2019年03月25日

書き続けるしかない(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 午前中は青空も見えていたが。

 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪にはお気をつけのほど。
 花粉症にもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 花粉禍が続く。
 両耳の不調も続く。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeでアウグスト・ヴェンツィンガー指揮バーゼル・スコラ・カントゥルムが演奏したテレマンのターフェルムジークから3つの協奏曲、カール・リステンパルト指揮ザール放送室内管弦楽団他が演奏した同じくテレマンの協奏曲&組曲集、フェルディナント・ライトナー指揮ヴュルテンベルク州立歌劇場管弦楽団他が演奏したワーグナーの歌劇『さまよえるオランダ人』から水夫の合唱&糸紡ぎの歌、歌劇『タンホイザー』から大行進曲&巡礼の合唱、ヴォルフ=フェラーリの歌劇『マドンナの宝石』から間奏曲、フランツ・シュミットの歌劇『ノートルダム』から間奏曲、チェロのパブロ・カザルスとピアノのミェチスワフ・ホルショフスキが演奏したブラームスのチェロ・ソナタ第2番を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時に寝床に就く。


 明け方、隣室の中国人Giとその客人がかまびすしく、爆発する。
 何度言ってもわからない、おつむの足りない人間だ。
 天罰天誅が下る!!


 10時に起きる。

 まずは洗濯。
 が、シャツやズボンとなると、なかなか水が絞り切れない。
 脱水機の威力を痛感する。
 やはり、近くのコインランドリーを利用するほかないか。

 午前中、YouTubeでシャルル・デュトワ指揮ロンドン交響楽団が演奏したストラヴィンスキーのバレエ音楽『ペトルーシュカ』、ジョージ・セル指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第5番を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『馬猿譚』の作業を行ったりする。


 午後、YouTubeでエードリアン・ボールト指揮ロンドン・フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第7番を聴いたりしながら、『Yの話』の作業を行う。


 13時台に外出し、『Yの話』と『馬猿譚』を郵送し、仕事関係の用件を片付ける。
 ついでに、買い物もすませる。


 仕事関係の予定をすませる。


 その後、YouTubeでジャン・クロード・マルゴワール指揮ラ・グラン・エキュリ・エ・ラ・シャンブル・デュ・ロワが演奏したヘンデルの水上の音楽&王宮の花火の音楽他、ボールト指揮ロンドン・フィルが演奏したエルガー編曲によるヘンデルの序曲ニ長調を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、内田洋一の『風の演劇』<白水社>を読み進めたりする。


 夕方になって再び外出し、仕事関係の用件を片付ける。
 その後、夕飯用の買い物などをすませて19時過ぎに帰宅する。
 なかなか欲しいものが見つからず、途中探しまわった。


 帰宅後、YouTubeでセルゲイ・クーセヴィツキー指揮ボストン交響楽団が演奏したベルリオーズの交響曲『イタリアのハロルド』(ウィリアム・プロムローズのヴィオラ独奏)、モーツァルトの歌劇『クレタの王イドメネオ』序曲、プロコフィエフの組曲『3つのオレンジへの恋』から行進曲&スケルツォと交響的物語『ピーターと狼』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったりする。


 夕飯後、仕事関係の予定をすませる。
 座錦湯はパスせざるをえなかった。


 その後、YouTubeでクーセヴィツキー指揮ボストン交響楽団が演奏したラヴェル編曲によるムソルグスキーの組曲『展覧会の絵』、エミール・ギレリスが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」&第23番「熱情」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 『風の演劇』を読了する。
 刺激を受けるところ大なり。
 そして、別役実の戯曲作品をいろいろと観たくなった。
 ああ、面白かった!


 今日は、ファミリーマート・コレクションのカリッと香ばしいピーナッツブロックチョコを食す。
 オーソドックスなピーナッツブロックチョコで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!



 別役さんの評伝を読んで、やはり書き続けなければと痛感する。
 続けるしかない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:50| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。