2018年03月08日

雨降り それでも、花粉禍はひどし(CLACLA日記)

 雨降り。
 どんよりとしたお天気の一日。

 気温はあまり上昇せず。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪など召しませんように。


 気圧と湿度と花粉のトリプルパンチ
 雨にもかかわらず、目の周りの痒みやくしゃみの連発がひどい。
 両耳の不調も続く。
 やれやれ。


 森友学園への国有地売却問題が再び取り沙汰されている。
 加計学園問題も忘れてはならないだろうし。
 いずれにしても、因循姑息な安倍内閣にはそろそろ退陣してもらわねばなるまい。
 もちろん、それですべてが解決するわけではないことも事実だが。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。


 NPO Radio4でアレクサンドル・ヴェデルニコフ指揮ネーデルラント・フィルが演奏した、ネルソン・ゲルナーの独奏によるチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番、交響曲第1番「冬の日の幻想」他(2013年10月7日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)、アンドリュー・グラムズ指揮ネーデルラント・フィルが演奏したストラヴィンスキーのサーカス・ポルカ、アンナ・フェドロヴァの独奏によるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、チャイコフスキーの交響曲第3番「ポーランド」(2015年1月19日、同)を聴いたりしながら、『痾紅毛日記』の筆入れなどを進めていて、結局寝床に就いたのは6時。
 まあ、たまにはこういうときもある。


 11時に起きる。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』や『武田和歌子のぴたっと。』、NPO Radio4でルイ・ラングレ指揮ネーデルラント・フィルが演奏したウェーバーの歌劇『魔弾の射手』序曲、スティーブン・ジャッキーの独奏によるメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、チャイコフスキーの交響曲第4番(2013年6月16日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『痾紅毛日記』の筆入れを進めたり、『横溝正史自伝的随筆集』<角川書店>と村上信一郎の『ベルルスコーニの時代』<岩波新書>を読み始めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、NPO Radio4でサントゥ・マティアス・ロウヴァリ指揮ハーグ・レジデンティ管弦楽団が演奏したシベリウスの交響詩『トゥオネラの白鳥』、シモーネ・ラムスマの独奏による6つのユモレスク、チャイコフスキーの交響曲第5番(2015年3月14日、デン・ハーグ・ドクター・アントン・フィリップスザール)を聴いたりしながら、『横溝正史自伝的随筆集』を読み進めたり、雑件を片付けたりする。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『伊藤史隆のラジオノオト』を聴く。


 夕飯後、NPO Radio4でキリル・カラビッツ指揮ハーグ・レジデンティ管弦楽団が演奏したバーンスタインの『オン・ザ・タウン』から3つのダンス・エピソード、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」他(同年同月8日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『横溝正史自伝的随筆集』と『ベルルスコーニの時代』を読み進めたりする。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 夜になっても、くしゃみの連発がひどい。
 やれやれ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:38| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。