2020年09月26日

遠出をせず作業を進めた一日(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨も降る。

 気温はあまり上昇せず、じめ涼しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 風邪にもお気をつけのほど。


 新型コロナウイルスはもう大丈夫だろうという過信か。
 人の生命よりもまずは銭金という欲望か。
 いずれにしても、末恐ろしい。

 竹中平蔵がまたぞろ虚言妄言を吐いている。
 世が世なら、即刻暗殺されてしまう人物だろう。
 いずれにしても、度し難い。

 自民党内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。

 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、1時50分に寝床に就く。


 10時近くまで朝寝坊。

 すぐに外出し、郵便局を回り、買い物をすませて帰宅した。

 帰宅後、YouTubeでヘルムート・ミュラー=ブリュール指揮ケルン室内管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第31番「パリ」、第36番「リンツ」、第38番「プラハ」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 午後、仕事関係の予定をすませる。

 その後、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでヤーコ・ルオマとタピオラ・シンフォニエッタが演奏したフンメルとモーツァルトのファゴット協奏曲、ヴィンターのファゴット・コンチェルティーノ、ロッシーニのファゴット協奏曲、マルクス・マルクニッティとサカリ・オラモ指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルが演奏したグリエールのホルン協奏曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、村田沙耶香の『丸の内魔法少女ミラクリーナ』<角川書店>を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、KBS京都の『ネイビーズアフロの聴けばミヤコ!』を聴く。
 この番組も今夜が最終回。


 夕飯後、YouTubeでギターのティモ・コルホーネンとサントゥ=マティアス・ロウヴァリ指揮オウル交響楽団が演奏した細川俊夫のギター, 弦楽とパーカッションのための「旅 IX, 目覚め」、室内オーケストラのための「開花 II」、ピアノのウラディーミル・ストウペルが弾いたバラキレフのグリンカの「ひばり」によるパラフレーズ、グリンカのベッリーニの歌劇『カプレーティとモンテッキ』の主題による変奏曲ハ長調、NHK・FMの『クラシックの迷宮』、YouTubeでエンリケ・マッツォーラ指揮イル・ド・フランス国立管弦楽団が演奏したベッリーニの歌劇『カプレーティとモンテッキ』序曲、ドニゼッティの歌劇『ドン・パスクワーレ』序曲、歌劇『ロベルト・デヴリュー』序曲、歌劇『パリのウーゴ伯爵』序曲、マイアベーアの歌劇『アンジュのマルゲリータ』序曲、メルカダンテの歌劇『アンティオキアのエンマ』序曲、ロッシーニの歌劇『タンクレーディ』序曲、歌劇『セヴィリアの理髪師』序曲、フォルテピアノのクリスティアン・ベズイデンホウトが弾いたモーツァルトのドゥゼートの『ジュリ』の「リゾンは眠った」による9つの変奏曲、ピアノ・ソナタ第8番、サリエーリの歌劇『ヴェネツィアの定期市』のアリア「わがいとしのアドーネ」による6つの変奏曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『妻夫木夫妻と生方氏』を書き進めたり、『丸の内魔法少女ミラクリーナ』を読み進めたりする。
 『クラシックの迷宮』はNHKのアーカイブスからの週で、『現代日本の音楽』のためのスタジオ録音から、山田和男(一雄)指揮東京フィルが演奏した清瀬保二の日本祭礼舞曲、金子登指揮東京フィルが演奏した山本直忠の壮年時代、作曲家指揮東京フィルが演奏した安部幸明の交響曲第1番が放送されていた。
 当時の東京フィルの技術的な問題もあるのかもしれないが、片山杜秀が触れているように、安部幸明自身の指揮による交響曲第1番が、日頃聴いているドミトリー・ヤブロンスキー指揮ロシア・フィルの演奏に比べて相当遅いテンポでロマンティックな解釈だったのにちょっとびっくりした。
 あと、メルカダンテの歌劇『アンティオキアのエンマ』序曲では、ハイドンの交響曲第104番「ロンドン」の終楽章の旋律が引用されていた。


 今日は、宝製菓のチョコバナナクリームサンドを食す。
 三条の卸売ひろばタカギで購入したもの。
 バナナクリームを挟んだココア地のビスケットで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 遠出をせず、作業を進めた一日。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:05| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。