2019年09月11日

沖田修一監督の『横道世之介』を観た(CLACLA日記)

 朝は晴れていたが、11時過ぎぐらいからどんよりとし始め、すぐに雨が降り出す。
 その後は、雨。
 雷鳴も轟いていた。

 じめじめむしむしとして、全く快ならず。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 気圧と湿度のWパンチ。
 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 台風15号によって、千葉県内などで甚大な被害が発生している。
 できるだけ早く、電気等、ライフラインの復旧を願う。


 そうした中、安倍内閣が改造され、自民党の役員人事が行われた。
 その顔触れについて、細々と記すことはしない。
 僕(ら)は、面と向かって馬鹿にされているのだ。
 どれだけ馬鹿にされれば気がつくのか。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち、3時20分過ぎに寝床に就く。


 8時台に起きて洗濯をすませたのち、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティークが演奏したベルリオーズの幻想交響曲<PHILIPS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『珍来軒奇譚』を書き進めたりする。


 11時台に外出し、買い物をすませて帰宅する。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも水曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 沖田修一監督の『横道世之介』のDVDを観る。
 2時間40分があっと言う間、観飽きることが全くなかった。
 「ネタばれ」にはなるのだろうが、あえて原作を先に読んでおいてよかったと痛感する。
 ああ、面白かった!!!
(前田司郎さんが脚本を担当していることもあってか、宮部純子さんが出演していた)


 18時過ぎに再び外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。
 途中、近くのブックファーストで調べ物をする。


 途中夕飯を挟み、KBS京都の『角田龍平の蛤御門のヘン』を聴く。
 今回は、田中弁護士の出演。


 夕飯後、モザイク・カルテットが演奏したハイドンの弦楽4重奏曲第41番、第39番、第38番<Astree>、YouTubeでアンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮ベルリン・フィル・カラヤン・アカデミーが演奏したベートーヴェンの交響曲第4番(2018年11月3日、ベルリン・フィルハーモニー室内楽ホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、谷崎由依の『藁の王』<新潮社>を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:36| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。