2021年02月06日

花粉症の出かかり(CLACLA日記)

 晴天が続く。

 気温も上昇し、穏やかな一日だった。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 花粉症の出かかり。
 両耳の不調も続く。


 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。


 昨夜、KBS京都で三四郎のオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、2時40分過ぎに寝床に就く。


 8時台に起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。

 その後、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』(冒頭、遥洋子がゲストで出ていた)、YouTubeでウカシュ・ボロヴィチ指揮ポーランド放送交響楽団が演奏したドブジンスキのピアノ協奏曲(エミリアン・マデイの独奏)、交響曲第2番「性格的」、同曲の原典版の緩徐楽章を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、作品の手直しを進めたり、江國香織の『去年の雪』<角川書店>と諸石幸生の『クラシック最新の名演名盤1001』<講談社+α文庫>を読み進めたりする。
 ドブジンスキはポーランドの作曲家で、ショパンの先駆者的存在。
 ピアノ協奏曲など、ショパン好きにはたまらない内容だろう。
 過度にならない民俗性と初期ロマン派的な抒情性をためた交響曲ともども、なかなかの聴きものだ。


 午後、仕事関係の用件を片付ける。

 13時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、田坂具隆監督の『スクラップ集団』(1968年/松竹)のDVDを観て感想をアップする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 その後、YouTubeでアントン・シュテックとクリストフ・シュペリング指揮ラルパ・フェスタンテが演奏したモーリックのヴァイオリン協奏曲第3番と第6番、ヤニク・ネゼ=セガン指揮ヨーロッパ室内管弦楽団が演奏したシューマンの交響曲第2番と第3番「ライン」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『去年の雪』と『クラシック最新の名演名盤1001』を読み進めたりする。
 モーリックは初期ロマン派のドイツのヴァイオリニストで作曲家。
 ピリオド楽器のソロとオーケストラが、作品の性質をよく表している。
 一方、ネゼ=セガンとヨーロッパ室内管のシューマンは前へ前へと進んでいく、エネルギッシュな演奏だ。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『土曜いそべ堂』を聴く。


 夕飯後、YouTubeでスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮ヴロツワフ・フィルが演奏したルトスワフスキの管弦楽のための協奏曲と交響曲第1番、NHK・FMの『クラシックの迷宮』、YouTubeでスクロヴァチェフスキ指揮ドイツ放送フィルが演奏したブラームスの交響曲第4番、フーゴー・ヴォルフ・カルテットが演奏したヴォルフの弦楽4重奏曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『去年の雪』と『クラシック最新の名演名盤1001』を読み進めたりする。
 『クラシックの迷宮』は、今年生誕150年を迎えるステンハンマルの特集。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:51| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。