2020年06月22日

ただただ感謝!!!(CLACLA日記)

 晴天。

 気温も上昇し、暑さを強く感じる。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時半に寝床に就く。


 7時少し前に起きて、YouTubeでパウル・ヴァン・ケンペン指揮コンセール・ラムルー管弦楽団が演奏したロッシーニの歌劇『ウィリアム・テル』序曲と歌劇『セビリャの理髪師』序曲、ドニゼッティの歌劇『連隊の娘』序曲を聴いたりしながら朝の準備をすませ、8時20分少し前に外出する。


 で、夕方までアルバイトに勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 一言も口にしていなかったのに、アルバイト先で誕生日のお祝いの言葉をいただいた。
 ただただ感謝!!!


 帰宅後、YouTubeでケンペン指揮コンセール・ラムルー管弦楽団が演奏したメンデルスゾーンの序曲『夏の夜の夢』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、雑件を片付けたりする。


 夕飯後、YouTubeでバスティアーン・ブロムヘルト指揮アマデウス・ウィンズが演奏したモーツァルトの歌劇『後宮からの逃走』のハルモニームジーク、ネルソン・フレイレが弾いたドビュッシーの前奏曲集第1巻、子供の領分、月の光、レントより遅くを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、過去の作品の改稿作業を行ったり、油井大三郎の『避けられた戦争』<ちくま新書>を読み進めたり、北野武の『首』<角川書店>を読み始めたりする。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 会うは別れの始めというが。
 やっぱりさみしくなるな。
 でも、新しい門出を祝いたい。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:44| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。