2019年11月22日

今日でアルバイトが終わった(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨が降らなかったのが救い。

 気温は上昇せず、肌寒い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪やインフルエンザにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度のWパンチ。
 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeでダニエル・バレンボイムが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第10番、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第23番「熱情」(2000年8月19日、ブエノスアイレス・テアトロ・コロン)、KBS京都で岡村隆史のオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、2時半少し前に寝床に就く。
 途中、GYAO!の無料配信で『科捜研の女』と『ドクターX』のとばし観をした。


 8時過ぎに起きて、仕事関係の作業を進める。


 9時過ぎに外出し、アルバイト。
 最終日。
 粛々と仕事を進める。

 で、終了後、買い物をすませて帰宅する。


 帰宅後、ABCラジオの『兵動大樹のほわ〜っとエエ感じ。』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、エマニュエル・ボーヴの『のけ者』<白水社>を読み進めたりする。


 大切な予定をすませる。

 その後、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMでヘルベルト・ブロムシュテット指揮NHK交響楽団の第1926回定期公演の実況中継(NHKホール)を聴く。
 モーツァルトの交響曲第36番「リンツ」とミサ曲ハ短調が演奏されていた。


 夕飯後、ストックホルム・フィルハーモニーのサイトでシモーネ・ヤング指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルが演奏したフランツ・シュミットの交響曲第4番(2019年1月、ストックホルム・フィルハーモニー・コンサートホール)、サカリ・オラモ指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルが演奏したシベリウスの交響曲第7番(2018年1月、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『イマニュエル・ボンテンポの愉快な冒険』を書き始めたりする。


 『のけ者』を読了する。
 暗澹たる気持ちに陥る作品だった。
 他人事に非ず。


 今日は、オイシスの和栗のモンブランケーキを食す。
 六角通のローソンストア100で、20円引きだったもの。
 栗風味のクリームにモンブランクリーム、栗ダイスののったケーキで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:37| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。