2017年12月26日

お昼過ぎ、大切な予定をすませた(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨も降る。

 気温は下がり、寒さがとても厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいませ。
 風邪など召しませんように。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 馬鹿に付ける薬はない。
 ということをますます痛感する今日この頃だ。
 自省あるのみ。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。


 昨夜、19時過ぎに外出し錦湯さんへ。
 年内最後となる座錦湯を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!

 終了後、クリスマスパーティーと忘年会を兼ねた打ち上げ&交流会に参加し、出演者の皆さんやお客さん方とあれこれ話をする。
 ついついワインや日本酒を聞し召してしまった。

 で、24時台に帰宅する。


 帰宅後、NPO Radio4でリカルド・シャイー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したドビュッシーの交響詩『海』、ロナルド・ブラウティハムの独奏によるテオ・ルヴェンディのピアノ協奏曲、ストラヴィンスキーのバレエ音楽『春の祭典』(1996年4月19日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)、ブラームスの悲劇的序曲、ハイドンの主題による変奏曲、交響曲第4番、ハンガリー舞曲第1番(2003年1月24日、同)を聴いたりしながら、座錦湯の感想をアップしたり、作業を進めたりしたのち、明け方5時20分過ぎに寝床に就く。


 10時半に起きる。

 NPO Radio4でヴァイオリンのヤープ・ヴァン・ズヴェーデンとリカルド・シャイー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したバーンスタインのセレナード、ブルックナーの交響曲第2番(1990年4月29日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたりする。


 正午過ぎに外出して、いくつか用件を片付ける。


 午後、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 15時頃外出し、大切な予定をすませる。
 いろいろと反省することあり。

 その後、夕飯用の買い物をすませて17時台に帰宅した。


 帰宅後、NPO Radio4でヒラリー・ハーンとコルネリウス・マイスター指揮デンマーク国立交響楽団が演奏したモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」、ブルックナーの交響曲第9番(2012年10月19日、コペンハーゲン・デンマーク放送コンサートホール)、ヴァシリー・ペトレンコ指揮デンマーク国立交響楽団が演奏したエルガーの序曲『南国にて』、ピアノのボリス・ギルトブルクの独奏によるエルンスト・フォン・ドホナーニの童謡の主題による変奏曲(2011年3月1日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、畑野智美の『タイムマシンでは、行けない明日』<集英社>を読み進めたりする。


 仕事関係の予定をすませる。


 その後、NPO Radio4でアントニー・ヘルムス指揮南ネーデルラント・フィルが演奏したシューマンの交響曲第2番(2017年4月8日、アイントホーフェン・フリッツ・フィリップス音楽センター)、クラウス・ペーター・フロール指揮南ネーデルラント・フィルが演奏したベルリオーズの序曲『リア王』とシューマンの交響曲第3番「ライン」(同年11月11日、同)、イル・ポモドーロが演奏したカール・フィリップ・エマヌエル・バッハの弦楽のためのシンフォニアwq.182とメンデルスゾーンの弦楽のための交響曲第10番(同年同月8日、アムステルダム・ムジークヘボウ・アアン・ヘット・アイ)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『タイムマシンでは、行けない明日』を読み進めたりする。


 今日は、外出中にいちごのタルトケーキを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:55| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。