2018年08月10日

体調、芳しからず(CLACLA日記)

 どんよりとした感じは増すも、晴天が続く。

 気温より前に湿度が高く、全く快ならず。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、芳しからず。
 喉の不調と身体の重だるさが続く。
 両耳の不調も続く。


 安倍首相一党の無理無体無法無謀が続いている。
 オリンピックを笠に着て、とうとうサマータイム制の強行まで目論んでいる。
 本当に度し難い。
 いつまで続く泥濘ぞ、だ。
(というか、東京オリンピック自体返上してしまえばいいのだ。一部だけが儲かって、あとはボランティアのタダ働きですませようという根性がそもそもおかしい)


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeでエヴェリーノ・ピド指揮モネ劇場交響楽団他が演奏したレオンカヴァッロの歌劇『道化師』全曲を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時半少し前に寝床に就く。


 9時半に起きる。

 午前中、KBS京都で『妹尾和夫のパラダイスkyoto』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、石井遊佳の『百年泥』<新潮社>を読み進めたりする。


 午後、NHK・FMの『オペラ・ファンタスティカ』で鈴木優人指揮バッハ・コレギウム・ジャパン他が演奏したモンテヴェルディの歌劇『ポッペーアの戴冠』全曲のライヴ録音を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたりする。


 『百年泥』を読了する。
 ああ、面白かった!

 続けて、宮部みゆきの『希望荘』<小学館>を読み始める。


 夕方になって外出し、お米などを購入する。
 疲弊した。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』でマルク・アンドレ・アムランの来日ピアノ・リサイタルのライヴ録音を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 体調が悪いときは、物理的にも精神的にも独り身であることを痛感する。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:52| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。