2018年11月19日

カルロス・ゴーンの逮捕には嗤うほかない(CLACLA日記)

 どんよりとした感じの一日。

 気温もぐっと下がり、肌寒い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪など召しませんように。


 気圧と湿度のWパンチ。
 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 安倍内閣が今日も続く。
 因循姑息な無理無体無法無謀が今日も押し進められる。
 いつまで続く泥濘ぞ。
 本当に度し難く、救いがたい状況だ。


 カルロス・ゴーンが逮捕されたそうだ。
 嗤うほかない。
 まったくもって嗤うほかない。


 馬鹿に付ける薬はない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。
 一番の馬鹿には絶対になるまい。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、フォルテピアノのアンドラーシュ・シフが弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ第18番他<ECM>、BR(バイエルン放送)のサイトでジョヴァンニ・アントニーニ指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したヨハン・セバスティアン・バッハの管弦楽組曲第1番とカール・フィリップ・エマヌエル・バッハのハンブルク交響曲ト長調Wq182-1(2018年6月22日、ミュンヘン・ヘラクレスザール)を聴いたりしながら作業を進めたのち、2時過ぎに寝床に就く。


 9時台に起きる。

 午前中、シフが弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ第21番他<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『馬猿譚』の加筆作業を進めたり、竹村淳の『反戦歌』<アルファベーターブックス>を読み進めたりする。
 『馬猿譚』は、加筆部分の第一稿を完成させた。


 午後、ABCラジオの『上沼恵美子のこころ晴天』、BRのサイトでマリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したシューマンの交響曲第1番「春」、デニス・マツーエフのピアノ独奏によるラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲、バーンスタインのディヴェルティメント(同年3月22日、同)、YouTubeでフランソワ・ルルー指揮ノルウェー室内管弦楽団が演奏した、ルルー自身のオーボエ独奏によるモーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』からシャンパンの歌、交響曲第28番、ハイドンの交響曲第82番「熊」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『反戦歌』を読み進めたりする。


 18時過ぎに外出し、河原町で用件を片付けてから錦湯さんへ。
 第52回座錦湯を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!!

 終了後、常連さんと夕飯へ。
 久しぶりに、はなまるうどんに入った。


 22時20分過ぎに帰宅し、ABCラジオの『よなよな』を聴きながら座錦湯記録をアップする。


 今日は、サン・アローズの豆乳入り・どら焼きを食す。
 河原町の業務スーパーで購入したもの。
 まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:23| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。