2019年02月19日

雨降り(CLACLA日記)

 雨降り。
 どんよりとしたお天気の一日。

 じめじめとじめ寒い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪やインフルエンザにはお気をつけのほど。


 気圧と湿度のWパンチ。
 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。
 花粉禍も近づいているか。


 俳優の佐々木すみ江が亡くなった。90歳。
 東京の生まれ。
 いわゆる第一次民藝の養成所1期生で、劇団民藝(第二次民藝)の結成に参加し、数多くの公演に出演するも、1971年に退団。
 その後も、映画やテレビドラマと幅広く活躍した。
 底意地の悪そうな、もしくは頑固で芯の強い役回りを得意としていた。
 深く、深く、深く、深く黙禱。

 ミュージシャンの内田正人も亡くなった。82歳。
 『グッド・ナイト・ベイビー』など、ザ・キング・トーンズのリーダー(リードテナー)として活躍した。
 深く、深く、深く黙禱。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 またぞろ、安倍首相が北朝鮮の拉致問題を利用しようとしている。
 度し難い。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、ABCラジオの『よなよな…』、NHKのラジオ深夜便を聴いたりしながら作業を進めたのち、2時40分に寝床に就く。


 9時台に起きる。

 午前中、ヴェンツェル・フックスとフィルハーモニア・カルテット・ベルリンが演奏したレーガーのクラリネット5重奏曲&弦楽4重奏曲第4番<NAXOS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったり、『Yの話』を書き進めたりする。


 午後、仕事関係の予定をすませる。

 その後、マッジーニ・カルテットが演奏したバックスの弦楽4重奏曲第1番&第2番<同>、YouTubeでフェリックス・ワインガルトナー指揮ロンドン交響楽団が演奏したリストの交響詩『レ・プレリュード』、ブラームスの交響曲第2番と大学祝典序曲、リストのメフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったりする。


 浅田次郎の『おもかげ』<毎日新聞出版>を読了する。
 ああ、面白かった!!

 続けて、角田光代の『私はあなたの記憶のなかに』<小学館>を読み始める。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、『シューベルティアーデ』<アルファ>の3枚目からフォルテピアノのジョス・ファン・インマゼールとヴァイオリンのミドリ・ザイラーが演奏したピアノとヴァイオリンのためのソナタト短調、メゾソプラノのマリアンネ・ベアーテ・シェランがインマゼールの伴奏で歌った『死と乙女』、ソプラノのソ・イェリがインマゼールの伴奏で歌った『鳩の郵便』(何度も繰り返し)、ABCラジオの『伊藤史隆のラジオノオト』を聴いたりしながら、ササハラ組の連絡作業を行ったり、雑件を片付けたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』でオメール・メイア・ヴェルバー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートのライヴ録音を聴く。
 シュニトケのコンチェルト・グロッソ第1番、ハイドンの協奏交響曲、シューベルトの交響曲第2番が演奏されていた。


 夕飯後、ブルーノ・ヴァイル指揮カペラ・コロニエンシスWDRが演奏したウェーバーの交響曲第1番<DHM>、YouTubeでワインガルトナー指揮ロンドン・フィルが演奏したベートーヴェンの『アテネの廃墟』序曲、ABCラジオの『よなよな…』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったり、『Yの話』を書き進めたり、『私はあなたの記憶のなかに』を読み進めたりする。
 『よなよな…』では、塚本麻里衣アナウンサーが結婚について話をしていた。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:55| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。