2021年02月11日

森たけしのスカタンラジオがなかなか面白かった(続きのCLACLA日記)

 『帰って来たヨッパライ』を観たあと、YouTubeでバリトンのマティアス・ゲルネがアンドレアス・ヘフリガーのピアノ伴奏で歌ったシューベルトの夕映えの中でD.799、さすらい人D.493、夜咲きすみれD.752、森にてD.834、ノルマンの歌D.846、精霊の踊りD.116、宝堀り人の願いD.761、月に寄せてD.259、魔王D.328、湖のほとりでD.746、アリンデD.904、反映D.949、鱒D.550、流れD.693、夕焼けD.690、嘆きD.415、川D.565、漁夫の歌D.881、ルックの丘にてD.853、イアン・ホブソン指揮シンフォニア・ヴァルソヴィアが演奏したマルティヌーのスケルツォの形式による前奏曲、大管弦楽のための作品、村の祝宴、夜想曲、小さな舞踏組曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり、久保田哲の『明治十四年の政変』<集英社インターナショナル新書>を読み進めたりする。
 ゲルネとヘフリガーのシューベルトはDECCAレーベルのCDが手元にあるが、今日聴いたのはHMF音源のもの。
 表情がさらに豊かさを増している。
 マルティヌーは機智に富んだ音楽で、聴いていて実に愉しい。


 北野武の『浅草迄』<河出書房新社>を読了する。
 面白くって、ついつい読み進め、読み終えてしまった。
 文学なんて何も知らずに書いているのではなく、いろいろと知っているけど、結局自分にはこれしかないと決めた上でこう書いているような潔さも感じる。


 途中夕飯を挟み、MBSラジオの『森たけしのスカタンラジオ』を聴く。
 今日初めて聞いたが、特に古いレコードを聴くコーナーが面白かった。
 元読売テレビといえば御用御用の辛抱ならない人物がABCラジオで重用されているけれど、僕は断然森たけし支持だ。


 夕飯後、YouTubeでベルトラン・シャマユが弾いたシューベルトの連禱(リスト編曲)、美しき水車小屋の娘から「水車職人と小川」(同)、12のドイツ舞曲D.790、アレグレット ハ短調D. 915、レントラーD.366-12、3つの小品D. 946、クーペルヴィーザー・ワルツ(リヒャルト・シュトラウス補作)、水の上にて歌う(リスト編曲)、ペーター・ルジツカ指揮北ドイツ放送交響楽団が演奏した自作のフォアエコー、ナッハクラング、G.Sのための追憶、夜の小品、シモーネ・ヤング指揮ハンブルク州立フィルが演奏したブルックナーの交響曲第1番、アレクサンドル・トラーゼとゲオルゲ・ヴァチナーゼが演奏したショスタコーヴィチの2台のピアノのためのコンチェルティーノを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品を書き進めたり『明治十四年の政変』を読み進めたりする。


 今日は、ゴーフレットクランチミルクチョコを食す。
 近くのダイソーで購入したもの。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:26| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。