2019年10月08日

どんよりとしたお天気の一日(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨も降る。

 じめじめむしむしとした感じがあり、あまり快ならず。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 気圧と湿度のWパンチ。
 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 記し忘れていたが、元プロ野球選手の金田正一が亡くなった。86歳。
 愛知県の出身で、高校在学中にプロ野球の国鉄(現ヤクルト)に入団し、エースとして脚光を浴びる。
 その後、巨人に移籍し前人未踏のプロ通算400勝を達成した。
 引退後も、ロッテの監督など様々な形でプロ野球に関わるとともに、『特ダネ登場』への出演等タレントとしても活動した。
 子息は俳優の金田賢一。
 東映・日拓、ロッテ、広島で投手として活躍した金田留広は弟。
 他に、高義、星雄の弟二人もプロ野球選手だった。
 深く、深く黙禱。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 韓国の玉ねぎ男の次はテコンドー協会の会長の話題だ。
 上野の口利き疑惑や稲田、高木への献金問題はどうしたのか。
 それより何より、安倍総理の森友学園問題や加計学園問題はどうしたのか。
 馬鹿らしい。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、4時20分過ぎに寝床に就く。


 10時に起きる。

 午前中、テノールのクリストフ・プレガルディエンがフォルテピアノのアンドレアス・シュタイアーの伴奏で歌ったシューベルトのマイヤーホーファー歌曲集<TELDEC>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ミゲルの悔悛』を書き進めたりする。


 11時台に外出し、買い物をして帰宅する。


 午後、ABCラジオの『森脇健児のケンケン・ゴウゴウ!』、フォルテピアノのプレガルディエンとアレクセイ・リュビモフが演奏したシューベルトのハンガリー風のディヴェルテスマン<同>、ニコラウス・アーノンクール指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したハイドンの交響曲第104番「ロンドン」&第103番「太鼓連打」、モーツァルトの交響曲第33番<ともに同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ミゲルの悔悛』を書き進めたり、吉田修一の『国宝』下<朝日新聞出版>を読み進めたりする。


 夕方になって再び外出し、夕飯用の買い物をすませ、京都芸術センターで用件を片付けて帰宅した。


 帰宅後、ジェイムズ・レヴァイン指揮ウィーン・フィル他が演奏したリヒャルト・シュトラウスの歌劇『ナクソス島のアリアドネ』のプロローグ(第1幕)<ドイツ・グラモフォン>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『国宝』下を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『伊藤史隆のラジオノオト』を聴く。
 ABCホールでの公演に関係してTHE ROB CARLTONの村角太洋(ボブ)さんが出演していて、なんだか嬉しい。


 夕飯後、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル他が演奏したモーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』序曲、第1幕の冒頭とフィナーレ<同>、ABCラジオの『よなよな…火曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 『国宝』下を読了する。
 ああ、面白かった!!!


 今日は、山崎製パンのバームクーヘンを食す。
 六角通のローソンストア100で、30円引きだったもの。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:53| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。