2019年09月20日

雨降り 体調、芳しからず(CLACLA日記)

 午前中は青空が見えていたものの、徐々にどんよりとしたお天気へ。
 夕方ぐらいから本格的に雨が降り出す。

 気温は、上昇せず。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 気圧と湿度のWパンチ。
 体調、芳しからず。
 両耳の不調も続く。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 原子力発電の危険性を改めて痛感する。
 それにしても、永渕健一って裁判長は長崎の出身なのか。
 なんだか恥ずかしい。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、ネルソン・フレイレが弾いたショパンの12の練習曲作品番号10、舟歌、ピアノ・ソナタ第2番<DECCA>、KBS京都で岡村隆史のオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 7時台に起きる。

 で、かかりつけの歯医者さんへ。
 歯のメンテナンスを行う。
 今回のメンテナンスはこれで終了。
 そして、次回のメンテナンス(来年2月下旬)を予約しておく。
 小まめにメンテナンスを行っておくのが大事と反省し。

 その後、買い物をすませて帰宅する。


 帰宅後、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたりする。


 午後、ABCラジオの『兵動大樹のほわ〜っとエエ感じ。』、NHK・FMの『オペラ・ファンタスティカ』で東京文化会館における東京二期会によるウェーバーの歌劇『魔弾の射手』上演のライヴ録音(アレホ・ペレス指揮読売日本交響楽団他)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、絲山秋子の『夢も見ずに眠った。』<河出書房新社>を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMでパーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団の第1919回定期公演の実況中継(NHKホール)を聴く。
 ソプラノのヴァレンティーナ・ファルカシュの独唱によるリヒャルト・シュトラウスの歌劇『カプリッチョ』から終景、マーラーの交響曲第5番が演奏されていた。
 放送時間ぎりぎりで、マーラーの演奏が終わった。
 開演が15分以上遅れていたので、大丈夫かなあと思っていたが、なんとか間に合ったのだ。


 夕飯後、フォルテピアノのバート・ファン・オールト他が演奏したモーツァルトのピアノ4重奏曲第1番&第2番<COLUMNS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『マリー・ペシャメの穏やかな一日』の改稿作業を行ったりする。


 『夢も見ずに眠った。』を読了した。


 今日は、山崎製パンのブリオッシュロール・粒あん&ホイップクリームを食す。
 近くのドラッグランドひかりで、半額引きだったもの。
 粒あんとホイップクリームを挟んだブリオッシュ生地のパンで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:49| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。