2023年04月30日

今日で4月が終わる(CLACLA日記)

 今日で4月が終わる。
 一日一日を本当に大切にしていかなければ。


 昨夜、激しく雨が降る。
 午前中はどんよりとしたお天気が続いていたが、お昼過ぎから青空が見える。

 じめじめとして今日も快ならず。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度と花粉のトリプルパンチ!!!
 ヒノキ花粉の飛散はまだ続いているようだ。


 次から次へとろくでもないことばかりしでかす政府だ。
 どうしようもない。

 戦争反対!
 どさくさ紛れの改憲も反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、オードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたのち、3時半過ぎに寝床に就く。


 10時に起きる。

 午前から午後にかけて、amazon music unlimitedでアダム・フィッシャー指揮オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団が演奏したハイドンの交響曲第21番、第22番「哲学者」、第23番、第24番、第25番、レオン・グーセンスとコリン・デイヴィス指揮シンフォニア・オブ・ロンドンが演奏したモーツァルトのオーボエ協奏曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、未完成の作品を書き進めたりする。


 井上荒野の『小説家の一日』<文藝春秋>を読了する。
 短篇の一つ一つに脱帽した。
 かなわない。


 13時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、amazon music unlimitedでドミトリー・リス指揮ウラル・フィルが演奏したプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番(アンドレイ・コロベイニコフの独奏)と交響曲第2番、オスカー・レヴァントとユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団が演奏したチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番、アレクサンドル・ラザレフ指揮読売日本交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第5番、ジェラード・シュウォーツ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルが演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ドン・ファン』を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、4月の創作活動について振り返ったりする。


 プロ野球中継のため、ABCラジオの『サニー・フランシスのマサララジオ』は今夜はお休み。


 夕飯後、amazon music unlimitedで小林研一郎指揮ロンドン・フィルが演奏したショスタコーヴィチの交響曲第5番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。

 入浴後、amazon music unlimitedでソプラノのエディット・マティスがレオポルド・ハーガー指揮ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の伴奏で歌ったモーツァルトの「いとしい人よ、もし私の苦しみが」とアリア「もしわが悩みのすべてを」K. 83、ロランス・エキルベイ指揮インスラ・オーケストラ他が演奏したベートーヴェンの合唱幻想曲と3重協奏曲、リコーダーのドロテー・オベルリンガーとヴィオラのニルス・メンケマイヤーが演奏した『ダンス・フォー・トゥー』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 今日は、甘いものはバナナだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日が終われば、通いの仕事は6連休なり。
 まあ、自分の仕事がいろいろとあるんだけどね…。


 明日がいい日でありますように!
 そして、5月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック