2020年12月04日

身体のメンテナンスですっきりした!!!(CLACLA日記)

 晴天が続く。

 日中は穏かだったが、朝晩は冷え込む。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 フランスの元大統領、ヴァレリー・ジスカールデスタンが亡くなった。94歳。
 深く、黙禱。


 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でナインティナインのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、2時40分過ぎに寝床に就く。


 朝から、大切な予定をすませる。

 その後、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』、YouTubeでパーヴォ・ヤルヴィ指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第5番、ピアノのエルダー・ネボルシンとアントニ・ヴィト指揮ワルシャワ・フィルが演奏したショパンのロンド・クラコヴィアクを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、服部まゆみの『最後の楽園』<河出書房新社>を読み進めたりする。


 午後、ABCラジオの『兵動大樹のほわ〜っとエエ感じ。』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 途中、眠気に勝てず少しうとうととする。


 14時少し前に外出し、西院の業務スーパーでお米(10キロ)などを買い込む。

 帰宅後、YouTubeでアンドレイ・ボレイコ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第4番と歌劇『ムツェンスク郡のマクベス夫人』組曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 17時過ぎに外出し、仕事関係の用件を片付ける。
 その後、百万遍方面へ。
 身体のメンテナンスをすませる。
 じっくりメンテナンスしてもらい、だいぶん楽になった。
 ああ、すっきりした!!!

 その後、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『伊藤史隆のラジオノオト』を聴く。


 夕飯後、YouTubeでボレイコ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第5番と第6番、マンフレッド・カルテットが演奏したウェーベルンの弦楽4重奏曲、ボレイコ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第15番、マンフレッド・カルテット他が演奏したシェーンベルクの弦楽4重奏曲第2番、ベルクの弦楽4重奏曲、ザーイル・アンサンブルが演奏したウェーベルン編曲によるシェーンベルクの室内交響曲第1番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたりする。


 『最後の楽園』を読了する。
 ああ、面白かった!!!


 今日は、バナナを食す。
 昨日の朝食の残りなり。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:40| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。