2019年02月18日

オペラを愉しみ、ササハラ組の打ち合わせに参加した(深夜のCLACLA)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じも強し。
 雨や雪も降ったりした。

 気温は下がり、寒さがとても厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪やインフルエンザにはお気をつけのほど。


 体調、今一つ。
 身体のメンテナンスでだいぶん楽になったが、諸々あってちょっと心身ともに疲れが出た。
 疲労困憊。
 両耳の不調も続く。


 安倍内閣が今日も続く。
 厚顔無恥で因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に救い難い状況である。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、こわたひよりさんのアルバムやKBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、2時40分過ぎに寝床に就く。


 9時過ぎに起きる。

 午前中、テオドール・クルレンツィス指揮ムジカ・エテルナ他が演奏したモーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』<SONY/BMG>の第1幕と第2幕フィナーレを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『Yの話』を書き進めたり、浅田次郎の『おもかげ』<毎日新聞出版>を読み進めたりする。


 正午少し前に外出し、京都市立病院前から73系統の市バスに乗って国道沓掛口へ。
 そこから歩いて京都市立芸術大学まで行き、講堂で京都市立芸術大学第160回定期演奏会・大学院オペラ/モーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!!


 終演後、出演者の藤居知佳子さんとの挨拶もそこそこに、73系統の市バスに乗って京都市立病院前へ。
 そこから移動し、ササハラ組の打ち合わせに加わる。
 すでに撮影ばかりでなく、読み合わせなどもすんでいて、これなら一バス遅らせて藤居さんとゆっくり話をしてきたらよかったかなと思わないでもない。
 それでも、今後のスケジュールやロケ地の問題をはじめ、いろいろと話をすることができたが。


 で、解散し、夕飯難民となって疲弊しきり。
 23時半過ぎに帰宅した。


 その後、ヴェンツェル・フックスとフィルハーモニア・カルテット・ベルリンが演奏したレーガーのクラリネット5重奏曲&弦楽4重奏曲第4番<NAXOS>を聴いたりしながら、『ドン・ジョヴァンニ』の感想をアップする。


 いやあ、疲れた!!!
posted by figarok492na at 02:22| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。