2020年03月28日

雨が続く(CLACLA日記)

 雨が続く。
 どんよりとしたお天気の一日。

 気温も下がる。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルス、花粉症にはお気をつけのほど。


 気圧と湿度と花粉のトリプルパンチ。
 両耳の不調も続く。
 やれやれ。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールでペーテル・エトヴェシュ指揮ベルリン・フィルが演奏したムソルグスキーの交響詩『はげ山の一夜』、フェルッチョ・フルラネットのバス独唱他による歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』から戴冠式の場面とボリスの死(2011年6月18日、ベルリン・フィルハーモニー大ホール)を聴いたりしながら作業を進めたのち、2時半過ぎに寝床に就く。


 9時過ぎに起きる。

 乗代雄介の『最高の任務』<講談社>を読了する。
 ああ、面白かった!

 その後、近くのコインランドリーで洗濯をする。
 その間、下京図書館へ。
 『最高の任務』、山川静夫の『大向うの人々』<同>、橘木俊詔の『“フランスかぶれ”ニッポン』<藤原書店>を返却し、予約しておいた吉田修一の『続横道世之介』<中央公論新社>、九螺ささらの『きえもの』<新潮社>、澤田瞳子の『名残の花』<同>を新たに借りる。

 さらに外出し、大切な予定をすませ、ついでに三条のGUESTで髪を切る。
 さっぱり刈ってもらって、とてもすっきりした。


 午後、ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールで、バリトンのジェラルド・フィンリーとダニエル・ハーディング指揮ベルリン・フィルが演奏したレーガー編曲によるシューベルトのプロメテウスと音楽に寄せて、ベルリオーズ編曲による魔王、ブラームス編曲によるメムノンと馭者クロノスに、宗教劇『ラザロ もしくは復活の祝日』から、ウェーベルン編曲による君こそは憩い(2018年3月3日、同)、ヴァレリー・ペトレンコ指揮ベルリン・フィルが演奏したシューベルトの劇音楽『キプロスの女王ロザムンデ』序曲、ラヴェルの『ラ・ヴァルス』(同年2月17日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。

 大切な予定をすませる。

 その後、カーテンコールで、京都コンサートホール大ホールでの広上淳一指揮京都市交響楽団の無観客による第643回定期演奏会の実況中継、シューベルトの交響曲第5番の第3楽章の途中からとマーラーの交響曲第4番を聴く。
 実は、明日の分のチケットを購入してとても愉しみにしていたもの。
 森谷真理のソプラノ独唱が聴き取りにくいなど、音質的な不満はどうしてもあるものの、広上さんと京都市交響楽団の現在の高い実力がよく示された演奏で、生で聴くことができなかったのは本当に残念でならない。
 終演後には、京響の顔とでも呼ぶべきトランペット奏者の早坂宏明さんの退団セレモニーが行われ、アンコールとしてシューベルトの『ロザムンデ』の間奏曲も演奏された。
 それにしても、門川大作は本当に間が悪い人間だなあ。


 夕方になって再び外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールでソプラノのルネ・フレミング、バリトンのトーマス・ハンプソンとクリスティアン・ティーレマン指揮ベルリン・フィルが演奏したリヒャルト・シュトラウスのウイーン市の祝典曲、管弦楽伴奏による歌曲、歌劇『アラベラ』抜粋、祝典前奏曲(2011年5月7日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『夜汽車にて』を書き進めたり、『続横道世之介』を読み始めたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『N響 ザ・レジェンド』を聴く。
 「私の記憶に残る名演奏」の2回目で、N響の元クラリネット奏者横川晴児がゲスト。
 ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮によるシューマンの交響曲第3番「ライン」(1986年9月24日、NHKホール)、ホルスト・シュタイン指揮によるベートーヴェンの交響曲第7番(1989年2月3日、同)、ネッロ・サンティ指揮によるレスピーギの交響詩『ローマの松』より(2004年9月24日、同)が放送されていた。

 続けて、『クラシックの迷宮』を聴く。
 NHKアーカイブスから、作曲家古関裕而のバック音楽集と題し、古関裕而がNHKの放送用のBGMとして作曲された音楽が放送されていた。


 今日は、宇部煎餅店の「岩手名物南部煎餅 厚焼きピーナッツ煎餅」を食す。
 近くのドラッグランドひかりで購入したもの。
 おなじみ、甘さ控えめな硬めのピーナッツ入りのせんべいで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:54| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。