2020年12月23日

朝から工事がうっとうしい(CLACLA日記)

 晴天が続いている。

 朝晩はやはり冷え込みが厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪やインフルエンザにもお気をつけのほど。


 身体、重たし。
 両耳の不調も続く。


 袴田事件に関し、最高裁が再審を認めない東京高裁の決定を取り消し、審理を差し戻すことを決めた。
 まずは何よりである。
 そして、静岡県警の冤罪製造機紅林警部から特捜最前線の紅林刑事、横光克彦のことを思い起こした。

 吉川元農水相の議員辞職が許可されたとのこと。
 安倍晋三前総理も早々に議員を辞職するべきなのではないか。

 新型コロナ感染者がますます増加している。
 いつ感染してもおかしくない状況だ。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、2時20分過ぎに寝床に就く。


 8時半過ぎに起きて、洗濯をすませる。

 その後、YouTubeでキリル・カラビツ指揮ボーンマス交響楽団が演奏したプロコフィエフの交響曲第6番と第7番、リャトシンスキーの交響曲第3番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、泉麻人の『冗談音楽の怪人・三木鶏郎』<新潮選書>を読み進めたりする。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも水曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 正午過ぎ、眠気に勝てず少しうとうととする。


 13時台に外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでヘルベルト・ブロムシュテット指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第40番と第41番「ジュピター」、マレク・ヤノフスキ指揮ベルリン放送交響楽団が演奏したヘンツェの交響曲第1番、第2番、第3番、第4番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『妻夫木夫妻と生方氏』の手直しを進めたり、『冗談音楽の怪人・三木鶏郎』を読み進めたりする。


 夕飯後、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』、YouTubeでヤノフスキ指揮ケルンWDR交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第1番、第2番、第8番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冗談音楽の怪人・三木鶏郎』を読み進めたりする。
 『角田龍平の蛤御門のヘン』は、花房観音さんがゲスト。
 年末、刺激になる内容だ。


 今日は、少しずつ甘いものを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 朝から近くで貯水槽の工事をガンガンガンガンやっている。
 うっとうしいかぎり。
 できたらできたで連日嫌な音をさせるのだろう。
 開業したところで、どれだけ客が入るかわからぬホテル(四条大宮プロジェクト)のためになんで嫌な想いをせねばならぬのか。
 逆に客が入ったら入ったでいろいろ面倒なことも起こるだろうし。
 なんともかよも。
 いずれにしても、愚かな判断をくだした者が三年以内に悲惨な状況に追い込まれないかとても心配だ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:39| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。