2018年02月25日

左とん平が亡くなった(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じのお天気。
 夜になって小雨も降る。

 日中、気温が上昇し、穏やかな一日となる。
 朝晩も少しずつ気温が上がっているか。
 それでも、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。
 風邪など召しませんように。


 俳優の左とん平が亡くなった。80歳。
 東京の出身で、三木鶏郎の冗談工房を経て、軽演劇の舞台に立つ。
 その後、映画やテレビドラマに活躍の場を移し、善悪どちらかに割り切れない一癖も二癖もある、とぼけた味わいの人物を得意とした。
 また、1973年にリリースした「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」は後年評価されることとなった。
 『非情のライセンス』第2シリーズの和風コロンボ然とした右田刑事、『寺内貫太郎一家』、『ムー』や『ムー一族』、火曜サスペンス劇場での浜木綿子主演の『室生亜希子』シリーズの浜田警部、『大岡越前』の丁の目の半次、森繁久彌主演の『おやじのヒゲ』シリーズが強く記憶に残る。
 昨年より療養中だった。
 深く、深く、深く、深く黙禱。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。


 昨夜、ОBCでオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時40分に寝床に就く。


 10時少し前に起きる。

 午前中、マルク・アルブレヒト指揮ネーデルラント・フィルが演奏したラヴェルの組曲『クープランの墓』、リサ・ラーションのソプラノ独唱によるロルフ・マッティンソンの『あなたを想う』、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」(2015年3月10日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたり、鹿島茂の『最強の女』<祥伝社>を読み進めたりする。
 マッティンソンの作品は、コルンゴルトなど後期ロマン派を彷彿とさせるロマンティックでよく響く耳なじみのよいものだった。


 午後、NPO Radio4でアイヴァー・ボルトン指揮ネーデルラント・フィルが演奏したベルワルドの歌劇『ソリアのエストレッラ』序曲、デヤン・ラツィクの独奏によるメンデルスゾーンのピアノ協奏曲第1番と序曲『美しいメルジーネの物語』、ベートーヴェンの交響曲第2番(同年1月13日、同)、NHK・FMの『きらクラ!』、NPO Radio4でマルク・アルブレヒト指揮ネーデルラント・フィルが演奏したルジツカの『フォアゲフェーレ』とシューベルトの交響曲第4番「悲劇的」(同年11月15日、同)、ストラヴィンスキーの『プルチネッラ』組曲とブラームスの交響曲第2番(同年5月18日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたり、『最強の女』を読み進めたりする。
 『きらクラ!』は、ふかわりょうと遠藤真理のコンビによる番組継続の報告があってまずは何より。
 二人のまったりとしたやり取りは日曜日の午後にぴったりなので。
 ルジツカの作品は、マッティンソンと対照的。
 これぞ現代音楽という雰囲気の曲調で、愉しい。


 19時頃に外出し、買い物をすませてからJR二条駅近くのK’s office-京都二条の館-へ。
 丸山交通公園ワンマンショー新作ネタおろし公演19を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!

 終演後、出演者の丸山交通公園君や横山清正君、お客さんで来ていた笑の内閣の高間響上皇と話をする。

 で、買い物をすませ、21時過ぎに帰宅した。


 遅めの夕飯後、NPO Radio4でマルク・アルブレヒト指揮ネーデルラント・フィルが演奏したブラームスの交響曲第1番(2017年11月20日、同)を聴いたりしながら、ワンマンショー記録をアップしたり、『最強の女』を読み進めたりする。


 今日は、ハッピーポケットのオーツクランチ チョコチップ&ナッツを食す。
 ヘーゼルナッツとチョコチップの入ったココア地のオーツクランチ・クッキーで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:41| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。