2020年12月26日

年末進行継続中(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じが増す。

 日中はまだ穏やかな感じ。
 朝晩は厳しい寒さだが。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 身体、重たし。
 両耳の不調も続く。


 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。


 昨夜、3時少し前に寝床に就く。


 9時過ぎに起きて、近くのコインランドリーで洗濯をすませる。

 その後、ABCラジオの『征平吉弥の土曜も全開!!』、YouTubeでフーゴ・ヴォルフ・カルテットが演奏したヴォルフの間奏曲とイタリア風セレナード、ベンジャミン・ホックマンが弾いたクルタークのシューベルトへのオマージュ、ヴィドマンの牧歌と深淵 〜 6つのシューベルトの追憶、シューベルトのピアノ・ソナタ第13番と第17番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 午後、仕事関係の作業を進めたり、ベランダや換気口などの掃除を行ったりする。
 途中眠気に勝てず、少しうとうととする。


 14時過ぎに外出し、下京図書館へ。
 奥田亜希子の『愛の色いろ』<中央公論新社>、中川右介の『阪神タイガース 1965-1978』<角川新書>、泉麻人の『冗談音楽の怪人・三木鶏郎』<新潮選書>を返却し、春日太一の『仲代達矢が語る日本映画の黄金時代』<PHP新書>、予約しておいた小川洋子の『約束された移動』<河出書房新社>、石原燃の『赤い砂を蹴る』<文藝春秋>、北村薫の『雪月花』<新潮社>を新たに借りる。

 その後、仕事関係の用件を片付け、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでクラウス・ペーター・フロール指揮ウィーン・コンツェルト=フェラインが演奏したウェーバーの交響曲第1番と第2番、ピアノと管弦楽のためのコンツェルトシュトゥック(フロリアン・クルンペックの独奏)、アンネ・ゾフィー・ムターとアンドレ・プレヴィン指揮ウィーン・フィルが演奏したコルンゴルトのヴァイオリン協奏曲、ジェイムズ・ジャッド指揮ニュージーランド交響楽団が演奏したブリッジの春の訪れ、夏、2つの詩、海、ヴァイオリンのヒラリー・ハーンとコリン・デイヴィス指揮ロンドン交響楽団が演奏したヴォーン・ウィリアムズの揚げひばり、ケネス・シャーマーホーン指揮ナッシュヴィル交響楽団が演奏したエリオット・カーターの祭日序曲、ロジャー・ノリントン指揮シュトゥットガルト放送交響楽団が演奏したベルリオーズの序曲『宗教裁判官』、ピエール・ブーレーズ指揮クリーヴランド管弦楽団が演奏したラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌと古風なメヌエットを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、『仲代達矢が語る日本映画の黄金時代』を読み始めたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『N響 ザ・レジェンド』を聴く。
 NHK交響楽団の名誉指揮者ヨーゼフ・カイルベルトが指揮した古典派の作品の特集で、ワーグナー編曲によるグルックの歌劇『アウリスのイフィゲニア』序曲、モーツァルトの交響曲第39番、ハイドンの交響曲第94番「驚愕」と第99番などのライヴ録音が放送されていた。
 純ドイツ的というか、腰がどっしりと落ち着いた音楽づくりなのだが、古臭さを感じることはなかった。


 夕飯後、YouTubeでクリスティアン・アルミンク指揮リェージュ王立フィルが演奏したフランクの交響曲と山の上で聞こえるのは、テノールのジュリアン・ベールがピエール・ブルーズ指揮リヨン国立歌劇場管弦楽団の伴奏で歌ったオペラ・アリア集(シャブリエのハバネラを含む)、ヴァイオリンのトーマス・ツェートマイヤーとチェロのアントニオ・メネシス、クルト・ザンデルリンク指揮ケルン放送交響楽団が演奏したブラームスの二重協奏曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『仲代達矢が語る日本映画の黄金時代』を読み進めたりする。
 今夜は、『クラシックの迷宮』はお休み。
 残念。
 フランスのテナー、ジュリアン・ベールは透明感のある美しい歌声の持ち主で、このアリア集は大いにお薦めだ。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 年末進行継続中。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:00| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。