2018年09月13日

もっとしっかりしていかなければ(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨も降る。

 気温はそれほど上昇しなかったが、じめじめむしむしとした感じがあってあまり快ならず。
 寒暖の差が激しいので、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 気圧と湿度のWパンチ。
 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 沖縄県知事選が告示され、自公両与党に加え維新希望の両癒党が推す佐喜真淳や「オール沖縄」勢が推す玉城デニーらが立候補した。
 いろいろと考えることあり。


 ロシアのプーチン大統領が、北方領土問題を先送りすることで、年内の日ロ平和条約の締結を提案したという。
 安倍晋三、日本政府、日本はいいように扱われているということだ。
 いろいろと考えることあり。


 それでも、自民党総裁選は安倍晋三が圧勝するのだろうか。
 馬鹿に付ける薬はない。
 本当にない。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、24時少し前に外出し、ササハラユウキ監督とおち合い2時40分過ぎまで話をする。
 話題は、16日からの花巻での危うるを組の撮影に関してや、ササハラ組の今後の活動などについて。
 刺激を受けるところ大だった。
 多謝!


 帰宅後、3時過ぎに寝床に就く。


 8時台に起きる。

 仕事関係の作業を進めたのち、10時過ぎに下京図書館へ。
 柳家権太楼の『落語家魂!』<中央公論新社>、春日太一の『美しく、狂おしく』<文藝春秋>、今井絵美子の『芦田川』<角川書店>、フランソワ・ルルーとダニエル・ハーディング指揮スウェーデン放送交響楽団他が演奏したリヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲他<SONY>を返却する。

 その後、久しぶりに堀川五条のブックオフへ。
 古着ばかりか電化製品といったリサイクル商品が並ぶなど、店内が大きく変わっていた。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』や『武田和歌子のぴたっと。』、ブルーノ・ヴァイル指揮ザ・クラシカル・バンドが演奏したシューベルトの交響曲第7番「未完成」&第8番「ザ・グレート」<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、危うるを組の準備を行ったり、ササハラ監督に借りたカメントツの『こぐまのケーキ屋さん そのに』<小学館>を読み始め読了したりする。


 夕方になって再び外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、『八神社』を『喪服の似合うカサンドラ』の連作の一つに移し替えるための改稿作業を行ったりする。
 その後、友人と少しだけ電話で話をした。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』でデジェ・ラーンキのピアノ・リサイタルのライヴ録音(2018年5月17日、シュヴェツィンゲン・モーツァルトザール)を聴く。
 ハイドンのピアノ・ソナタ第41番、ブラームスのヘンデルの主題による変奏曲とフーガ、シューベルトのピアノ・ソナタ第21番が演奏されていた。


 夕飯後、実家に電話をかけて、両親としばらく話をする。
 花巻行きの報告を兼ねて。
 久しぶりに両親の声が聴けて何よりだった。
 多謝!


 その後、YouTubeでロバート・スパーノ指揮ガリシア交響楽団が演奏したジェニファー・ヒグドンの管弦楽のための協奏曲(同年4月20日、ア・コルーニャ)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、危うるを組の準備を行ったりする。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 もっとしっかりしていかなければ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:49| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。