2018年04月23日

午前中、郵便局や銀行を回った(早めのCLACLA)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しい。
 夏だよ夏。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 昨夜、4時40分過ぎに寝床に就く。


 7時台には目が醒める。

 で、仕事関係の予定をすませたのち、10時過ぎに外出し、銀行や郵便局を回る。

 帰宅後、YouTubeでノルウェー室内管弦楽団が演奏したシューベルトのイタリア風序曲第2番などを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 午後、フィルハーモニー・ド・パリのサイトでベルナルト・ハイティンク指揮ヨーロッパ室内管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」、ミシェル・デヤングのソプラノ独唱によるワーグナーのヴェーゼンドンク歌曲集、ブラームスのセレナード第1番(1997年6月14日、パリ・シテ・ド・ラ・ミュージック)、トゥガン・ソヒエフ指揮国立トゥールーズ・キャピトル管弦楽団が演奏した、ワディム・レーピンの独奏によるグラズノフのヴァイオリン協奏曲、ショスタコーヴィチの交響曲第12番「1917年」(2018年3月6日、フィルハーモニー・ド・パリ大ホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、生島美紀子の『天才作曲家 大澤壽人』<みすず書房>を読み進めたりする。


 まもなく外出の予定。
 27回目となる座錦湯なり。
 それじゃあ、行って来ます!
posted by figarok492na at 18:55| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。