2018年04月06日

高畑勲と内田稔が亡くなった(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨降り。

 じめじめむしむしとして快ならず。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 映画監督でアニメーションの演出で知られた高畑勲が亡くなった。82歳。
 ああ。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 俳優の内田稔も亡くなった。91歳。
 岡山の出身で、敗戦後文学座の養成所に入所し俳優としての活動を始める。
 その後、芥川比呂志らと共に文学座を脱退し劇団雲を設立、さらに福田恆存の劇団欅、後継の劇団昴に参加した。
 演劇で活躍する一方、映画やテレビドラマにも数多く出演し、1970年代から80年代にかけては時代劇や刑事ドラマで、冷淡怜悧な悪役や知識人、インテリといった役回りをよく引き受けていた。
 また、渋くて深みのある声質の持ち主であり、吹き替えや声優としても知られた。
 内田さんの本領といえばやはり演劇だろうが、手っ取り早くその魅力特性を知ることができる作品として現石井岳龍監督の『高校大パニック』での校長役と、澤井信一郎監督の『Wの悲劇』の劇団主宰役を挙げておきたい。
 夫人は俳優で文学座以来同じ道を歩んだ今は亡き新村礼子。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 安倍内閣が働き方改革法案を閣議決定したという。
 本来ならば末期症状にあるというのに、安倍首相一党は因循姑息な無理無体無法無謀を平然と続けている。
 いつまで馬鹿にされればわかるのだろう。
 度し難いかぎり。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。


 昨夜、YouTubeでクリストフ・フォン・ドホナーニ指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したブラームスの交響曲第1番(2009年、ハンブルク・ライスハレ)、KBS京都で岡村隆史のオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時40分過ぎに寝床に就く。


 7時過ぎに起きて、仕事関係の作業を進める。

 が、眠さに負けて二度寝。
 10時過ぎに起きる。

 YouTubeでドホナーニ指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したブラームスの交響曲第4番(2007年、同)、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、過去の作品を読み返したりする。


 午後、ABCラジオの『兵動大樹のほわ〜っとエエ感じ。』、YouTubeでドホナーニ指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したブラームスの交響曲第1番と第2番(2009年、同)、NHK・FMの『オペラ・ファンタスティカ』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。
 『オペラ・ファンタスティカ』では、昨年10月に行われたコンスタンティノス・カリディス指揮によるモーツァルトの歌劇『フィガロの結婚』上演のライヴ録音が放送されていたが、これは本当に聴きものだった。
 即興的装飾やフレージングの処理などいわゆるピリオド・スタイルを駆使したカリディスによる音楽づくり(フォルテピアノのほか、オルガンまで登場する通奏低音!)が、「ドラマ」の展開、登場人物の感情の変化と非常にあっていて素晴らしかったし、伯爵のクリスティアン・ゲルハーヘルやフィガロのアレックス・エスポージト、マルツェリーナのアンネ・ソフィー・フォン・オッターらベテラン勢に、伯爵夫人のフェデリカ・ロンバルディ、スザンナのオルガ・クルチンスカ、ケルビーノのゾーレン・ラヴァナン・リンケの若手勢の粒揃いの歌唱陣もそれによく応えていた。
 これはぜひ、生で接したかった。
 ああ、面白かった!!


 村田沙耶香の『コンビニ人間』<文藝春秋>を読了する。
 ああ、面白かった!!


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 雨でびしょ濡れになる。
 やれやれ。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』でアロド弦楽4重奏団の来日コンサート(2017年12月14日、王子ホール)を聴く。
 モーツァルトの弦楽4重奏曲第15番、アタイールの弦楽4重奏のための「アスル」、メンデルスゾーンの弦楽4重奏曲第2番などが演奏されていた。


 夕飯後、YouTubeでピーター・ウンジャン指揮トロント交響楽団他が演奏したマーラーの大地の歌(2017年10月20日、トロント・ロイ・トムソンホール)とストラヴィンスキーのバレエ音楽『火の鳥』組曲・1919年版(同年9月19日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、沼田真佑の『影裏』<文藝春秋>を読み始めたりする。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:38| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。