2022年10月25日

厚けりゃ暑いし、減らせば寒い(CLACLA日記)

 晴天が続く。

 日中はまだしも、朝晩の冷え込みが厳しい。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 気温の変化がこたえる。
 うんざり。


 イギリスの新首相にスナク元財務相が就任した。

 中国では習近平体制が強化されているようだ。
 いろいろと考えることあり。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時40分過ぎに寝床に就く。

 厚めの布団で寝たら寝汗をかいて、2時台に一度目が醒める。
 で、タオルケットをどけて寝たら、今度は明け方に寒さで目が醒める。
 なんともかとも。

 7時少し前に起きて、YouTubeでネヴィル・マリナー指揮アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズが演奏したヴォルフ=フェラーリの管弦楽曲集、小澤征爾指揮ボストン交響楽団が演奏したベートーヴェンの劇音楽『エグモント』序曲を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時18分に外出する。


 で、夕方まで仕事に勤しんだのち、仕事関係の用件を片付け、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、YouTubeの東映時代劇の公式アカウントで松田定次監督の『天下の御意見番』の拾い観をする。
 月形龍之介が大久保彦左衛門を演じたほか、北大路欣也や松方弘樹、丘さとみ、そして片岡千恵蔵市川右太衛門両御大らが出演。


 夕飯後、YouTubeでクリーヴランド・カルテットが演奏したメンデルスゾーンの弦楽4重奏曲第2番と弦楽8重奏曲(メリオラ・カルテットの共演)、レナード・バーンスタイン指揮ロサンゼルス・フィルが演奏したコープランドのバレエ音楽『アパラチアの春』組曲、ウィリアム・シューマンのアメリカ祝典序曲、バーバーの弦楽のためのアダージョ、バーンスタイン自身の歌劇『キャンディード』序曲を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の改稿作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、石田夏穂の『我が友、スミス』<集英社>を読み進めたりする。

 入浴後、YouTubeでズビン・メータ指揮ロサンゼルス・フィルが演奏したアイヴズの交響曲第1番と第2番、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニーのサイトでパトリック・リングボリ指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルが演奏したアルヴェーンの交響曲第2番、YouTubeでカルミナ・カルテットが演奏したシマノフスキの弦楽4重奏曲第1番と第2番、ウェーベルンの緩徐楽章、ヴァンサン・ラルドゥレが弾いたラヴェルのラ・ヴァルスと亡き王女のためのパヴァーヌを聴く。


 今日も、仕事先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 いらいらしちゃいかんと思いつつ、ついついいらいらしてしまう。
 大人気ないったらありゃしない。
 馬鹿者が。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック