2018年03月20日

雨降り どんよりとしたお天気の一日(CLACLA日記)

 雨降り。
 どんよりとしたお天気の一日。

 気温も下がる。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪など召しませんように。


 気圧と湿度と花粉のトリプルパンチ。
 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 首相夫妻が首相夫妻なら、それに追従する者の程度も当然低くなる。
 いわゆるネトウヨ同然の自民党の国会議員の愚劣低劣さは、安倍首相その人の愚劣低劣さの反映なのだ。
 むろん、愚劣低劣な連中を支持して恥じぬ人間も愚劣低劣の徒ということになる。
 愚劣低劣の徒にはなるまい。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。


 昨夜、18時台に外出し、用件をすませてから錦湯さんへ。
 22回目となる座錦湯を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!!

 開演前終演後と、昨夜で支配人としては最後の回となる月亭方気さんご夫妻や夕暮れ社 弱男ユニットの村上慎太郎君らと話をする。

 終了後、常連さんと夕飯をとる。
 ごちそうになりました。
 多謝!!

 帰宅後、YouTubeでミッコ・フランク指揮フランス放送フィルが演奏したシベリウスの交響詩『伝説』(2015年4月24日、パリ・オーディトリウム・メゾン・ド・ラ・ラジオ)、アリス・紗良・オットの独奏によるベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番(2018年1月27日、同)、ルドルフ・ブッフビンダーの独奏によるピアノ協奏曲第1番、ピエール・ローラン・エマールの独奏によるピアノ協奏曲第2番(同年1月31日、同)を聴いたりしながら、座錦湯の感想をアップしたり、作業を進めたりしたのち、4時40分過ぎに寝床に就く。


 9時過ぎに起きる。

 毎週恒例の洗濯を決行する。
 乾き、あまりよろしからず。
 まあ、仕方ない。

 午前中、YouTubeでベルナルト・ハイティンク指揮フランス国立管弦楽団が演奏したブルックナーの交響曲第9番(2015年2月23日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『痾紅毛日記』の筆入れを進めたりする。


 午後、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や『武田和歌子のぴたっと。』、NPO Radio4でカリーナ・カネラキス指揮オランダ放送フィルが演奏したブリテンの歌劇『ピーター・グライムズ』から4つの海の間奏曲とベートーヴェンの交響曲第7番(2018年3月18日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)、ヴァシリー・ペトレンコ指揮スイス・ロマンド管弦楽団が演奏したブラームスの大学祝典序曲とハイドンの主題による変奏曲(2017年1月12日、ジュネーヴ・ヴィクトリアホール)、カール・ハインツ・シュテッフェンス指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したブラームスの悲劇的序曲と交響曲第3番(2016年5月6日、ミュンヘン・ヘラクレスザール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『痾紅毛日記』の筆入れを進めたり、佐江衆一の『エンディング・パラダイス』<新潮社>を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物を進める。


 帰宅後、NPO Radio4でハイティンク指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したブルックナーの交響曲第6番(2017年5月5日、ミュンヘン・フィルハーモニー・ガスタイク)を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『伊藤史隆のラジオノオト』を聴く。


 夕飯後、NPO Radio4でウラディミール・ユロフスキ指揮ロンドン・フィルが演奏したツェムリンスキーの交響詩『人魚姫』(2016年3月9日、ロンドン・ロイヤル・フェスティヴァル・ホール)、YouTubeでエリザベート・レオンスカヤとフランク指揮フランス放送フィルが演奏したベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、レオンスカヤが弾いた幻想曲(2018年1月24日、パリ・オーディトリウム・メゾン・ド・ラ・ラジオ)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『痾紅毛日記』の筆入れを進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:28| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。