2020年06月09日

いい笑顔だったなあ(CLACLA日記)

 一応晴天が続く。
 そろそろどんよりとしてきそうだけれど。

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。
 熱中症にもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 特別低額、ではない定額給付金の申請書がようやく届いた。
 そういえば、一口座をマイナンバーに紐付けする法案を自公に癒党の維新が提出するという。
 やるべきことはやらないで、やらずもがなのことはいそいそとやろうとしたがる。
 下の下、愚の愚。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時20分過ぎに寝床に就く。


 7時過ぎに起きて、YouTubeでレオポルド・ストコフスキー指揮ロンドン交響楽団が演奏したムソルグスキーの交響詩『はげ山の一夜』、ストコフスキー指揮ニュー・フィルハーモニア管弦楽団が演奏したベートーヴェンの劇音楽『エグモント』序曲を聴いたりしながら朝の準備をすませ、8時20分少し前に外出する。


 で、夕方までアルバイトに勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 今日は、ある行動でめったに笑顔を見せない人に笑ってもらうことができた。
 天岩戸を開いてもらった心持ち。
 いい笑顔だったなあ。
 って、ちゃんと仕事もしてます!


 夕飯後、YouTubeでズービン・メータ指揮ロサンジェルス・フィルが演奏したジョン・ウィリアムズの『スターウォーズ』組曲、バーンスタインの音楽劇『キャンディード』序曲、ヴェルディの歌劇『運命の力』序曲、ヨハン・シュトラウスU世の喜歌劇『こうもり』序曲、ABCラジオの『よなよな…火曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、過去の作品の改稿作業を行ったり、高瀬隼子の『犬のかたちをしているもの』<集英社>を読み進めたりする。


 今日は、ピーナッツチョコレートを食す。
 近くのファミリーマートで購入したもの。
 オーソドックスなピーナッツ入りのブロックチョコレートで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:07| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。