2021年08月02日

おめでとう!!!!(CLACLA日記)

 晴天。
 今日は、雨は降らなかった。

 猛暑続き。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 暑さバテ。
 いやあ、まいった!


 新型コロナの感染、それもデルタ株の感染が拡大しているというのに、オリンピックは今も続いている。
 強引に真夏の開催を押し切ったNBCだが、オリンピックの視聴率は激減しているという。
 ざまをみろ!
 一方、いつもの如くペテンでもって東京開催を手にした安倍前総理はなりを潜めている。
 本当に狡くて汚らわしい人物だ。
 東京オリンピックなんかとっととやめちまえ。


 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時半近くに寝床に就く。


 7時過ぎに起きて、YouTubeでヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルが演奏したロッシーニの歌劇『絹のきざはし』序曲、歌劇『セビリャの理髪師』序曲、歌劇『アルジェのイタリア女』序曲、歌劇『どろぼうかささぎ』序曲を聴いたりしながら準備を進めたのち、8時22分に外出する。


 で、夕方までアルバイトに勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 夕飯後、YouTubeでカラヤン指揮ベルリン・フィルが演奏したロッシーニの歌劇『セミラーミデ』序曲と歌劇『ウィリアム・テル』序曲、サンソン・フランソワとルイ・フレモー指揮モンテカルロ国立歌劇場管弦楽団が演奏したショパンのピアノ協奏曲第1番と第2番、フランソワが弾いたショパンのワルツ第1番「華麗なる大円舞曲」と第2番「華麗なる円舞曲」、オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第25番、アダージョとフーガ、交響曲第35番「ハフナー」、歌劇『後宮からの逃走』序曲、歌劇『魔笛』序曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、過去の作品の改稿作業を進めたり、村上春樹の『古くて素敵なクラシック・レコードたち』<文藝春秋>を読み進めたりする。


 今日は、アルバイト先でいただいたお菓子を食す。
 実に美味しうございました。
 ごちそうさま!


 帰宅後、嬉しい知らせが届く。
 おめでとう!!!!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい!
posted by figarok492na at 20:31| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。