2020年11月24日

世は三連休明け(CLACLA日記)

 世は三連休明け。


 晴天。

 気温はさらに下がり、朝晩は冷え込む。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 桜を見る会に関して、安倍前総理への事情聴取も行われるようである。
 いろいろと想い、いろいろと考えることあり。


 自民党内閣が今日も続く
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時20分過ぎに寝床に就く。


 明け方、小学校時代の同級生(男性)が出た夢を見る。
 美味しいカレーをご馳走するよ、と小学生の彼に言っているのだが、有名なチェーン店のカレーがいいと言う。
 てな具合の夢。
 よく遊びはしたが、それほど仲がよいというわけでもなかった相手で、苗字はすぐ出てきたのに、下の名前がすぐに思い出せない。
 ああ、こうやって物忘れをしていくのだと思いつつ、いつもの思い出し方(あ、からそれらしい名前をどんどん連想して正解に辿り着く)でなんとか思い出した。
 それにしても、妙な夢だった。

 6時台に起きて、YouTubeでレナード・スラットキン指揮BBCコンサート・オーケストラが演奏したルロイ・アンダーソンのトランペット吹きの休日、ブルー・タンゴ、春が来た、舞踏会の美女、ブラッドフォード知事マーチ、クラリネット・キャンディ、キャプテンたちと王様たち、ゴールデン・イヤーズ、チキン・リール、フィドル・ファドル、クラシカル・ジュークボックス、チャイナ・ドールを聴いたりしながら朝の準備をすませ、8時16分に外出する。


 で、夕方までアルバイトに勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、レナード・スラットキン指揮BBCコンサート・オーケストラが演奏したルロイ・アンダーソンの小さなバラード、アリエッタ、ジェフリー・ビーゲルのピアノ独奏によるピアノ協奏曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、雑件を片付けたりする。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『伊藤史隆のラジオノオト』を聴く。


 夕飯後、YouTubeでヴァーツラフ・ターリヒ指揮スロヴァキア室内フィルが演奏したモーツァルトの歌劇『フィガロの結婚』序曲、ターリヒ指揮スロヴァキア・フィルが演奏したチャイコフスキーの組曲第4番『モーツァルティアーナ』、ターリヒ指揮チェコ・フィルが演奏したモーツァルトの歌劇『魔笛』序曲、交響曲第38番「プラハ」と第33番、ABCラジオの『よなよな…火曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『妻夫木夫妻と生方氏』の手直しを進めたり、中元崇智の『板垣退助』<中公新書>と小川哲の『嘘と正典』<早川書房>を読み進めたりする。
 『嘘と正典』は「ムジカ・ムンダーナ」まで読み終えたが、いやあこれは面白い。
 素晴らしい短篇集だ。


 今日も、明治製菓のベストスリーと名糖のピーナッツクランチチョコレートを少しずつ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日はアルバイトは休み。
 なれど、やるべきことは多々あり。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:49| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。