2020年06月18日

またもやびしょ濡れ(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨降り。

 気温はそれほど上昇しなかったものの、じめじめとして快ならず。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度のWパンチ。
 両耳の不調も続く。


 国会が閉会される。
 いろいろと想い、いろいろと考えることあり。


 河井克行案里夫妻が逮捕されるとのこと。
 むろんこの夫妻の罪は厳しく追及されるべきだが。
 それ以上に、安倍総理夫妻の罪も厳しく追及されるべきではないか。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時半過ぎに寝床に就く。


 6時50分に起きて、YouTubeでヴァルター・ギーゼキングが弾いたモーツァルトのロンドニ長調とピアノ・ソナタ第6番を聴いたりしながら朝の準備をすませたのち、8時20分少し前に外出する。


 で、夕方までアルバイトに勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 今日も、『桃太郎侍』と『暴れん坊将軍V』を観ることができた。


 昨日ちゃんとしたレインコートを買いそびれてしまい、家にあった100均のレインコートのストックを使ったものの、ちょっと動いただけですぐに破れてしまい、強い雨もあってびしょ濡れになる。
 安物買いの銭失い。
 情けない。


 帰宅後、YouTubeでベンジャミン・ブリテン指揮イギリス室内管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第25番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、雑件を片付けたりする。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『伊藤史隆のラジオノオトはじめました』を聴く。
 いよいよプロ野球の開幕ということで、この番組もおしまいである。
 正直、プロ野球の中継よりこちらのほうが自分にとっては愉しいんだけど、まあ仕方ない。


 夕飯後、YouTubeでヴァイオリンのシャローン・ロフマンがリードするロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第5番と序曲『コリオラン』、モーツァルトのフルートとハープのための協奏曲(2019年5月4日、グラスゴー・ロイヤル・コンサートホール)、ポール・ルイスが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第14番「月光」とシューベルトのピアノ・ソナタ第18番「幻想」(2020年6月10日、ロンドン・ウィグモアホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、過去の作品の改稿作業を行ったり、村岡恵理の『ラストダンスは私に』<光文社>を読み進めたりする。


 今日も、ウェハースを食す。
 昨日の残りなり。
 まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:29| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。