2019年02月18日

精神的に疲弊した一日(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 日中、気温も上昇する。
 それでも、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 風邪やインフルエンザにはお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 精神的にとてもダル。
 両耳の不調も続く。
 うっとうしい。


 映画監督の佐藤純彌が亡くなった。86歳。
 佐藤監督といえば、やはり『新幹線大爆破』、『君よ憤怒の河を渉れ』ということになるか。
 深く、深く、深く黙禱。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、作業を進めたのち3時50分頃寝床に就く。
 諸々重なって、怒りがどんどん自己増殖していく状態。
 度し難し。


 9時台には起きる。

 毎週恒例の洗濯をすませる。
 乾き、非常によろし。
 ああ、すっきりした!
 精神的には、ちっともすっきりしていないが。

 午前中、マッジーニ・カルテットが演奏したバックスの弦楽4重奏曲第1番&第2番<NAXOS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『Yの話』を書き進めたりする。


 午後、仕事関係の予定をすませる。

 その後、フォルテピアノのジョス・ファン・インマゼール他が演奏したシューベルトのピアノ5重奏曲「ます」<アルファ>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、浅田次郎の『おもかげ』<毎日新聞出版>を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、大垣書店四条店で『ぶらあぼ』3月号を入手し、京都芸術センターで用件を片付ける。
 その後、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』でハルトムート・ヘンヒェン指揮デンマーク王立管弦楽団のコンサートのライヴ録音を聴く。
 ニールセンの歌劇『仮面舞踏会』序曲、ヤン・フォーグラーの独奏によるショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第2番、ブラームスの交響曲第1番、シューベルトの劇音楽『キプロスの女王ロザムンデ』から間奏曲が演奏されていた。


 夕飯後、インマゼール他が演奏した『シューベルティアーデ』<アルファ>の2枚目、ABCラジオの『よなよな…』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、ササハラ組の連絡作業を行ったり、『おもかげ』を読み進めたりする。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 精神的に疲弊した。
 本格的に作業を再開するのは明日の午後以降だ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:38| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。