2019年10月22日

午前中、図書館へ行った(CLACLA日記)

 今上天皇(徳仁天皇)の即位の礼。
 祝日。


 青空はみえつつも、どんよりとした感じの残るお天気。

 気温は少し上昇したか。
 それでも、過ごしやすいが。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、アンドルー・デイヴィス指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したオーケストラ名曲集『マドンナの宝石 愛のあいさつ』<東芝EMI>、チャールズ・グローヴズ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したオーケストラ名曲集『グローヴズ卿の音楽箱2』<デンオン>を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時半過ぎに寝床に就く。


 9時台に起きて洗濯をすませたのち、ソプラノの藍川由美が花岡千春のピアノ伴奏で歌った『東京行進曲〜日本の歌謡』<キング>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 上田岳弘の『キュー』<新潮社>を読了する。
 これまでの一連の作品と通底したモティーフによる作品。
 大いに刺激を受ける。


 11時台に外出し、下京図書館へ。
 『東京行進曲〜日本の歌謡』、パーヴォ・ヤルヴィ指揮hr交響楽団が演奏したブルックナーの交響曲第1番<RCA>、矢野誠一の『昭和も遠くなりにけり』<白水社>、『キュー』を返却し、予約しておいたニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーン他が演奏したモーツァルトの歌劇『ツァイーデ』<ドイツ・ハルモニアムンディ>、ピアノの内田光子とヴァイオリンのマーク・スタインバーグが演奏したモーツァルトのピアノとヴァイオリンのためのソナタ集<PHILIPS>、島田雅彦の『人類最年長』<文藝春秋>、予約はしていなかった江口圭一の『昭和の歴史4 十五年戦争の開幕』<小学館>と藤原彰の『昭和の歴史5 日中全面戦争』<同>を新たに借りる。


 午後、ABCラジオの『森脇健児のケンケン・ゴウゴウ!』や『武田和歌子のぴたっと。』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ミゲルの悔悟(改題)』を書き進めたり、『十五年戦争の開幕』を読み始めたりする。


 内田光子とスタインバーグによるモーツァルトのピアノとヴァイオリンのためのソナタ集を聴く。
 録音の加減もあってだろうが、スタインバーグも瑞々しいヴァイオリンを聴かせているが、やはり内田光子のピアノの闊達なこと。
 実に素晴らしい。
(まあ、もともとピアノがメインになったつくりの曲なのだが)


 夕方になって外出し、京都芸術センターで用件を片付ける。
 ついでに、『ぶらあぼ』11月号も入手した。
 その後、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、途中夕飯を挟み、アーノンクールが指揮したモーツァルトの歌劇『ツァイーデ』を聴く。
 2006年のモーツァルト生誕250年を記念したコンサート形式の上演のライヴ録音である。
 『ツァイーデ』は『後宮からの逃走』のひな型にあたる未完のジングシュピール(歌芝居)で、ここでは交響曲第26番を序曲に置いたほか、オーストリアの俳優トビアス・モレッティのアクチュアリティも持った語りによって未完部分を補っている。
 『ツァイーデ』といえば、ポール・グッドウィン指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック他が演奏した同じくライヴ録音によるCD<ハルモニアムンディ・フランス>が手元にあるのだけれど、こちらがイギリス流儀の端正な音楽づくりとすれば、アーノンクールはいつもの通り攻めに攻めた音楽づくり。
 劇場感覚に満ち満ちて、実に刺激的だ。
 独唱陣は、ソプラノのディアナ・ダムラウ他。


 夕飯後、ブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏したモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」<ドイツ・ハルモニアムンディ>、ABCラジオの『よなよな…火曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『十五年戦争の開幕』を読み進めたりする。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:28| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。