2018年02月17日

オペラを愉しんだ一日(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとしたお天気の一日。
 雪も降る。

 気温はぐっと下がり、寒さがとても厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 風邪など召しませんように。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 記憶力、読解力、判断力を一層鍛えていかなければ。
 そして、目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。


 昨夜、NPO Radio4でピエトロ・リッツィ指揮オランダ放送フィルが演奏したプッチーニの交響的前奏曲、エンリコ・パーチェの独奏によるマルトゥッチのピアノ協奏曲第2番、ヴェルディの歌劇『運命の力』序曲、レスピーギの交響詩『ローマの松』(2018年2月9日、ユトレヒト・チヴォリ・フレデンブルク)、モザイク・カルテットが演奏したハイドンの弦楽4重奏曲第79番、ダヴィッドの弦楽4重奏曲、ブラームスの弦楽4重奏曲第1番(2011年2月15日、ウィーン・コンツェルトハウス・モーツァルトザール)を聴いたりしながら、京都市交響楽団の定期演奏会の記録をアップしたり、作業を進めたりしたのち、3時半過ぎに寝床に就く。


 9時半少し前に起きる。

 NPO Radio4でモザイク・カルテットが演奏したハイドンの弦楽4重奏曲第33番、モーツァルトの弦楽4重奏曲第14番「春」、ベートーヴェンの弦楽4重奏曲第15番(同年11月21日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたりする。


 正午過ぎに外出し、金券ショップで切符を買ってから阪急で桂へ。
 バスを一本乗り逃がして30分も待ってから、京都市立芸大へ。
 講堂で、第157回定期演奏会 大学院オペラ公演のモーツァルトの歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』全曲(奥村哲也指揮、今井伸昭さん演出)を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!!

 終演後、出演者の藤居知佳子さんや演出の今井さんと少しお話する。

 その後、国道塚原の業務スーパーで買い物をし、国道中山まで歩いて市バスで桂駅東口へ。
 降りる際に、強引な態度をとる初老の女性がいてついつい声を荒げてしまった。
 反省する。
 阪急で大宮まで戻り、夕飯用の買い物をすませて18時過ぎに帰宅した。


 帰宅後、『コジ・ファン・トゥッテ』の感想をアップする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『N響 ザ・レジェンド』で、1978年11月17日のNHKホールにおけるピエール・デルヴォーが指揮したコンサートのライヴ録音を聴く。
 ドビュッシーの牧神の午後への前奏曲と夜想曲から雲&祭り、浜中浩一の独奏によるクラリネットと管弦楽のためのラプソディー第1番、デュカスの交響詩『魔法使いの弟子』、ラヴェルの道化師の朝の歌とボレロが演奏されていた。

 続けて、『クラシックの迷宮』を聴く。
 「私の試聴室」で、マルク・アンドレ・アムランとレイフ・オヴェ・アンスネスが弾いた2台のピアノによるストラヴィンスキーのバレエ音楽『春の祭典』のCD録音を中心とした番組になっていた。


 夕飯後、仕事関係の作業を進める。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:51| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。