芸術大学指揮専攻の卒業試験(演奏会)を聴く。
 詳しくは前回の記事をご参照のほど。
 生のオーケストラを聴くのは約4年ぶりだが、やっぱりいいな。
 それにしても、大きく鳴るホールだ。
 帰って調べたら、あの永田音響設計の手によるものだった。
 なるほど。

 その後、ヨドバシカメラでもう一度用件を片付けたのち、外で夕飯をとり、買い物をすませて帰宅した。


 入浴後、amazon music unlimitedでスタニスラフ4重奏団が演奏したカルタンの弦楽4重奏曲第1番と第2番他、ヴェロニカ・ドゥダロワ指揮ロシア交響楽団が演奏したカリンニコフの交響曲第1番と第2番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『足利義満』を読み進めたりする。


 今日は、山崎製パンのきんつばを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 改めて音楽を聴くことのできる幸せを噛み締める。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月11日

一年なんてあっという間だ(CLACLA日記)

 晴天へ。

 少し気温が上がったか。
 それでも、夕方以降冷えてくるが。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 寒さで身体の凝りと張りがきつい。
 頭も重たい。
 耳鳴りも続く。


 地震よりも保身。
 見え見えの連中にどうにも腹が立つ。

 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時50分過ぎに寝床に就く。


 7時ちょうどに起きて、amazon music unlimitedでテノールのデイヴィッド・ヒューズルイ・フレモー指揮バーミンガム市交響楽団の伴奏で歌ったオペラ・オペレッタ・アリア集(英語歌唱)を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『天を斬る』第8話の拾い観をする。


 夕飯後、amazon music unlimitedでアンドレ・プレヴィン指揮ロンドン交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第5番とバレエ音楽『プロメテウスの創造物』序曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、森茂暁の『足利義満』<角川選書>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでマルコ・アンジウス指揮パドヴァ・ヴェネト管弦楽団が演奏したヘンツェの『リインヴェンションズ』を聴き、シギスヴァルト・クイケンさん指揮エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団が演奏したハイドンの交響曲第82番「熊」と第86番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日は、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 やるべきことをしっかりやっていかないと。
 一年なんてあっという間だ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月10日

新年におめでたい話を知ることができた(CLACLA日記)

 どんよりとした感じが強し。
 昼間に雨も降る。

 昨日ほどではないが、今日も寒さが厳しい。
 被災地の人々のことを思う。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 頭と身体が重たし。
 耳鳴りもきつい。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時50分台に寝床に就く。


 7時ちょうどに起きて、amazon music unlimitedでルイ・フレモー指揮バーミンガム市交響楽団が演奏したオッフェンバックの喜歌劇『地獄のオルフェ(天国と地獄)』序曲、喜歌劇『ジェロルスティン大公妃殿下』序曲、喜歌劇『美しきエレーヌ』序曲、喜歌劇『青ひげ』序曲、喜歌劇『パリの生活』序曲を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時19分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 仕事の仲間からいいものをもらった!


 帰宅後、radikoのタイムフリーでABCラジオの『桑原征平粋も甘いも』の一部を聴きながら、夕飯の準備をする。
 長年親しい関係にあった征平さんが昨年末に亡くなっていた八代亜紀について語る部分を聴きたかったので。
 八代さんも亡くなってしまった。
 とても歌の巧い人だった。


 途中夕飯を挟み、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴く。
 今週のゲストは、チャップリン研究家で劇団とっても便利の大野裕之さん。
 新刊の話をしていた。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、森茂暁の『足利義満』<角川選書>を読み進めたりする。


 入浴後、amazon music unlimitedでユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団が演奏したグローフェの組曲『グランド・キャニオン』を聴き、レナード・バーンスタイン指揮イスラエル・フィルが演奏したメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」と第5番「宗教改革」、バリトンのディートリヒ・フィッシャー=ディースカウがクリストフ・エッシェンバッハのピアノ伴奏で歌ったシューマンの6つの詩とレクイエム、リートと歌第4集から3曲他を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、灰原薬の『応天の門』6<新潮社>を読み進めたりする。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 昼休み、前に仕事仲間だった方から連絡あり。
 新年におめでたい話を知ることができた。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月09日

小さな幸せを大切にしていきたい(CLACLA日記)

 晴天。

 今日も気温は下がり、寒さがとても厳しい。
 ことに朝の冷え込みがつらかった。
 被災地の人々は大丈夫だろうか。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 首のあたりの軽いむち打ちが続く。
 耳鳴りも続く。
 うんざりだ。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時50分台に寝床に就く。


 6時台に起きて、amazon music unlimitedでルイ・フレモー指揮バーミンガム市交響楽団他が演奏したベルリオーズの序曲『ローマの謝肉祭』、『ハムレット』の終幕のための葬送行進曲、劇的物語『ファウストの劫罰』から3つの管弦楽曲、歌劇『ベンヴェヌート・チェッリーニ』序曲、歌劇『トロイアの人々』から「王の狩と嵐」と「トロイ人の行進」を聴いたりしながら準備をすませたのち、8時20分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 夕飯後、amazon music unlimitedでヴィクトリア・ムローヴァとクラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルが演奏したブラームスのヴァイオリン協奏曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、森茂暁の『足利義満』<角川選書>を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでレナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルが演奏したベルリオーズ編曲によるウェーバーの舞踏への勧誘、ウェーバーの歌劇『魔弾の射手』序曲、歌劇『オイリアンテ』序曲、歌劇『オベロン』序曲、バーンスタイン指揮イスラエル・フィルが演奏したメンデルスゾーンの序曲『フィンガルの洞窟』と交響曲第3番「スコットランド」、バリトンのディートリヒ・フィッシャー=ディースカウがクリストフ・エッシェンバッハのピアノ伴奏で歌ったシューマンの子供のための歌のアルバムから7曲、3つの歌Op.83から2曲、手袋、6つの詩Op.89から5曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『足利義満』と灰原薬の『応天の門』6<新潮社>を読み進めたりする。


