2020年05月08日

『まるごと腐女子のつづ井さん』を買った!(CLACLA日記)

 晴天が続く。

 気温も上昇する。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 新型コロナウイルスにはお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 PM2.5が飛んでいるようだ。
 両耳の不調も続く。


 落語家の笑福亭鶴志さんが亡くなった。64歳。
 六代目笑福亭松鶴のお弟子さんのお一人。
 巨体から繰り出す大づくりな語り口が強く印象に残る。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 外交評論家の岡本行夫も亡くなった。74歳。
 外交官出身で、小泉内閣の首相補佐官なども務めた。
 新型コロナウイルスが原因での死である。
 黙禱。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、KBS京都でナインティナインのオールナイトを聴いたりしながら作業を進めたのち、2時半過ぎに寝床に就く。


 8時台に起きる。

 午前中、マイケル・フランシス指揮デトロイト交響楽団が演奏したウェーバーの歌劇『オベロン』序曲とベートーヴェンの交響曲第5番(2019年10月6日、デトロイト・オーケストラホール)、ユライ・ヴァルチュハ指揮デトロイト交響楽団が演奏したプロコフィエフの『3つのオレンジへの恋』組曲(同年同月27日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、過去の作品の改稿作業を行ったり、宮本百合子全集第二十四巻<新日本出版社>を読み進めたりする。


 午後、レナード・スラットキン指揮デトロイト交響楽団が演奏したベルリオーズの序曲『ローマの謝肉祭』とラヴェル編曲によるムソルグスキーの組曲『展覧会の絵』(同年11月17日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、宮本百合子全集第二十四巻を読み進めたりする。
 途中、30分ほど昼寝をした。


 15時頃外出して、河原町方面へ。
 丸善京都本店で、今日発売されたばかりの、つづ井の『まるごと腐女子のつづ井さん』<文春文庫>を購入する。
 以前、信頼のおける人から薦められていたコミックス三巻分が文庫としてまとめられたのだ。

 で、夕飯用の買い物もすませて帰宅した。


 帰宅後、ファンホ・メナ指揮デトロイト交響楽団が演奏したハイドンの交響曲第44番「悲しみ」、シューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」(同年12月6日、同)、カリーナ・カネラキス指揮デトロイト交響楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第8番(同年1月27日、同)、マーク・ウィッグルスワース指揮デトロイト交響楽団が演奏したディーリアスの楽園への道、ヴォーン・ウィリアムズの交響曲第5番(同年3月23日、同)、ダリア・スタセヴスカ指揮デトロイト交響楽団が演奏したシベリウスの交響曲第1番(同年11月9日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、過去の作品の改稿作業を行ったり、宮本百合子全集第二十四巻を読み進めたり、『まるごと腐女子のつづ井さん』を読み始めたりする。


 夕飯後、トマス・セナゴー指揮デトロイト交響楽団が演奏したストラヴィンスキーの3楽章の交響曲、プーランクの典型的動物(2020年2月16日、同)、YouTubeでアンドレア・マルコン指揮WDR交響楽団が演奏したカール・フィリップ・エマニュエル・バッハのシンフォニアWq183-2(2018年1月26日、ケルンWDRフンクハウス)、クリスティアン・マチェラル指揮WDR交響楽団が演奏したキャロライン・ショウのアントゥラクトゥ(2019年10月4日、同)、ドヴォルザークの交響曲第8番(2020年2月15日、ケルン・フィルハーモニー)、リヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』組曲(同年1月17日、同)、WDR交響楽団メンバーが演奏したブラームスのクラリネット5重奏曲(2019年12月22日、ケルンWDRフンクハウス)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、過去の作品の改稿作業を行ったり、宮本百合子全集第二十四巻と『まるごと腐女子のつづ井さん』を読み進めたりする。
 つづ井さんとオタク仲間のやり取りが、宮本百合子と湯浅芳子のやり取りに重なってしまう。


 今日は、豆乳入りどら焼きを食す。
 河原町の業務スーパーで購入したもの。
 レンジで温めて、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:39| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。