2018年04月29日

昭和の日 水がとまる(CLACLA日記)

 昭和の日。
 世はゴールデンウィークの真っ最中。


 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温も上昇し、暑さを強く感じる。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 文楽の人間国宝、竹本住太夫が亡くなった。93歳。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 南北首脳会談が終わった。
 先行きは不透明というのが正直な感想で、米朝首脳会談が今後の鍵になるという具合にしか記すことはできないのだけれど、この間の様々な動きを目にするに、日本の安倍内閣の外交策は後手後手に終わっているようにしか思えない。
 森友学園問題や加計学園問題その他、内政における因循姑息な無理無体無法無謀ぶりは今更言うまでもなく。
 目先鼻先口先舌先の徒のこと、ゴールデンウイーク明けも悪足掻きを続けるに違いないが、そろそろ安倍後について考えていく必要があるのではないか。
 もちろん、首相が変わったところで、根本的なシステムが変わらないかぎり、状況は改善されるはずもないが。
(小泉進次郎など、到底信用も信頼もできない人物だ。またぞろ騙される人間が続出するだろうけれど)


 目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。


 昨夜、YouTubeでエリザベート・レオンスカヤとホルスト・シュタイン指揮バンベルク交響楽団が演奏したブラームスのピアノ協奏曲第1番(1990年4月28日、サントリーホール大ホール)、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポン、ABCラジオの『霜降り明星のだまし討ち』を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時50分頃寝床に就く。


 11時に起きる。

 午前中、ABCラジオの『全力投球!!妹尾和夫です サンデー』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、古処誠二の『いくさの底』<角川書店>を読み進めたりする。


 正午過ぎ、食事をすませ、さあ、歯磨きや片付けをしようかと思ったところで、水道がとまる。
 すぐさま管理会社に電話をしたところ、どうやら昨日も1階の給水ポンプにエラーが発生したとのこと。
 それならそうと、貼り紙でもしておけばよさそうなものを。
 もしやと思って1階のコインランドリー室の水道を確認すると、ここは水量はいつもより少ないものの水が出ていたので、バケツを使って何度も何度も階段で往復した。
 5階までだから、汗をたっぷりかいて食後のいい運動になった…。
 やないで、まったく!
 その後、復旧するも、ポンプ自体の交換は連休明けとのことで、それまでまたエラーが発生するかもしれないそう。
 いや、明らかにそうなるのではないか。
 なんともかとも。
 これではグッドライフではなくてバッドライフ、クラスもではなくて暗巣喪ではないんだろうか!?
 それにしても、水道から水が出るありがたさを改めて痛感した。


 午後、ワンマンショーを観に行けないので、丸山交通公園君のツイキャス、ウキウキラジオ第八回を聴く。
 丸山節を愉しむ。
 ああ、面白かった!!


 その後、仕事関係の予定をすませ、YouTubeでシュタイン指揮バンベルク交響楽団が演奏したブラームスの交響曲第1番(同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ドンコ王年代記』を書き進めたり、『いくさの底』を読み進めたりする。


 18時過ぎに外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、YouTubeでピアノのアレクセイ・ヴォロディンとディマ・スロボデニューク指揮ガリシア交響楽団が演奏したラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲(2018年2月16日、ア・コルーニャ)、クリストファー・ホグウッド指揮アンサンブル・オーケストラル・ドゥ・パリが演奏したハイドンの交響曲第77番(1994年7月24日)を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 夕飯の前後、仕事関係の予定をすませる。

 その後、NHK・FMの『クラシックの迷宮』、YouTubeでロヴロ・フォン・マタチッチ指揮NHK交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第7番(1984年3月23日、NHKホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『いくさの底』を読み進めたりする。
 『クラシックの迷宮』はNHKのアーカイブスからの週で、谷川俊太郎作詞・武満徹作曲によるカンタータ・ディアロジーク『男の死』などが放送されていた。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:55| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。