2019年03月31日

今日で3月が終わる(CLACLA日記)

 今日で3月が終わる。
 一日一日を本当に大切にして、自分自身の為したいこと為すべきことをしっかり為していきたい。
 そして、死を絶対に忘れないこと。


 どんよりとした感じは強かったものの、青空も見えた。

 気温はあまり上昇せず。
 夕方以降は、特に寒さを感じる。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪にはお気をつけのほど。
 花粉症にもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeでヴァーツラフ・ノイマン指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が演奏したリストの交響詩『レ・プレリュード』、フランツ・アンドレ指揮ベルギー国立放送協会交響楽団が演奏した同じ曲、アルマンド・アリベルティ指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団が演奏したケテルビーのジャングル・ドラム、修道院の庭にて、中国寺院の庭にて、ペルシャの市場にて、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 9時台に起きる。

 午前中、YouTubeでマルコム・サージェント指揮ロイヤル・フィルが演奏したヨハン・シュトラウスU世のワルツ『芸術家の生活』、『ウィーンの森の物語』、皇帝円舞曲、ハインツ・ヴァルベルク指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したビゼーの歌劇『カルメン』組曲第1番、劇音楽『アルルの女』組曲第1番&第2番、ABCラジオの『全力投球!!妹尾和夫です サンデー』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『めぐり逢い』を書き進めたり、3月の創作活動について振り返ったり、笙野頼子の『ウラミズモ奴隷選挙』<河出書房新社>を読み進めたりする。


 午後、YouTubeでエミール・ギレリスが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第28番と第8番「悲愴」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったりする。


 13時台に外出し、丸太町新町の京都アンテナカフェ&スペース御所西へ。
 三遊亭はらしょう京都公演を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!!

 開演前終演後、はらしょうやゲストのロシュフォール姉妹をはじめ、旧知の松田裕一郎さんら関係各氏と話をする。
 久しぶりに再会できた人もいて、その意味でも嬉しい会だった。

 終演後少し残って話をしたが、あれこれと立て込んでいるため、一足先に帰宅する。


 帰宅後、YouTubeでアンドレ・クリュイタンス指揮ベルリン・フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第5番、第6番「田園」、シューベルトの交響曲第7番「未完成」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったりしたのち、三遊亭はらしょう京都公演の感想をアップする。


 19時近くになって再び外出し、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』で尾高忠明指揮大阪フィルが演奏したエルガーの交響曲第1番のライヴ録音を聴く。
 堂々とした演奏だ。

 その後、『リサイタル・ノヴァ』、『クラシックの迷宮』も聴く。


 夕飯後、YouTubeでルドルフ・ケンペ指揮ベルリン・フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」と歌劇『フィデリオ』序曲、アタウルフォ・アルヘンタ指揮ロンドン交響楽団が演奏したリムスキー=コルサコフのスペイン奇想曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 『ウラミズモ奴隷選挙』を読了する。
 笙野さんの姿勢には本当に刺激を受ける。
 ああ、面白かった!
(いや、面白かったですませることはできないが)


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:32| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。