2018年02月27日

いよいよ花粉が怖ろしい季節である!(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温も上昇し、春めく。
 その分、花粉の勢いも増しているか。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 安倍首相一党が裁量労働制を強引に押し進めようとしている。
 いんちきデータをもとにした議論であるにも関わらず、安倍首相は法案を撤回しようとはしない。
 経団連の榊原会長も今国会での成立を要望しているそうだ。
 見え見えの話ではないか。
 どこまで馬鹿にされたら、この国の国民の多くは気がつくのか。
 度し難い。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。
 そして、記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。


 昨夜、19時過ぎに外出し、錦湯さんへ。
 19回目となる座錦湯を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!

 終了後、常連のお客さんと夕飯をすませ、23時台に帰宅する。


 帰宅後、NPO Radio4でリカルド・シャイー指揮ベルリン・フィルが演奏したメンデルスゾーンの序曲『ルイ・ブラス』、マルタ・アルゲリッチの独奏によるシューマンのピアノ協奏曲、ラフマニノフの交響曲第3番(2014年11月29日、ベルリン・フィルハーモニー)、イヴァン・フィッシャー指揮ベルリン・フィルが演奏したモーツァルトの交響曲第38番「プラハ」、クリスティアーネ・カークのソプラノ独唱によるアリア、エネスコの管弦楽組曲第1番から第1楽章、バルトークの弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽(2016年10月28日、同)を聴いたりしながら、座錦湯記録をアップしたり、作業を進めたりしたのち、4時過ぎに寝床に就く。


 10時に起きる。

 毎週恒例の洗濯をすませる。
 乾き、実によろし。
 ああ、すっきりした!!

 午前中、NPO Radio4でマーク・エルダー指揮ロッテルダム・フィルが演奏したマイヤーのロッテルダム、イザベル・ファウストの独奏によるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲(2018年2月25日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)、アントネッロ・マナコルダ指揮ヘルダーラント管弦楽団が演奏したメンデルスゾーンの序曲『フィンガルの洞窟』(2014年4月20日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたり、鹿島茂の『最強の女』<祥伝社>を読み進めたりする。


 午後、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、NPO Radio4でミカエル・シェーンヴァント指揮オランダ放送室内フィルが演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第22番、ベートーヴェンの交響曲第8番(モーツァルトの独奏は、ロナルド・ブラウティハム/2012年12月15日、同)、オスモ・ヴァンスカ指揮オランダ放送フィルが演奏したシマノフスキの演奏会用序曲、ベートーヴェンの交響曲第5番(2015年5月23日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたり、『最強の女』を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、仕事関係の用件を片付け、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、NPO Radio4でスタニスラフ・コチャノフスキー指揮オランダ放送フィルが演奏したベルリオーズの幻想交響曲(2017年11月18日、同)を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 『最強の女』を読了する。


 途中夕飯を挟み、ABCラジオの『伊藤史隆のラジオノオト』を聴く。


 夕飯後、NPO Radio4でジョン・エリオット・ガーディナー指揮オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティークが演奏したブラームスのセレナード第2番、クリスティアン・ベザイデンホウトのフォルテピアノ独奏によるベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、シューベルトの交響曲第5番他(2016年11月19日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、前田司郎の『愛が挟み撃ち』<文藝春秋>を読み始めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 昨夜は、スイスロール・バニラ風を食したが。


 いよいよ花粉が怖ろしい季節である!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:07| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。