2018年04月16日

第26回座錦湯

☆第26回座錦湯

 出演:月亭遊真さん、桂りょうばさん、桂小きんさん
(2018年4月16日20時開演/錦湯)


 4月も半ばを過ぎたが、まだ肌寒さの残る京この頃だが、今夜も錦湯さんには常連さん、リピーターさんが集まった。
 ビリートップの面々が持ち回りで差配を務めることになった新年度の二回目となる今回は、月亭遊真さんが支配人。
 2015年入門のプチ同期会ということで、桂りょうばさん、桂小きんさんの二人をゲストに迎えた。

 定刻20時頃に三人が登場。
 落語ファンならすでにご存じのことだろうが、りょうばさんは先代の枝雀さんの息子さん、小きんさんは先代の文枝さんのお孫さん、そして自分は…、と遊真さんが落としてみせるなど、自己紹介を兼ねたトークで盛り上げる。
 まず話題の中心となったのは初登場となる小きんさんで、きん枝師匠に入門するまでの「数奇」な道のりがおかしい。
 むろん、それを巧みに引き出した遊真さんのちょっとSっけのある突っ込みや、世事に長けたりょうばさんの誘い水も忘れてはなるまいが。
(ちなみに、りょうばさん、遊真さん、小きんさんが年齢順。ところが、小きんさんにはすでに二人のお子さんがいるそう)

 で、頃合いのよいところで、ジャンケンの勝負に勝った人の希望順にそって小きんさんが高座へ。
 マクラで語るべきエピソードをトークで話してしまったと口にしたりしたのち、本題の『牛ほめ』へ。
 アホな男が教えを受けて、普請を誉めに出かけたが…。
 というおなじみの古典。
 小きんさんは元気一発、陽性な、ただしゆっくりとした語りぶりで口演を始める。
 その語りぶり、強弱メリハリの付け方にどうしてもお祖父さんにあたる先代の(小文枝の)文枝さんを思い起こすが、アホな男に普請の誉め方を教える際の淡々とした語りの部分にも、小きんさんの伸びしろがあるのではないかとふと思ったりもした。
 20年後、いや30年後の小きんさんの高座が愉しみだ。

 続いて、ジャンケンでいっとう最初に勝ち抜けた遊真さんが登場する。
 よくよく考えてみれば錦湯さんへの登場は久しぶりとなる遊真さんだが、マクラでは近況報告などをしっかりと。
 無学での会の鶴瓶さんとのエピソードなど、積極的な語りで好感を抱く。
 本題は、これまたおなじみの古典『看板のピン』。
 要所急所は押さえつつも、わざとらしさを感じさせない流れのよいやり取りにこの間の遊真さんの研鑽鍛錬を識る想いがして嬉しかった。

 トリは、今回で三度目の錦湯さんへの出演となるりょうばさん。
 小きんさんの高座を耳にして、やはりところどころ先代の文枝さんに似ているところがあった、けれど本人はそうは思っていないだろう、自分も枝雀さんに似ていると言われるが、実際はそう思ってない、と言うのも…といった具合の滑り出し。
 続けて、冒頭の小きんさんのトークを受ける形で、入門についてや自らの嗜好(シュールな話が好きとのこと)を笑いを交えて語るなど、トリに相応しくたっぷりとしたマクラが愉しい。
 さらに実際にあった病院でのシュールな出来事を語ってから、本題の『義眼』へ。
 医者に義眼をこしらえてもらった男は、喜び勇んで松島新地のなじみの女のもとへと駆け付ける。
 と、悪酔いに悪酔った男が隣の部屋に通されて…。
 確かにシュールな展開の噺で、想像力を非常に掻き立てられる。
 一つ間違うと尾籠な話で終わってしまいかねないが、りょうばさんは線を踏み外すことなく見事に語り切った。

 で、最後は、三人のトークで〆た。
 トークもそうだし、個々の落語もそうだし、いい塩梅いい雰囲気の会になっていて、錦湯さんでも継続的にプチ同期会を開催してもらえたらなあと強く思った次第。
 落語ファンの方はもちろん、そうでない方もお薦めです。

 と、今夜も盛りだくさんな座錦湯でした。
 ああ、面白かった!!

 ちなみに、次回は桂三実さんが支配人の予定。
 二人でなくともきっちりできる三実さんの差配が愉しみだ。
 皆さんも、毎週月曜は錦湯さんへぜひ!!
posted by figarok492na at 23:48| Comment(0) | 落語・ネオ落語記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。