2018年04月26日

都家歌六さんが亡くなった 笑福亭仁智さんが新会長に選出された(CLACLA日記)

 晴天へ。

 気温はそれほど上昇せず。
 まあ、数日前の暑さがおかしいといえばおかしいのだが。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 落語家の八代目都家歌六さんが亡くなった。87歳。
 名古屋の出身で、のこぎり音楽の演奏で活躍した。
 ほかに、落語演芸のSPレコードのコレクターとしても知られた。
 また、山本薩夫監督の『金環蝕』や伊丹十三監督の『タンポポ』にも出演する。
 最晩年はNHKのラジオ深夜便に解説者として登場していて、滋味あふれる声が今も耳に残っている。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 上方落語協会の会長選挙で笑福亭仁智さんが新会長に選出された。
 おめでとうございます!


 罪は罪、罰は罰。
 しかしながら、それとともに物事の軽重を見失いたくないと思う今日この頃。
 目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。
 そのためにも、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。


 昨夜、YouTubeでシャルル・デュトワ指揮NHK交響楽団が演奏したシューマンの交響曲第1番「春」、堀正文のヴァイオリン独奏による武満徹のノスタルジア(1993年9月25日、ケルン・フィルハーモニー)、ベルリオーズの幻想交響曲、ブラームスのハンガリー舞曲第1番(同年同月27日、ベルリン・フィルハーモニー大ホール)、KBS京都で新内眞衣のオールナイトニッポン・ゼロを聴いたりしながら、新しい作品について考えたり、生島美紀子の『天才作曲家 大澤壽人』<みすず書房>を読み進めたりしたのち、3時40分過ぎに寝床に就く。
 デュトワとN響のケルン公演は、ちょうど当方が国際交流基金ケルン日本文化会館で業務実習中に開催されたコンサートで、時間的にも経済的にも余裕があったにもかかわらず、何もヨーロッパに来てまでN響でもないだろうとパスしたものだ。
 デュトワの指揮の下、『N響アワー』でなじんだ懐かしい顔触れが懸命な演奏を重ねていて、今となっては聴いておけばよかったと思わないでもない。
 それにしても、あれからもう25年も経つのか。


 10時に起きる。

 毎週恒例の洗濯を決行する。

 午前中、YouTubeでフランス・ブリュッヘン指揮ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第25番(2001年、ザルツブルク・モーツァルテウム大ホール)、ユベール・スダーン指揮ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第28番(同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、生島美紀子の『天才作曲家 大澤壽人』<みすず書房>を読み進めたりする。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』や『武田和歌子のぴたっと。』、YouTubeで小澤征爾指揮水戸室内管弦楽団が演奏したマーラー編曲によるシューベルトの弦楽4重奏曲第14番「死と乙女」、武満徹の海へU、ストラヴィンスキーのバレエ音楽『プルチネッラ』組曲他(1998年6月7日、フィレンツェ)、ケネス・シリトー指揮アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズが演奏したホルストのセント・ポール組曲、ウォルトンの弦楽のための2つの小品(COLLINSレーベルの公式アカウント)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、『天才作曲家 大澤壽人』を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 少々夕食難民気味となってしまった。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』で、ジョナサン・ヘイワード指揮プラハ交響楽団のコンサートのライヴ録音(2017年5月30日、プラハ・スメタナホール)を聴く。
 スヴォボダの季節の序曲、ヤン・ムラーチェクとラデク・バボラークの独奏によるスマイスのヴァイオリンとホルンのための協奏曲、ニールセンの交響曲第4番「不滅」が演奏されていた。


 夕飯後、YouTubeで朝比奈隆指揮NHK交響楽団が演奏したブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」(2000年11月3日、NHKホール)、マルク・アンドレーエ指揮NHK交響楽団が演奏したトゥシュマロフ&リムスキー=コルサコフ編曲によるムソルグスキーの組曲『展覧会の絵』(1993年7月9日、サントリーホール大ホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『天才作曲家 大澤壽人』を読み進めたりする。
 アンドレーエは来年1月に来日し、京都市交響楽団の定期演奏会で『展覧会の絵』を指揮する予定だが、そちらはラヴェルが編曲した通常のものだ。
 残念??


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:50| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。