2021年02月17日

雪も降る寒い一日 小峰隆司さんが亡くなった(CLACLA日記)

 気温がぐぐっと下がり、寒さがとても厳しい。
 ただ、もう冬の寒さではないという感じもする。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。

 青空は見えるも、どんよりとしたお天気。
 雪も降る。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 俳優の小峰隆司さんが亡くなった。87歳。
 東映京都を代表する悪役、斬られ役のお一人と言っても過言ではあるまい。
 メリハリのきいた、って言葉はほんとは変だけど、そんな風に表現したくなるような目張りをしっかりと入れた強面の容貌で東映の時代劇を長く支えた人物。
 福本清三先生に対して、小峰さんは「一万回殺された男」の異名を与えられていた。
 小峰さんをフィーチャーしたドキュメンタリーを観たのはもうずいぶん前のことだ。
 しかし、福本先生が亡くなってひと月と少し、今度は小峰さんが逝かれるとは。
 どうにも哀しい。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 オリンピックなんか、やめちまえ。


 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、ラジオ関西/radikoで爆笑問題カーボーイを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 朝から予定や連絡作業をすませる。

 その後、YouTubeでカール・シューリヒト指揮ウィーン・フィルが演奏したモーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」とシューベルトの交響曲第7番「未完成」、ヴァイオリンのギドン・クレーメルとピアノのマルタ・アルゲリッチが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」、オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したブラームスの大学祝典序曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 シューリヒトの2曲はLP時代に慣れ親しんだ録音。
 久しぶりに聴いたが、やっぱりしっくりくる。
 クレンペラーの大学祝典序曲は熱狂性と暴力性すらためた凄い演奏。


 春日太一の『大河ドラマの黄金時代』<NHK出版新書>を読了する。
 春日さんの筆運びにはどうしても首肯しにくい部分もあるのだけれど、NHKの大河ドラマを概観するという意味では手頃な一冊ではないか。
 ちなみに、『山河燃ゆ』、『独眼竜政宗』、『武田信玄』、『翔ぶが如く』はテーマ音楽も含めて大いにはまった作品であった。


 正午過ぎ、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも水曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 13時直前に外出し、銀行などを回り、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでクレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したブラームスの悲劇的序曲、アルト・ラプソディ(クリスタ・ルートヴィヒのメゾソプラノ独唱)、交響曲第4番、クラウディオ・アバド指揮ロンドン交響楽団が演奏したヒンデミットのウェーバーの主題による交響的変容、プロコフィエフのバレエ音楽『道化師』組曲とバレエ音楽『ロメオとジュリエット』抜粋、リカルド・シャイー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したストラヴィンスキーの幻想的スケルツォを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたりする。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『伊藤史隆のラジオノオト』を聴く。


 夕飯後、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』、YouTubeでソプラノのサラ・フォックスとロリン・マゼール指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したマーラーの交響曲第4番、シャイー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したマーラーの葬礼、ABCラジオの『よなよな…水曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 『角田龍平の蛤御門のヘン』は、新曲を発表したばかりのオール巨人師匠、そして構成作家でタレントの柳田光司さんがゲスト。
 いつもよりさらに密度の濃い内容だった。
 ああ、面白かった!!!


 今日は、残り物のチョコレートやチョコ菓子を食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:47| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。