2020年05月11日

暑さが厳しい一日(CLACLA日記)

 晴天。

 気温も上昇し、暑さが厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 やっぱり何かが飛んでいそうだ。
 両耳の不調も続く。


 きゃりーぱみゅぱみゅが自分のツイートを削除せねばならなくなった。
 様々な形の圧迫があったのだろう。
 安倍総理一党とそれに追従する人々にとっては、影響力の大きい人間による反対はもっとも避けたいものだから。

 新型コロナウイルスによって安倍内閣の低劣さが一層明らかになっている。
 それでも、世論調査では支持率が極端に下がらない。
 いろいろと想い、いろいろと考えることあり。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、23時20分過ぎに寝床に就く。


 7時少し前に起きて、YouTubeでアンドリュー・リットン指揮シンガポール交響楽団他が演奏したベートーヴェンの合唱幻想曲(2019年11月8日、シンガポール・エスプラネード・コンサートホール)を聴いたりしながら朝の準備をすませ、8時20分に外出。


 で、夕方までアルバイトに勤しみ、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 夕飯後、MBSラジオの『ニュースなラヂオ』、YouTubeでリットン指揮シンガポール交響楽団他が演奏したホルストの組曲『惑星』(同)、マルタ・アルゲリッチとDarío Alejandro Ntaca指揮シンガポール交響楽団が演奏したプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番(2018年6月13日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、過去の作品の改稿作業を行ったり、宮本百合子全集第二十四巻<新日本出版社>とつづ井の『まるごと腐女子のつづ井さん』<文春文庫>を読み進めたりする。


 今日は、バニラクリームクラッカーを食す。
 マツモト五条店で購入したもの。
 まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 20:56| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。