2018年08月28日

夕飯後、隣人とベランダ越しに話をする(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じが増す。

 気温は今日も上昇し、暑さが厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。
 やれやれ。


 漫画家の、さくらももこが亡くなった。53歳。
 アニメ化された『ちびまる子ちゃん』などで知られた。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 中央省庁による障害者雇用の水増し問題が取り沙汰されている。
 度し難いかぎり。
 どうやら自民党総裁選は現職の安倍晋三が勝利しそうだが、彼の内閣下で進んでいることといえば、因循姑息なやり口によるこうした虚偽虚妄、無理無体無法無謀ばかりではないか。
 卑劣漢を支える者こそ一番の卑劣漢である。
 一番の卑劣漢には絶対になるまい。

 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、18時過ぎに外出し、河原町界隈で仕事関係の用件を片付けたのち錦湯さんへ。
 42回目となる座錦湯を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!

 終了後、買い物をすませて21時半頃帰宅する。


 遅めの夕飯後、座錦湯記録をアップする。

 その後、マリア・ジョアン・ピリスが弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ第16番&第21番<ドイツ・グラモフォン>やМBSラジオの『マルセイユの朝まで生まんげき』を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。
 昨夜は、ネットがほぼ死んでいたため紙の上の作業を中心に進めた。

 2時台、隣人ががたがたと喧しい。
 馬鹿に付ける薬はない。


 9時台に起きる。

 午前中、仕事関係の作業を進めたり、『喪服の似合うカサンドラ』を書き進めたり、中川右介の『松竹と東宝』<光文社新書>を読み進めたりする。


 午後、仕事関係の予定をすませる。

 その後、仕事関係の作業を進めたり、『喪服の似合うカサンドラ』を書き進めたり(ブログにアップもする)、『松竹と東宝』を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、河原町界隈や京都芸術センターで仕事関係の用件を片付けたのち、夕飯用の買い物をすませて帰宅する。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』で「N響と共演したソリストたち」の2回目を聴く。
 今夜はヴァイオリニストの特集で、クララ・ジュミ・カンの独奏、下野竜也指揮によるベルクのヴァイオリン協奏曲、五嶋龍の独奏、広上淳一指揮によるバーンスタインのセレナード、樫本大進の独奏、パーヴォ・ヤルヴィ指揮によるサン・サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番のライヴ録音が放送されていた。


 夕飯後、ベランダ越しに隣人と話をする。
 日本語と英語をミックスで。
 向こうは向こうでこちらに対し思うこともあるだろうし。
 相互理解は大切だ。


 その後、仕事関係の作業を進めたり、『松竹と東宝』を読み進めたりする。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:47| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。