 今日は、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 小さな幸せを大切にしていきたい。
 そういう一年にしたい。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月08日

成人の日 中村メイコが亡くなっていた(CLACLA日記)

 成人の日。
 いつまで経っても大人に成り切れぬ。


 昨夜から朝にかけて湿った雪が降る。
 青空は見えていたが、どんよりとした感じも強し。

 気温がぐぐっと下がり、寒さがとても厳しい。
 皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 『となりのトトロ』ではないが、本名は五月で芸名は「メイ」コの中村メイコを認識したのはいったいいつだろう。
 たぶん、『お笑いオンステージ』「てんぷく笑劇場」で三波伸介ら喜劇人と丁々発止の掛け合いを繰り返す彼女だったのではないか。
 子供心に演技の達者な人だなと思ったものだ。
 加えて、こういったコントをやりながらもどこか品があるというか、一本演技に線が通っているなと、そんなことはきちんと言葉にできてはいなかったものの、そういう風に漠然と感じてもいた。
 2歳のときに映画デビューし、子役として偉大な喜劇人エノケン榎本健一や古川ロッパと共演、戦前のテレビの実験放送にも出演し、その後も映画、テレビドラマ、演劇と幅広く活躍した人だもの、それも当たり前と言っちゃ当たり前のことか。
 とともに、中村メイコは、俳優としてだけではなく、紅白歌合戦の司会やクイズ番組の解答者、声優、ラジオパーソナリティとマルチタレントの走りでもあった。
 正直、そこまで好みの人ではなかったけれど、今や数少なくなった長年の経験に培われた玄人中の玄人の一人ではあるとも敬意の念を抱いてもいた。
 89歳は大往生かもしれないが、彼女はもっと長生きをするものだと思っていたのでその訃報には驚いた。


 寒さで身体が縮こまる。
 軽いむち打ち状態。
 おまけに腰まで捻った。
 耳鳴りも強まる。
 うんざり。


 戦争反対!
 火事場泥棒の改憲にも反対!
 中東も非常に危うい状態になってきた。
 この先、本当に不安でならない。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、amazon music unlimitedでネヴァーマインドが演奏したテレマンのパリ4重奏曲抜粋、バリトンのディートリヒ・フィッシャー=ディースカウがクリストフ・エッシェンバッハのピアノ伴奏で歌ったシューマンの詩人の恋、ロマンスとバラード第2集と第3集、ベルシャザール他を聴いたりしながら作業を進めたのち、2時半過ぎに寝床に就く。


 9時過ぎに起きる。

 午前中から正午過ぎにかけて、amazon music unlimitedでオットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したワーグナーの歌劇『リエンツィ』序曲と楽劇『神々の黄昏』からジークフリートの葬送行進曲を聴き、クレンペラー指揮ニュー・フィルハーモニア管弦楽団他が演奏したベートーヴェンのミサ・ソレムニスを聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 14時台に外出し、下京図書館へ。
 借りていた本を返却し、予約しておいた森茂暁の『足利義満』<角川選書>、森泉岳士の『ぼくの大林宣彦クロニクル』<光文社>、灰原薬の『応天の門』6<新潮社>を新たに借りる。
 で、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでクレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したワーグナーの歌劇『さまよえるオランダ人』序曲、ロジャー・ノリントン指揮チューリッヒ室内管弦楽団が演奏したモーツァルトのセレナード第5番とディヴェルティメント第10番を聴き、クラウディオ・アバド指揮ロンドン交響楽団他が演奏したドビュッシーの選ばれし乙女(マリア・ユーイングのソプラノ独唱)、牧神の午後への前奏曲、管弦楽のための映像、ラヴェルの道化師の朝の歌、『シェエラザード、おとぎ話への序曲』、シェエラザード(マーガレット・プライスのソプラノ独唱)、海原の小舟、ツィガーヌ(サルヴァトーレ・アッカルドのヴァイオリン独奏)を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、『足利義満』と『応天の門』6を読み始めたりする。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『遠山の金さん2』第10話の拾い観をする。
 メインのゲストは水原麻記で、悪役として山本麟一や吉田豊明が出演していた。


 夕飯後、amazon music unlimitedでアレクサンドル・ラザレフ指揮日本フィルが演奏したチャイコフスキーの交響曲第4番と戴冠式祝典行進曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『足利義満』と『応天の門』6を読み進めたりする。

 入浴後、amazon music unlimitedでイーヴォ・ポゴレリチが弾いたモーツァルトの幻想曲ニ短調、ピアノ・ソナタ第5番と第11番「トルコ行進曲付き」を聴き、リチャード・ヒコックス指揮シティ・オブ・ロンドン・シンフォニアが演奏したフィンジのディエス・ナタリスと武器よさらば(マーティン・ヒルのテノール独唱)、クラリネット協奏曲(マイケル・コリンズの独奏)、フィッシャー=ディースカウがエッシェンバッハのピアノ伴奏で歌ったシューマンのスペインの歌遊びから3曲他を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、『足利義満』と『応天の門』6を読み進めたりする。


 今日は、山崎製パンのきんつばを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 寒さが厳しい中、被災地の人々が気がかりだ。
 それにしても、ここぞとばかり人を叩く連中には反吐がでる。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする