2018年04月23日

丸山交通公園ワンマンショーを愉しみ、大切な予定をすませた(深夜のCLACLA)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 今日も気温が上昇し、暑さが厳しい。
 夏の勢い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンやABCラジオの『霜降り明星のだまし討ち』を聴いたりしながら作業を進めたのち、4時頃寝床に就く。


 7時に起きて、予定をすませる。


 その後二度寝し、10時過ぎに起きる。
 ABCラジオの『全力投球!!妹尾和夫です』などを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『馬猿譚』の手直しを行ったりする。


 午後、仕事関係の予定をすませる。

 その後、NHK・FMの『きらクラ!』や、YouTubeでホルスト・シュタイン指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したモーツァルトの交響曲第20番と第36番「リンツ」(1991年、ザルツブルク・モーツァルテウム大ホール)、ジョルジュ・プレートル指揮バンベルグ交響楽団が演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』、ミヒャエル・ヘルムラート指揮ミュンヘン・フィル室内管弦楽団が演奏した歌劇『カプリッチョ』から序奏、マリー・ルイーゼ・ノイネッカーの独奏によるホルン協奏曲第1番(ポーリング・ライブラリーホール)、ダン・エッティンガー指揮ケルンWDR交響楽団他が演奏したクラリネットとファゴットのための二重小協奏曲、クラリネットと管弦楽のためのロマンスを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、生島美紀子の『天才作曲家 大澤壽人』<みすず書房>を読み進めたりする。


 19時に外出し、卸売りひろばタカギで買い物をしてからJR二条駅近くのK’s office-京都二条の館-へ。
 丸山交通公園ワンマンショー新作ネタおろし公演20を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!


 で、終演後、丸山君への挨拶もそこそこに(できれば久しぶりなのでもっと話をしたかったが)別所へ移動し、夕飯をとったりしながら、大切な予定をすませる。
 刺激を受けたり、自省したり。
 ああ、面白かった!!


 23時半過ぎに帰宅し、YouTubeでパーヴェル・コーガン指揮モスクワ交響楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第10番他、ハンス・グラーフ指揮ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団他が演奏したモーツァルトの交響曲第45番ニ長調K.95、マリア・ティーポの独奏によるピアノ協奏曲第21番、交響曲第39番他(ザルツブルク・モーツァルテウム大ホール)を聴いたりしながら、丸山交通公園ワンマンショー記録をアップしたり、作業を進めたりする。


 今日は、森永のベイククッキーショコラを食す。
 卸売りひろばタカギで購入したもの。
 しっとりとしたチョコを挟んだスティック状(カニカマ風より少し大きい感じ)のクッキーで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 以上、4月22日の日記。
posted by figarok492na at 00:41| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。