2019年03月01日

今日から3月 身体のメンテナンスですっきりした!!(CLACLA日記)

 今日から3月。
 今年も残すところ10ケ月を切った。
 一日一日を本当に大切にして、自分自身の為すべきこと為したいことをしっかり為していきたい。
 そして、死を絶対に忘れないこと。


 晴天へ。

 日中、気温も上昇する。
 それでも、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 風邪やインフルエンザにはお気をつけのほど。
 花粉症にもお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 花粉症がじわじわと出ている。
 両耳の不調も続く。


 指揮者、ピアニスト、作曲家のアンドレ・プレヴィンが亡くなった。89歳。
 ベルリンの出身だが、ユダヤ系だったためフランスを経てアメリカに移動する。
 若い頃からジャズの分野で活躍し、映画音楽でも鳴らした。
 一方、指揮をピエール・モントゥーに学び、クラシック音楽の指揮者として本格的な活動を始め、ヒューストン交響楽団、ロンドン交響楽団、ピッツバーグ交響楽団、ロサンジェルス・フィル、ロイヤル・フィル、オスロ・フィルのシェフを務めたほか、世界の重要オーケストラの指揮台に立った。
 特に、ウィーン・フィルとの親密な関係で知られる。
 NHK交響楽団の首席客演指揮者となるなど、来日回数も多かった。
 また、ピアノ協奏曲やヴァイオリン協奏曲、チェロ協奏曲等、クラシック音楽の作品も作曲している。
 録音も多数遺しており、ウィーン・フィルを指揮したリヒャルト・シュトラウスの舞台音楽からの管弦楽曲集<ドイツ・グラモフォン>と、ギル・シャハムをソロに迎えたバーバー&コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲集他<同>は愛聴盤である。
 一度も実演に接しなかったことが、今になって悔やまれる。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeでヘルマン・シェルヘン指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第1番、シェルヘン指揮フィルハーモニック・シンフォニーオーケストラ・オブ・ロンドン(ロイヤル・フィル)が演奏したベートーヴェンの交響曲第8番、KBS京都で岡村隆史のオールナイトニッポンを聴いたりしながら、リチャード・エヴァンズの『第三帝国の到来』下<白水社>を読み始めたり、作業を進めたりしたのち、3時近くに寝床に就く。


 10時に起きる。

 午前中、YouTubeでシェルヘン指揮フィルハーモニック・シンフォニーオーケストラ・オブ・ロンドン(ロイヤル・フィル)が演奏したベートーヴェンの交響曲第2番、シェルヘン指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったり、3月の創作活動について考えたり、『Yの話』を書き進めたりする。


 午後、ABCラジオの『兵動大樹のほわ〜っとエエ感じ。』、NHK・FMの『今日は一日「ありがとうFM50」三昧 クラシック編』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったり、『第三帝国の到来』下を読み進めたりする。
 『今日は一日「ありがとうFM50」三昧 クラシック編』は、1969年3月1日に正式に放送が開始されたNHK・FM放送の50年を記念する番組。
 岩槻里子アナウンサーの仕切りで、奥田佳道や片山杜秀を交えながら番組は進んでいく。
 山田美也子さんや『きらクラ!』の二人、渡辺徹の出演も嬉しかった。


 18時過ぎに外出し、百万遍方面へ。
 身体のメンテナンスを行う。
 じっくりメンテナンスしてもらい、身体がだいぶん楽になった。
 ああ、すっきりした!!

 その後、仕事関係の用件を片付け、夕飯用の買い物をすませて20時半少し前に帰宅した。


 夕飯後、NHK・FMの『今日は一日「ありがとうFM50」三昧 クラシック編』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『第三帝国の到来』下を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 その代わり、粒ピーを食す。
 寺町の業務スーパーで購入したもので、税込み83円だったもの。
 小袋入りの粒あられとピーナッツで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 そして、今月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:26| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。