2019年03月19日

『Yの話』の手直しを行った一日(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気から、青空へ。
 明日は晴れるみたい。

 気温はあまり上昇せず。
 明日から春らしくなるみたい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪にはお気をつけのほど。
 花粉症にもお気をつけのほど。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 スローガンだけはかつての産めよ増やせよの勢いだけれど、その実、子供を見殺しにするような政治が大手を振ってまかり通っているのが今の日本だ。
 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿にはなるまい。

 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeでフェリックス・ワインガルトナー指揮ロンドン交響楽団が演奏したベルリオーズの幻想交響曲を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時40分過ぎになって寝床に就く。


 それでも、9時半頃には起きる。

 午前中、YouTubeでワインガルトナー指揮旧ロイヤル・フィルが演奏したメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」、カール・ベーム指揮ザクセン・シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『Yの話』の手直しを行ったりする。


 午後、YouTubeでアルバート・コーツ指揮ロンドン交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第3番「ポーランド」、幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』、ボロディンの歌劇『イーゴリ公』からバレエ音楽と交響詩『中央アジアの草原にて』、ムソルグスキーの交響詩『はげ山の一夜』、プロコフィエフのバレエ音楽『鋼鉄の歩み』組曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『Yの話』を書き進めたりする。


 仕事関係の予定をすませる。


 その後、YouTubeでフレデリック・ストック指揮シカゴ交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第5番とヴァイオリン協奏曲(ナタン・ミルシテインの独奏)、ブラームスの悲劇的序曲、ワーグナーの歌劇『タンホイザー』から大行進曲と歌劇『ローエングリン』から第3幕への前奏曲を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『Yの話』の手直しを行ったり、唯野未歩子の『彼女たちがやったこと』<筑摩書房>を読み進めたりする。
 プロットメモを作らず、ほぼ下書きもしない形で書き進めた『Yの話』だが、原稿用紙に換算して150枚強で一応完成させた。
 まあ、内容は内容だが。


 夕方になって外出し、京都芸術センターで用件を片付け、『ぶらあぼ』の4月号を入手する。
 その後、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、YouTubeでクリストフ・フォン・エッシェンバッハとヴィルヘルム・ブリュックナー=リュッゲベルク指揮ハンブルク州立フィルが演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第19番、ABCラジオの『伊藤史隆のラジオノオト』を聴いたりしながら、『彼女たちがやったこと』を読み進めたり、雑件を片付けたりする。


 途中夕飯を挟み、『伊藤史隆のラジオノオト』を聴き続ける。



 夕飯後、YouTubeでヴァーツラフ・ターリヒ指揮チェコ・フィルが演奏したドヴォルザークの交響曲第8番(1935年録音)、ロジェ・デゾルミエール指揮チェコ・フィルが演奏したラヴェルのボレロ、ABCラジオの『よなよな…』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 ターリヒのドヴォルザークは録音こそ古く、少々粗さもあるものの、ぐいぐいと前進力のあるエネルギッシュ、かつ抒情性にも欠けない演奏で実に聴き応えがあった。


 『彼女たちがやったこと』を読了する。

 続けて、小沼丹の『ゴンゾオ叔父』<幻戯書房>を読み始める。
 一篇目の『柿』を読んで、この作品知ってるぞ、まさか誰かが盗作を…。
 と思って、よくよく考えてみたら、堀江敏幸の『傍らにいた人』<白水社>で接したばかりだったんだ。
 ああ、ほっとした!


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:47| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。