2019年11月21日

木内みどりが亡くなった エマニュエル・ボーヴの『のけ者』に刺激を受ける(CLACLA日記)

 晴天が続く。

 気温はあまり上昇せず。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪やインフルエンザにはお気をつけのほど。


 俳優の木内みどりが亡くなった。69歳。
 名古屋の生まれ。
 劇団四季に所属したが退団(木内さんへのインタビューによると、どうやら浅利慶太と衝突したらしい)する。
 ポーラテレビ小説の『安ベエの海』で主役となったのち、テレビドラマや映画で活躍。
 滑稽さとそこはかとない芯の強さを持った独特の雰囲気で印象深い役者さんだった。
 その傍ら、バラエティ番組にも出演。
 一方で、山崎哲の転位21など、演劇の分野でも活動を続けた。
 夫は元参議院議員の水野誠一で、近年はリベラルな姿勢でも知られていた。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeでエリアフ・インバル指揮東京都交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」(2018年3月30日、東京芸術劇場コンサートホール/第851回定期演奏会)、yleのサイトでマシュー・ホールズ指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したモーツァルトの歌劇『魔笛』序曲、スティーヴン・オズボーンの独奏によるピアノ協奏曲第27番、ハイドンの歌劇『無人島』序曲と交響曲第101番「時計」(2019年11月13日、ヘルシンキ音楽センターコンサートホール)を聴いたりしながら、エマニュエル・ボーヴの『のけ者』<白水社>を読み進めたり、作業を進めたりしたのち、2時半過ぎに寝床に就く。
 途中、GYAO!の無料配信で『太田上田』、『死役所』、『相棒』、『同期のサクラ』のとばし観をした。


 8時少し前に起きて作業を進めたのち、9時過ぎに外出する。
 で、アルバイトをすませたのち買い物をして、13時過ぎに帰宅した。


 帰宅後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』や『武田和歌子のぴたっと。』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 夕方になって再び外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、ジョヴァンニ・アントニーニ指揮バーゼル室内管弦楽団が演奏したハイドンの交響曲第79番と第30番「アレルヤ」<アルファ>、YouTubeでヨハネス・モーザーとディーマ・スロボデニューク指揮ガリシア交響楽団が演奏したサン・サーンスのチェロ協奏曲第1番(2019年10月5日、ア・コルーニャ)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『口車(仮題)』について考えたり、『のけ者』を読み進めたりする。
 ナントカ世代の『のけもの』の感想に、「統治内」「統治外」の問題に関して記したのだけれど、『のけ者』の211頁に、
>彼(ニコラ/『のけもの』では土肥希理子さんが演じた娘。ただし、原作では息子)が大通りを歩いていると、ひどいぼろをまとった乞食がベンチにぐったりと寝そべっていた。彼はそれを見て、ぞっとするような嫌悪感を覚えた。とっさに「今に僕もこうなる」と思ったのだ<
という一節があった。
 やっぱり、と思う。
 で、『口車(仮題)』は、『のけ者』と『のけもの』に刺激を受けた内容だ。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『伊藤史隆のラジオノオト』を聴く。


 夕飯後、YouTubeでマリス・ヤンソンス指揮ウィーン・フィルが演奏したシューマンの交響曲第1番「春」とベルリオーズの幻想交響曲(2019年6月6日、ハンブルク・エルプ・フィルハーモニー大ホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『のけ者』を読み進めたりする。


 今日は、オイシスの焼いも風シュークリームを食す。
 六角通のローソンストア100で、20円引きだったもの。
 さつま芋クリームのシュークリームで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日で短期のアルバイトが終わる。
 しかし、最終日に雨とは…。
 いや、アルバイト自体は室内も室内の仕事なんだけど…。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:24| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。