2020年03月18日

午前と午後、外出した(CLACLA日記)

 晴天が続く。

 気温も上昇し、春めく。
 その分、花粉も飛んでいたか。
 情報よりも花粉の勢いは強そうだったが。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルス、花粉症にはお気をつけのほど。


 花粉禍、続く。
 両耳の不調も続く。
 やれやれ。


 森友学園問題や加計学園問題が再燃しそうな勢いだ。
 新型コロナウイルス対策を優先させるのは当然のことだが、こうした問題をうやむやにして安倍総理一党の思うがままにさせてきた結果が、新型コロナウイルス関連での後手後手なのではないか。
 新型コロナウイルスに関する検査がまともに為されていないこと自体、諸々の問題の隠蔽体質の延長線上にあるはずだし。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 関電が榊原前経団連会長に会長就任を打診したとのこと。
 なんともかとも。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールでユライ・ヴァルチュハ指揮ベルリン・フィルが演奏したウェーバーの歌劇『オイリアンテ』序曲とチャイコフスキーの交響曲第1番「冬の日の幻想」(2011年10月8日、ベルリン・フィルハーモニー大ホール)を聴いたりしながら作業を進めたのち、2時過ぎに寝床に就く。


 午前中、大切な予定をすませたのち銀行を回って帰宅する。

 帰宅後、ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールでグスターボ・ドゥダメル指揮ベルリン・フィルが演奏したバーバーの弦楽のためのアダージョ、リヒャルト・シュトラウスの交響詩『ドン・ファン』と『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』(2013年2月3日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『夜汽車にて』を書き進めたりする。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも水曜日』を聴きながら、仕事関係の作業を進める。


 14時台に外出し、京都芸術センターで用件を片付けたり『ぶらあぼ』の4月号を入手したりしたのち、仕事関係の用件を片付け、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールでデヴィッド・ジンマン指揮ベルリン・フィルが演奏したベリオ編曲によるボッケリーニのマドリードの夜の帰営ラッパ、ケリー・オコーナーのメゾソプラノ独唱によるピーター・リーバーソンのネルーダ歌曲集、ベートーヴェンの交響曲第7番(2008年10月18日、同)、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルが演奏した、クリスティアーネ・ストーティンのメゾソプラノ独唱によるベルリオーズ編曲によるシューベルトの糸を紡ぐグレートヒェン、夜と夢、魔王(2010年5月16日、同)、アンゲリカ・キルヒシュラーガーのメゾソプラノ独唱他による劇音楽『キプロスの女王ロザムンデ』とマーラーの歌曲集『子供の不思議な角笛』から3曲、ドビュッシーの交響詩『海』(2009年5月24日、同)、パウル・リンケの喜歌劇『グリグリ』序曲と『フォリー・ベルジェール』行進曲、督促ギャロップ、ジークフリート・トランスラテュアのスポーツ宮殿ワルツ、エルンスト・フィッシャーのスパークリング・シャンペン、ニコライの喜歌劇『ウィンザーの陽気な女房たち』序曲(1999年12月31日/ジルベスターコンサート、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、西村賢太の『瓦礫の死角』<講談社>を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴く。
 今夜は、大谷長谷川両弁護士がゲスト。


 夕飯後、ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールでペーテル・エトヴェシュ指揮ベルリン・フィルが演奏したリームの『イン・シュリフトU』、シェーンベルク編曲によるブラームスのピアノ4重奏曲第1番(2014年9月13日、同)、クリストフ・アルトシュテット指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックが演奏したベートーヴェンのバレエ音楽『プロメテウスの創造物』序曲(2020年3月4日、ニュルンベルク・ゲルマン国立博物館アウフゼスホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『瓦礫の死角』を読み進めたりする。


 今日は、サンドイッチビスケット(バニラ)を食す。
 寺町の業務スーパーで購入したもの。
 バニラクリームをサンドした硬めのビスケットで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 21:09| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。