2019年10月10日

大地讃頌を繰り返し聴く(CLACLA日記)

 青空からどんよりとしたお天気へ。

 気温も少し上昇したか。
 むわっとして、あまり快ならず。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 天候とともに、気圧と湿度のWパンチ。
 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 ノーベル化学賞に、スタンリー・ウィッティンガム米ニューヨーク州立大学特別教授、ジョン・グッドナイフ米テキサス大学教授、吉野彰旭化成名誉フェローが選ばれたとのこと。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、メゾソプラノのジョイス・ディドナートが大野和士指揮リヨン国立歌劇場管弦楽団の伴奏で歌った『ディーヴァ・ディーヴォ』<Virgin>を聴いたりしながら、乾ルカの『コイコワレ』<中央公論新社>を読み進めたり、作業を進めたりしたのち、3時45分に寝床に就く。


 9時過ぎに起きて洗濯をすませたのち、山田和樹指揮日本フィルが演奏した大澤壽人のコントラバス協奏曲(佐野央子の独奏)、ピアノ協奏曲第3番(福間洸太朗の独奏)、交響曲第1番<日本コロムビア>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ミゲルの悔悛』を書き進めたりする。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『コイコワレ』を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、下京図書館へ。
 『ディーヴァ・ディーヴォ』と大澤壽人のアルバム、吉田修一の『国宝』上・下<朝日新聞出版>を返却し、予約しておいた山田和樹指揮東京混声合唱団&東京交響楽団が演奏した佐藤眞のカンタータ『土の歌』、團伊玖磨の筑後川他<EXTON>、小津安二郎監督の『東京暮色』(DVD)、黒田基樹の『北条氏政』<ミネルヴァ書房>、ロベルト・ゲルヴァルトの『敗北者』<みすず書房>、今村夏子の『父と私の桜尾通り商店街』<角川書店>を新たに借りる。

 その後、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、NHK・FMでNHK音楽祭2019の実況中継(NHKホール)からトン・コープマン指揮NHK交響楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第40番を聴いたりしながら、『コイコワレ』を読み進めたり、雑件を片付けたりする。


 夕飯後、山田和樹が東京混声合唱団と東京交響楽団を指揮した合唱曲のアルバムを聴く。
 収録曲は木下牧子の『鷗』、武満徹の混成合唱のための「うた」より、さくら、島へ、○と△の歌、翼(以上、アカペラ)、團伊玖磨の『筑後川』、佐藤眞のカンタータ『土の歌』と、たぶん合唱好きにはこたえられないプログラムとなっている。
 ライヴ収録ということで、音響的にクリアでない部分もあるが、こうした作品を新しい録音で聴けるのは貴重だ。
 というか、高校時代、助っ人というか準部員的な感じで音楽部(合唱部)に参加していた人間としては、特に『筑後川』と『土の歌』を耳にできるだけでありがたい。
 中でも、大好きな「大地讃頌」は何度も繰り返して聴いてしまった。


 仕事関係の作業を進めたり、『コイコワレ』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:48| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。