2022年09月07日

夜になってだいぶん涼しくなった(CLACLA日記)

 晴天が続く。
 どんよりとした感じはありつつも。

 気温は少し下がったか。
 それでも、暑さは感じたが。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 身体が重たい。
 頭も重たい。


 映画監督の小林政広が亡くなった。68歳。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 戦争反対!
 火事場泥棒にも反対!
 改憲にも反対!
 安倍晋三元総理の国葬にも反対!

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、3時少し前に寝床に就く。


 9時半過ぎに起きる。

 午前中、YouTubeでジャナンドレア・ノセダ指揮フランス国立管弦楽団が演奏したストラヴィンスキーの幻想的スケルツォとリムスキー=コルサコフの交響組曲『シェエラザード』、クリスティアン・マチェラル指揮フランス国立管弦楽団が演奏したチャイコフスキーの幻想序曲『ロメオとジュリエット』とロココ風の主題による変奏曲(ジャン=ギアン・ケラスのチェロ独奏)を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、彩瀬まるの『新しい星』<文藝春秋>を読み進めたり、若林正恭の『ナナメの夕暮れ』<文春文庫>を読み始めたりする。


 正午過ぎ、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 13時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでクラウス・マケラ指揮フランス放送フィルが演奏したサロネンのチェロ協奏曲(トルルス・モルクの独奏)とシベリウスの交響曲第1番、カールマン・ベルケシュ指揮韓国交響楽団が演奏したリストの交響詩『前奏曲』、ミハイル・ユロフスキ指揮韓国交響楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第10番を聴いたりしながら仕事関係の作業を進めたり、作品の加筆作業を進めたり、『ナナメの夕暮れ』を読み進めたりする。


 『新しい星』を読了する。
 最初はそれほどのれなかったのだけれど、章が進むごとにどんどんひき込まれていった。
 ああ、面白かった!!!


 途中夕飯を挟み、GYAO!で『破れ傘刀舟悪人狩り』第109話「地獄のひまわり」、YouTubeの東映時代劇公式アカウントで『大奥』第41話の拾い観をする。


 夕飯後、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 『角田龍平の蛤御門のヘン』は、初秋のサイキックミーティング2022。
 北野誠さんと竹内義和兄貴の登場!

 入浴後、YouTubeでキース・バケルス指揮マレーシア・フィルが演奏したカリンニコフの交響曲第1番と第2番、レオン・マッコーリーが弾いたブラームスの6つのピアノ小品作品118と16のワルツ、ギターの猪居亜美が弾いたタレガの椿姫の主題による幻想曲、メルツ編曲によるシューベルトのセレナードと郵便馬車、ドメニコ・スカルラッティのソナタイ長調K.208を聴く。


 今日は、甘いものは少しだけ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 夜になってだいぶん涼しくなった。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック